Switchのゲームダウンロード時間を短縮する方法とダウンロード手順

2017年11月19日

ストップウォッチの写真

こんにちは!つい先日スプラトゥーン2の同梱版を購入して絶賛遊んでいます。

ただ、前々から気になっていた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をどうしても遊びたくなったので衝動買いしてしまいました。

購入したのは、「物」としてあるパッケージ版ではなく「データ」のダウンロード版。

 

パッケージ版か悩んだのですが、メリットを考えてダウンロード版にしました。

 

そこで今回は実際にAmazonでゲームのダウンロード版を購入する方法や、ダウンロードにかかった時間ダウンロード時間を短縮する方法。そしてスイッチのダウンロード版ゲームのメリットなども語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ダウンロード版

私、今までゲームのダウンロード版を購入したことがありませんでした。

 

その理由としては
「やり方がよくわからない」
「カセットが残れば売ることができる」

この2つが主な理由です。

カセットで手に入れば、ゲーム機本体に挿せばすぐできますよね。特に何も考える必要ありません。

それに「データって…う~んどうなんだろう」という偏見がありました。

 

それに「物」が残れば飽きた時に売れますからね。これは正直大きいかなと。

ダウンロード版はどうやって購入するの??

ではまずはダウンロード版購入の方法です。

Amazonでの検索の方法は簡単。

ゲームのタイトルを検索すればすぐに出てきます。

ブレスオブザワイルドなら『ゼルダ』と入れるだけでもすぐに出ます。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
Nintendo Switch
任天堂
コチラはパッケージ版

 

 

間違えないように商品画像の横に『ダウンロード版』と書いてありますね。

このダウンロード版の商品を購入すると、『ダウンロード番号』というものが発行されます。

 

全部で16ケタの英数字。

コチラをメモしておくか写メなどで保存しておきましょう。

 

ダウンロード版はコンビニなどでも買える

人気ゲームタイトルならセブンイレブンを初めとする各コンビニでもダウンロード版を買うことができます。

 

手順は一緒。コンビニで料金を支払って、同じく16ケタの『ダウンロード番号』を手に入れます。

その英数字を入力することでゲームをダウンロードできるようになるのです。

 

ダウンロード版のメリットってなに?

『ダウンロード版は飽きた時に売ることができない』

ゲームダウンロードにおいて最大にして最高のデメリットですよね。コレは。

 

半額でも売ってしまえば購入した金額が安くなることになりますもんね。

 

当然それ以上のメリット感じなければダウンロード版は購入しません。

そこで私がダウンロード版購入に踏み切ったメリットを紹介します。

 

カセットの入れ替えが面倒

昔はゲームボーイにしろ(古いか…)何DSやPSPにしろゲームを切り替える時は『カセットを入れ替える』
これが当たりまえでした。

 

しかしスマートフォンゲームを遊んでいく中で、『端末の中でゲームを切り替えて気軽に遊ぶ』という楽さが当たりまえになってしまいました。

 

もし遊ぶゲームが1種類なら全然いいと思います。

でも、ふとした時に、ちょっと気分が変わった時にゲームを切り替えて遊ぶ。

ほんの数分だけでもいい。

 

こんなときにイチイチカセットを抜き差ししたり、「あれ?あのゲームどこ行った!?」なんて探すの本当に面倒だな…って。

今更に気が付いてしまいました。

 

数個のゲームをちょこちょこ遊ぶ。こんなスタンスの自分にはダウンロード版ゲームは本当に楽なのです。

 

売る予定がない

「面白いかどうかわからない」こんなゲームなら私はパッケージ版を買っていたかもしれません。

だって、ちょっと遊んでみて「あ、コレ全然面白くない」って感じたらすぐ売ってしまって被害(?)を少なくしたいですもんね。

損切りってやつです。

 

実際についこの前PS4でそのような経験があったので…

 

ですがブレスオブザワイルドはAmazonのレビューやゲーム記事を見る限り「間違いなく名作だ」と感じる内容ばかり。

「よし、これなら売らなくてもいいや」

こう感じたのでダウンロード版にしました。

 

読み込みが早くなる

パッケージ版とダウンロード版の読み込み速度は、ダウンロード版の方が早い。というのをご存知でしょうか。

こちらの動画はマリオカート8の、Nintendo Switchのダウンロード版とパッケージ版、そしてWii Uのダウンロード版とパッケージ版を比較した動画です。

 

そもそもスイッチ版は読み込みが早いのですが、それでもダウンロード版とパッケージ版ではスタートのタイトル画面がでるまでに約4秒の差があります。

 

ゲームの読み込みは一度ではありません。シーンを切り替えるたびにたくさん起きるので、読み込み速度が少なくなるだけでもストレスが減るのです。

スポンサーリンク

実際にダウンロードしてみた

では実際に手順を分かりやすく写真でまとめたので順を追って確認してみてください。

ダウンロードにかかった時間なども計測しています。

 

購入完了

ゲーム購入完了の画面

 

 

コチラはAmazonでゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの購入が終わった写真。

購入と同時に『ダウンロード番号』という16桁の英数字が発行されます。

 

ニンテンドーeショップを開く

Nintendo Switchのホーム画面を推すと、このように現在入っているゲームが表示されます。

ニンテンドーEショップの画像

 

今はスプラトゥーン2のソフトが入っているので表示されていますね。

そして下の段の左から2番目の「ニンテンドーeショップ」をクリックしします。

 

ダウンロード番号を入れる

ダウンロード番号入力画面の画像

 

