取れなくなったガスコンロのホースをキレイに取る方法

引っ越しで、買い替えでガスコンロを外そうと思った時、

「コンロのホースが抜けない!!」と困ったことはありませんか?

 

油…?もなんだか危ないし、どう頑張っても力で外れない。

私もこのような事態に陥ってしまいました。

 

そこで今回は、キレイに簡単にコンロのガスホースを外す方法を紹介します。

誰でも簡単にマネできるので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ガスコンロのホースをキレイに取る方法

ガスホースが外れない!

外れないガスホース

コチラが外れなくなったガスホースです。

一見普通についているように見えますが、大人の力で外そうとしてもびくともしません。

 

グリグリ回しながら外そうとすると、元栓を傷めてしまう可能性があり危険なのでできません。

ガスを使う場所なので、洗剤や油を使うのも怖い…

外れないコンロのホース元栓側だけでなく、コンロ側も取れなくなっていました。

こちらも力で無理に取ろうとするとコンロを傷めてしまい危険。

 

ハサミで切る

外れなくなってしまったガスホースを安全に外す方法。

それは「切ってしまう」という方法です。

 

残念ながら古いホースを使いまわすことは諦めましょう。

値段も高くないので、新しいホースに変えてしまうのです。

 

ここで大切なのが、「切り方にポイントがある」ということ。

ホースをハサミで切る

切り方で大切なのは、この写真の様に、ギリギリで切るのではなく、3~4㎝長めに切る。ということ。

ギリギリで切ってしまうと逆に外れにくくなるので注意してください。

 

今回はハサミで切りましたが、ゴムなのでカッターでも切れますよ。

切れたホース

コチラが切ったも状態。

コンロのホースをハサミで切る

コンロ側もこの写真の様に3~4㎝根元から長めに切ります。

 

切れたコンロのホース

切れるとこのような状態。

スポンサーリンク

縦に切れ目を入れる

 

ホースに切り込みを入れた写真

次に、写真の様に長さを長くして切ったホースに、縦の切り込みを入れます。

このときはカッターを使うとやりやすいです。

 

元栓の金属を傷つけないように、そして手を怪我しないように注意してください。

2㎝ほど切り込みが入れば十分ですが、深いほど取るのが楽です。

切り込みを手で割く

次に、切り込みを入れた部分を手で横に裂きます。

女性の力でもできるぐらい簡単です。

そのまま裂け目を大きくしていけばガスホースがキレイに外れますよ。

 

コンロのホースに切り込み

ガスコンロ側はカッターで深めに切り込みを入れてみました。

このまま裂いて外して終わりです。

 

新しいガスホースに交換

もったいないの気持ちも分かりますが、一度外れにくくなったガスホースを無理やり使いまわしてしまうと、
ガス漏れなどの危険が伴います。

素直に新しいガスホースに変えてしまうことをおススメします。

 

コンロと元栓が近い一般的な家庭用ならこのホースで届くはずです。

まとめ

取れなくなってしまったガスホースは、3~4㎝長めに切って、縦に切り込みを入れ、手で割いて外す。

この方法が一番安全で、元栓もコンロも傷つけません。

同じく外れなくて困ってしまった人はぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です