NTT代理店からの迷惑な電話勧誘をたった一言で断る方法

コールセンターの人の画像

私は今現在自営業をしています。

普段はお客様の電話がかかってくるのですが、いつのころからか突然増え始めた

「NTTの事務用回線のことでお話があるのですが~」
「今使っている固定電話回線が安くなりますよ~」
という勧誘が本当に面倒。

ちょっと話をして「失礼しました」と終わるなら特に問題はないのですが、
どんどん話を続けられて、「うちはイイです」と言っても「良いんですか?安くなりますよ?」なんてしつこく話をして来る人までいて、「コッチは仕事中で忙しいんだよ!」と電話を切りたくなってしまいます。

 

断わっても断っても、「オーナー様はいらっしゃいますか?」「ご不在でしたらいつ頃戻られますか?」「後日またかけ直しますね」と鋼のメンタルで電話が来ます。

その点はある意味関心します。

 

強く断りたいけど言いずらい…

そこで今回は、どんなに断っても断ってもしつこく勧誘してくるNTT事務用回線の勧誘を一発で断り、なおかつもう電話をかけて来させなくする方法を見つけたので、しつこい勧誘に困っている方はぜひ参考にして見てください。

スポンサーリンク

NTTの事務用回線の勧誘を断る方法

一発で断る方法

まどろっこしい話は抜きにしてまず結論から伝えますね。

意味なんて分からなくてもこの言葉を相手に伝えれば「あ、はい分かりました」と電話を切るはずです。

それは

「うち、業務委託(ぎょうむいたく)の会社とは契約しないんですよ。すみません。」

これだけです。これで必ず電話を切るはずです。

 

私の場合NTT東日本と名乗る会社から電話が来ますが、勧誘の電話をかけてくる会社はNTTと提携して業務委託の仕事をしている代理店会社であって、厳密にはNTTではありません。

 

「直接NTTとでないと契約する気はありませんよ」という旨を伝えれば話は終わります。

 

中には「NTTと直接契約じゃないと」と伝えても「私達はNTTですよ」と言う勧誘もいますが正確にはNTTから依頼を受けただけでNTTではありません

そういう場合は「NTTから業務委託を受けている代理店ですよね?」と言いましょう。認めるはずです。

契約する意思がないと伝えているのに話を続けてしまうと迷惑電話になってしまうので話が続けられないのです。

 

代理店ってなに?

みなさんに直接電話をかけてくるのは、NTTの代理店です。

「代理をする」つまりNTTの代わりに仕事をし、契約を取ることでNTT側から報酬が入る。という仕組みで仕事をしているのでとにかく契約をとるのに必死です。

契約が取れなければお給料がもらえませんからね。

誰かから依頼されて、依頼内容に答えて報酬を受け取る仕事の仕方を『業務委託』と言います。

 

勧誘がしつこくなければ特に問題ないのですが、ある程度コチラの断り文句を把握していて、「こういわれたらこう返す」というマニュアルがあるのか話も上手。

ちなみに私も一度良くわからず「はい…はい…」と話を聞いていただけなのに勝手に契約打ち合わせの日取りを決められました。

「それでは〇日の何時にお伺いしますね!」と言われるまで気が付かなくて「いや、ちょっと待って!」と断りましたが。

 

悪質な会社だと、「私達はNTTですよ」と言い張ります。

「NTTなら大きい会社だし安心かな…」と話を聞いてしまう人もいますが、あくまで代理店。

NTTの回線を使ったサービスではありますが、電話をかけてきているのは正確にはNTTではありませんのでご注意ください。

 

0ではないが勧誘の電話が激減

「うち、代理店や業務委託と契約しないんですよ」
というセールス断り文句を伝えると、電話をかけて来た委託会社からの勧誘は来なくなります。

しかし、他の委託会社から電話が来なくなる訳ではないので誤解しないでください。

※その後NTTの事務用回線の勧誘電話は0になりました!

 

同じように「NTTの事務用回線で~」という電話はかかってきてしまいますが、私はこの方法で同じような電話が激減しました。

ヒドイときはほとんど毎日かかってきていましたが、今では1週間に1本あるかないか。

 

なぜ毎日のように勧誘の電話が来ていたのかと言うと、
今までに中途半端に断っていた委託会社からの電話がなんども繰り返し来る。
そしてさらに新しい勧誘会社からの電話が~と雪だるま式に増えていたのです。

この断り文句を使えば1会社1回の電話で終わらせることができるので勧誘の電話が激減したのです。

 

リストから外されれば電話が来なくなる

私は以前テレアポのバイトをしたことがあります。

テレアポはとにかくたくさん電話をかけまくって、「数うちゃ当たる」で契約を取る方法。

その際、どこから仕入れたか分からない電話番号のリストを渡されます。

 

上司の様な人から「ここに上から順番にかけて」と言われてかたっぱしからかけていくのですが、NTTの代理店も同じように電話帳リストを渡されて電話をかけまくっているハズです。

 

このリストに書かれているのは、「もしかしたら契約が取れる可能性のあるお店や家」などです。

業者間でリストの交換が行われている可能性が考えられますが、商店などであればネットなどでも調べられますもんね。

 

