ヤフオクやメルカリなどで中古パソコン購入時のポイントと注意点

喜ぶ子供達の写真

パソコンが欲しい。でも新品を買うと高いですよね。

そんなときに便利なのがオークションや個人から直接買えるアプリなど。

 

今回は私がヤフオクを使って中古のパソコンを買ったので、注意した点。

そして買って分かった「もっとこうすれば良かった」ポイントなどを紹介します。

 

ヤフオクやメルカリ、ラクマなどを使って安くて良いパソコンを手に入れる参考にしてください。

 

スポンサーリンク

中古でパソコンを買う

パソコンの写真

 

ヤフオクやメルカリだって購入時に気をつければ十分使える

「新品のパソコンは高いから手が出ない」

「安くパソコンを買いたい」

 

そんなときに便利なのが中古のパソコンを変えるヤフオクやメルカリなど。

 

ヤフオクやメルカリ、ラクマなどは卸(おろし)や中間販売業者を途中に挟まないので、電気店で買うより安く買うことができます。

 

新品も中古も品数がたくさんあるので、選べるのも魅力ですね。

 

ただし、「よくわからないから」と適当に選んでしまうと、「実は割高だった」なんてものを購入してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

スペックをしっかり確認

中古、新品のパソコンを選ぶ時に、見た目のデザインだけで選んでいませんか?

 

パソコンでもっとも大切なのはスペックです。

見た目がいくらよくても、スペックがボロボロなら「全然使えないパソコン」ですし、
見た目が多少古くても、スペックがしっかりしているのなら利用するのに困りません。

 

特に注意しなければいけないスペックも、このページ内にまとめてありますので参考にしてください。

 

評価は必ず確認

中古のパソコンを買うときは、販売者の評価を絶対に確認しましょう。

 

大切なのでもう1度言います。

 

「販売者の評価は絶対に確認しましょう」

 

評価は、他の人との売買における信用度です。

 

 

平均評価が低ければ、購入者とのトラブルが多い販売者。

平均評価が高ければ信頼できる販売者と判断できます。

 

 

確認の方法は基本的には「悪い」の評価が多くないか。というのを確認するのですが、ここで注意しなければいけないポイント。

それは、『単純に評価にいくつか悪いが付いている=悪い販売者(大して良くないパソコン)ではない』ということ。

 

もちろん、「良い」評価よりも「悪い」評価数が上回っている場合はちょっとした詐欺の可能性もあるので論外です。

 

しかし、多くの「良い」評価がついていて、いくつか「悪い」評価が付いているのは必ずその「悪い」評価の中身を確認しましょう。

 

ヤフオクであれば数字をクリックすれば評価の中身が見え、さらにどんなことでトラブルが起きたのか。などを確認できます。

 

 

ではなぜこの確認をするかとうと、ライバルの販売業者、もしくは性格の悪い人間が貶(おとし)めようとしている場合があるのです。

 

 

ライバル業者は分かりやすいですね。同じくパソコンを販売しているので同じ業種の人の評価が下がれば自分の商品を買ってくれる人が増える。

ということです。もちろん別なアカウントを使っていると思うので足はつきません。

 

純粋なトラブルのケースもありますが、「悪い評価」を確認すると、あまりに購入者側が意味不明だったり、一方的な評価もあるので、「なぜ悪いと付けられたのか」を確認するのは大切です。

 

 

パソコン販売者が販売する→始めから買う気のない人が落札する→適当なことを言って購入をうやむやにする→当然落札者にも「悪い」評価は付くが、適当なアカウントなので問題ない→販売者に「悪い」評価を付ける。

 

これで販売者側にも悪くないのに「悪い」評価が付いてしまうのです。

 

これを見極めないと、「安くて」「良い物」を買うことが出来ないのですがこれは評価の内容を確認すれば結構簡単に分ります。

 

一番分かりやすいのが、購入者コメント欄に「このアカウントIDは削除されています。評価の参考にならない可能性があります」という内容がヤフオク側から書かれている場合。

 

「それなら悪い評価消してあげなよ…」と感じますがいちいち消せないのでしょうね。

この場合悪い評価に意味はありません。

 

他にも、「配達中の事故でパソコンが届いた時に動かなかった」というケース。これは完全に配送会社の責任です。

 

その他の場合はケースバイケースなので、読んでみて判断するしかありませんが、販売者側の対応コメントをみるとよくわかります。

 