ニンテンドーeショップに進むと左のメニューの一番下に『番号の入力』という項目があるので押すと、
16桁の番号を入れられるようになるのでタッチして先ほど発行されたダウンロード番号を入力しましょう。

 

入力が終わると

ゼルダが表示された画面

 

この画像のようにゼルダが表示されます。

そのまま『引き換えを確定する』を押します。

ゼルダがメニューに表示された画面

 

するとこの画像の様に本体メニューにゼルダの伝説が表示されます。

画像の○マークはダウンロードの経過時間です。

これがいっぱいになるまで待ちます。

 

ダウンロード開始

ダウンロード中の画面

 

ゲームの部分をタッチするとダウンロード時間や残りの目安を見ることができます。

こちらはダウンロード開始直後の画像。

残り「25時間53分」と表示されていますが、こんなにかからないのでご安心を。

「ダウンロードをやめる」を押してしまうとまた最初からになってしまうので、電池が無くならないように注意しながら待ちましょう。

 

 

1時間経過

ダウンロード開始1時間経過の画像

 

コチラはダウンロード開始一時間経過した写真。

初めに25時間と表示された時は驚きましたが半分以上に減りましたね。

しかし12時間って本当かな…

 

2.5時間経過

ダウンロード開始2時間半経過の画像

 

コチラはダウンロード開始2時間半経過した写真。

なんとさっきまで「残り12時間」だったのになぜか「残り19時間」とダウンロード予定時間が伸びている汗

え…大丈夫かな…

 

6時間経過

ダウンロード開始6時間経過の画像

 

コチラはダウンロード開始して約6時間ほど経過した写真。

残り約4時間まで一気に予定時間が短くなりました。

 

8時間経過

ダウンロード開始8時間経過の画像

 

 

さらに2時間経過しましたが、予定時間がさらに短縮されています。

 

8時間半経過

ダウンロード開始8時間半経過

 

ついにここまで来ました…ダウンロード開始約8時間半で完了です。

画面には3分とありますが、この後3分後に完了しました。

ようやく遊べるぞ!!

 

ダウンロード時間が早くなる時間帯がある!

今回初めて任天堂スイッチのダウンロード版のゲームを本体にダウンロードしましたが、
スマートフォンのゲームのダウンロードとは違い内容も容量も多いのでかなり時間がかかりますね。

 

初めに25時間なんて表示された時は焦りました(笑)

 

ただ、今回時間を追いながらダウンロードしてみて気付いたことが1つ。

 

それは『ダウンロードが早くなる時間帯がある』ということです。

 

その時間というのが『深夜0時以降』です。

もちろんこの前後ですが、大体この時間になるとダウンロードの速度が一気に早くなります。

 

さきほどの6時間経過の時点で一気にダウンロードの予定時間が短くなっていますが、実はこの少し前、4時間5時間経過していたあたりではまだ残り時間が15時間ぐらいとかなり長かったのです。

 

しかし夜中になるにつれてどんどん速度が速くなった。

これは本当に実感しました。

 

オンラインゲームではよくある

実はこのダウンロードが早くなる時間帯というのは、パソコンゲームをPCにダウンロードしたことがある人ならわかるかもしれません。

 

夜間7~10時ぐらいの、他の人がインターネットを使っている時間はダウンロード速度が極端に遅く、他の人が寝静まったあたりで早くなる。

こんなこと。

 

これは単純に『回線が空いている』から速度が速くなるのでしょうね。

 

Nintendo Switchでは試したことがありませんが、平日の昼間もオンラインゲームのダウンロードは時間が早くなります。

もしかしたらこの時間帯もいいかもしれませんね。

 

オススメのダウンロード方法

私の場合夕方4時半ごろ初めてそのまま日をまたいで夜中にダウンロードが終わりました。

 

しかし、この方法は一番インターネット回線が込み合う7時~10時ぐらいをまたいでしまいます。

なのでもっとも効率が悪いです。

 

Nintendo Switchのゲームのダウンロード中は他のゲームで遊ぶことができますが、プレイしているゲームが通信を始めるとダウンロードが一旦中断されてしまいます。

つまり結局時間がかかってしまう。

 

なので一番おススメなのは、『寝る前にダウンロードを始めて、そのまま朝まで待つ』という方法。

これがもっともダウンロード時間が早くて効率的です。

くれぐれも充電が途中で切れないように。

 

日中学校や仕事に行く人は、『朝でかける前にダウンロードを開始しておく』という方法も回線が空いている時間にダウンロードすることができますよ。

 

ダウンロード容量に気を付けて

Nintendo Switchは本体に32GBまでゲームをダウンロードすることができます。

しかしゼルダのように大容量のゲームをいくつもダウンロードするとすぐに本体がいっぱいになってしまうことに。

 

ゼルダは単体で13.4Gあるので1つで半分近く使ってしまいます。

 

Nintendo SwitchはSDを使ってストレージを増やすことができるので、ダウンロード版を購入する機会が多い人は
容量の大きいSDがあると安心できますね。

 

 

 

 

まとめ

今回初めてNintendo Switchのダウンロード版ゲームを購入してみましたが、
今後も「これは売る予定はないな…」というゲームは積極的にダウンロード版を買っていこうかなと思います。

 

理由は、スイッチ本体内でゲームを切り替えることができるので気軽に楽しめるということ、そしてゲーム内ロード時間の短縮です。

 

ロード時間が短ければ短いほどストレスもなくゲームの中に入り込めますからね。

 

そしてダウンロードを開始するのに夕方は絶対にやめます(笑)

せっかく買ったスプラトゥーン2全然できなかった。

スポンサーリンク