ここで気を付けなければいけないいのが、「話を聞いてくれた」とチェックされることです。

 

初めはただやみくもにかけていきますが、もしもしっかり話を聞いたり担当者と直接話したことがある。ということになると「もしかしたら契約が取れるかもしれないお店」とマークされてしまい、
そのリストが業者間に出回ってしまうとさらにたくさんの代理店から電話がかかってきてしまいます。

 

しかし、キチンとことわることを明確にして相手に伝えればリストから外される可能性があります。

向こうも商売なので、可能性が0の場所に時間を割きたくないでしょうし。

もちろんあくまで憶測なので必ずという訳ではありませんが、実際に私がそのような場所で働いていた経験をもとにしたアドバイスだと思って聞いてください。

スポンサーリンク

悪徳業者ではない

誤解しないでいただきたいのは、勧誘があまりにしつこいからと言って、詐欺や悪徳業者ではない。ということです。

業務委託の仕事なのであくまで提供されるのはNTT関係の商品。

 

それに「安くなるよ」という宣伝文句にウソもなく、現在の固定電話回線の基本料金よりも値段が下がる。というお店を選んで電話をかけています。

 

必要以上に毛嫌いする必要もないのですが、あまりにもにも電話がしつこいと、こちらも人間なので嫌になってしまいますよね。

私の場合はお客様の対応で忙しい時に何度も勧誘の電話で時間を取られる…
こんなことが続いてしまったのでさすがに…という状態でした。

 

アナログ回線に戻すには費用がかかる

NTT代理店の話をそのまま聞き、契約を交わすと、現在のアナログ回線から光回線に移行になります。

その際の工事などは特にかからず本当に簡単にできる。と説明されます。

が、

もし「光回線が逆に高くなってしまうからやっぱり…」とアナログ回線に戻そうとすると、11000円以上の工事費用が発生します。

 

中には代理店側から「アナログ回線に戻すのにはお金がほとんどかからない」とウソをつかれてトラブルになったケースもあるので注意してくださいね。

本当に安くなるのか

実際に毎月の固定電話回線代金は安くなります。

しかし「毎月の固定電話回線代金は。」です。

 

代理店の営業は固定電話回線をひかり電話回線に変えませんか?と勧めてくると思いますが、確かにひかり電話なら毎月の支払いが500円程度。

固定電話回線は1700円程度なので安くなりますが、代わりにひかりプロバイダ料金や光回線料が発生する可能性があります。

すると毎月の支払いは3000円~4000円ほど。

結果高くなってしまいますよね。こんなカラクリがあるのです。

 

固定電話回線の料金は安くなっているので「ね?安くなったでしょ?」と言えるのです。

 

もちろん現時点の回線状況によっては毎月確実に安くなることもありますが、逆に高くなってしまう可能性もあることも理解しておきましょう。

 

勧誘の電話の方も「安くなる」という部分を一番におススメしてくるはずです。「もったいないですよ?今のままでいいんですか?」
中には親切で教えてあげているんですよ?というニュアンスの方もいました。

しかしワザワザ料金が安くなるのを親切に教えてくれる会社なんで怪しい以外のなにものでもないですよね。

 

代理店の人は契約さえ取ってしまえばお役御免。

電話で約束を取り付けた後は担当者を派遣(また別の会社の人)すればいいだけなので、後で文句を言っても聞いてもらえないのです。

 

回線を光に変えた人の中には「通信速度が遅くなった」という人が多数いるようです。

もしかしたら逆に料金が高くなるかもしれない。というデメリット抱えて契約したのに、通信速度が遅くなってしまうなんて本当に踏んだり蹴ったり。

メリットが一つもありません。

 

それでも電話がかかって来る!最終手段!

私の場合は「業務委託の会社と契約はしないんですよ」の一言で「分かりました」と電話が切れます。

しかしどうしても何度も電話が来てしまう場合の最終手段。

それは『もうすでに勧誘停止登録を行った』と電話相手に伝えてください。

 

勧誘停止登録というのは、NTTに連絡し「勧誘をさせないように」と申請して登録するもの。

勧誘停止登録を行った家や店には代理店は勧誘の電話をすることができません。

代理店はあくまでNTTから仕事の依頼を受けているので従わないわけにはいきません。

 

しかし、勧誘停止登録を実際に行っていれば本当のことですが、していなければウソをついたことになってしまいますね。

気になる方はNTTから勧誘停止登録を行いましょう。

NTT東日本お問い合せ

NTT西日本お問い合わせ

ただし、勧誘停止登録を行うとNTTは代理店側に登録した人の電話番号などの情報を伝えることになるので、それが気になる。という方はやめておいた方が良いですね。

登録をしたのにもかかわらず勧誘電話がくる場合はクレームを入れることができるようです。

するとNTTから代理店側にペナルティが課せられます。

 

まとめ

・NTT代理店からの勧誘電話には「業務委託の代理店とは契約しないので」と伝えると電話が来なくなく
・他の代理店から勧誘が来る可能性もあるが、繰り返しの電話が無くなるので激減する
・代理店のすすめられるがままに契約してしまうと、人によっては支払い金額が高くなってしまう人もいる
・最終手段は「もうすでに勧誘停止登録を行った」と伝えること

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です