販売者コメントが、起きたトラブルに対して真摯に対応している場合はたとえ「悪い」評価がついていても「良い販売者」である可能性が高いです。

 

具体的なトラブルの改善策などが書かれていれば自分が購入し、もしトラブルが起きた場合もちゃんと対応してくれますからね。

 

良くない販売者の中には「知りません」で通す人もいるので注意が必要です。(大体その場合悪い評価が多いですが…)

 

取引数にもよりますが悪い評価が「10」を超えている場合は慣れないうちはちょっと避けた方が無難かもしれませんね。

 

「ストア」での購入より「個人」の方が狙い目だったりする

ヤフオクやメルカリなどのパソコン販売者は大きく分けて「ストア」と「個人」に別れます。

ストア ショップがヤフオクやメルカリを使ってい販売している。販売数も多いので取引実績の数がものすごく多い
個人 個人での販売。買い変えるから。などの場合が多い。

 

一見、ストアで買った方が安心できるのでは?と思われるかもしれませんが、ストアはあくまでお店。

ある程度相場価格なりのものしか販売されていません。

 

しかもパソコンに至っては、商品画像のものがあくまで「参考」となっているものもあり、実際に届くのは写真のものと違う(ほとんど一緒)というケースもあります。

 

普通オークションは写真と同じものが届くのでは?と思いますが、ストアの場合は新品の参考画像をトップ画にしておき、注意書きに書いてある。という方法を使って実際に届くものは別のものという販売方法をしているストアもあります。

出荷する台数が多いのでいちいち撮影もしていられないのでしょう。

 

「商品と違うじゃん!」と文句を言われても「商品説明に書いてありますから」で終わり。

特にパソコン部門でこの方法が使われていることが多いので注意してください。

 

その点、個人売買は実際の商品を写真に載せています。

 

ヤフオクやメルカリの商品説明に「若干の使用感あり」と書かれていても、感じ方は人それぞれ。

やはり商品の画像を直接見れた方が安心出来ます。

 

それに商品の質問も個人の方がキチンと返してくれる場合が多いです。

 

ストアも丁寧に返信してくれることもありますが、扱っている商品数が多いので、時間がかかることが多いですね。

 

ストアの強みは購入直後の補償が効く

ストアで購入した場合、中古のパソコンが起動しない。動かない。
などの致命的な不具合の場合は短期間ですが保障が効くことがほとんどです。

 

お店で新品を買うと「1年保証」なんてありますが、そんなに長くありません。

 

あくまで動作確認期間だけなので、多いのが「3日」「1週間」程度。長くても2週間ほどですね。

 

値段が安い分仕方ないのかもしれませんが、早々に動作確認する必要がありますね。

 

逆に個人販売の場合は保障と呼ばれるようなものはほとんどありません。
なので、購入する前に不具合がないか、完全動作品であるかを確認しましょう。

 

領収書が欲しい場合もストアで買おう

仕事で使うパソコンを買うときに必要になってくるのが領収書。

経費で引き落とすためには必要です。

 

しかし、個人間のパソコンの売買では領収書を用意してくれない方もいます。

その点、ストアから買えば領収書を用意してくれるので便利です。

 

個人であっても慣れている人は領収書を用意してくれる方もいるかと思います。

購入前に質問で聞いてみましょう。

 

 

ネット販売に慣れないうちは自作パソコン購入に手を出さない

自作パソコンは様々なパソコンのパーツを集め、自分で組み立てて販売するというものです。

 

「パソコンに関して知識がある」のであれば自作パソコンを検討してもいいでしょう。

しかし、自作パソコンはトラブルが起きた時に対応が結構面倒です。

 

販売者が丁寧に対応してくれればいいのですが、そうでない場合は「何が悪いか分からない」なんてことにもなりかねません。

 

メーカーに電話で聞こうにもメーカー製ではありませんし、販売者に相談しようにも日にちが経過していれば余程良心的な販売者でない限り対応してくれないでしょう。

 

その点に関しても、ネット販売に慣れないうちは故障時に色々調べやすいメーカー製のパソコンを中古で購入した方が無難です。

 

メーカーとは、『富士通』『NEC』『SONY』等、ブランドのパソコンですね。

 

スポンサーリンク

必ず最低限のスペックの勉強をしておく

パソコンのキーボードの写真

ヤフオクやメルカリだけでなくとも、パソコンを買う場合は必ずスペックの勉強をしておきましょう。

パソコンの性能を知らずに買ってしまうと、
「大した性能じゃないのに高い物を買ってしまった」
「性能が低すぎてやりたいことができなかった」

こんなことにもなりかねません。

 

例えを出すと、「なんとあのcore i 7 超高速パソコン!!!」「HDDも大容量1TB!!!」

という宣伝文句が良く使われています。

もしパソコンのスペックに対して完全い無知だと

 

CPU(パソコンの処理速度を決める部分)がcorei7で、HDD(パソコンの保存容量)が1TB!?

「それなりに高性能だ!!」

とも思えますが、CPUには「世代」というものがあり、同じcorei7でも、世代が若ければ正直大して高性能ではありません。

 

一つ古いcorei5の第三世代位と同レベルか第四世代下です。

 

それにデスクトップのcorei7と、ノートパソコンのcorei7でも性能が違います。

 

それにHDDも1TB位であれば後付けできるものが数千円で買えます。

今後はHDDではなく、SSDが主流にもなるので、目を見張るような性能ではないのです。

 

その他にも、「メモリ」や「officeソフト」に関しても知っておいた方が良いですね。

パソコンでゲームをするのであれば「グラフィックボード」も勉強しておきましょう。

 

パソコンのスペックを説明から読み解く

例1

では一つの例を取って。

パソコンのタイトルにこのようなことが書かれていたとします。

美品☆ Windows10 東芝 T652/58 高速Core i7 新品1TBメモリ8G Office Blu-ray WebCam 2012年製造

 

スペックに関して知識が無いとチンプンカンプンですよね。

「Windows10だから…Corei7だから…いいパソコンなのかな…?」こんな方もいるかと思います。

 

ではこの題名から注目すべき点を細かく見ていきましょう。

 

まずはOSはwindows10 ですね。 まぁ7が人気で、8が使いにくく、10はその8で残念だった人の頼みの綱という感じですかね。

最新OSなので、今後長い保障があると思います。

 

ただwin10は新しすぎて、対応していないソフトもあるので、そういうデメリットもありますが、まぁ問題ないでしょう。

 

次は東芝。これはメーカー製であることを意味します。 その後は型番が書いてあるので、元々の値段や価格.comやamazonを使って新品の値段を確認することも簡単です。

 

core i 7 これはCPU 題名ではここまでしか書いてありませんが、かならず世代は確認してください。

商品説明欄に大抵4桁の数字が書いてあります。

 

次の新品1TBはHDDが新品ですよ。という意味。SSDではなさそうですね。

 

メモリ8GB 個人で使うのであれば8GBあればまぁまず問題ありません。

 

動画編集などを主にされる場合や音楽製作などクリエイティブなことに使う人は16Gあっても良いかもしれませんが、8Gでも特に問題ないかと。

 

Office これは気を付けてください。kingsoft か純正 microsoftか確認してください。

中身は特に変わらないのですが、Kingsoft製のOfficeは比較的安く購入できます。

 

他のソフトとの互換性を考えると、microsoft製のほうが安心できます。

 

Blu-ray これはブルーレイが見れるということです。ブルーレイドライブは今はまだまだ高級品なので良いと思います。

ただ、書き込みできるのか、読み込み専用なのか余裕があれば確認したいところ。

 

webcam ウェブカメラですね。 ノートパソコンのようなのでおそらく内蔵型でしょう。スカイプするなら便利。

ただウェブカメラも今は安いので、なかったとしても後で買えます。

 

2012年製  まぁちょっと古いかな?ぐらいですがさほど問題ないでしょう。

年式が古いなら本体がボロボロでないかをチェックしておきましょう。

 

では次に説明文を見ていきます。

検討中のパソコンにあてはめながら確認してみてください。

 

【商品説明】
メーカー:東芝

メーカーパソコンはいいですね。国産メーカーですし故障時も色々調べやすいです。

型  :PT652○○○
O  S:最新人気OS Windows10 Home 64bit

最新ではありますが人気という発表はされていません。まぁどっちでもいいでしょう。

C P U:Intel Core i7 3610QM 4コア 2.3GHz (ターボブースト時最大3.3GHz)

これはcore i 7の第三世代。そしてこの商品説明のパソコンノートパソコンです。

 

ノートパソコン用のCPUなので、通常時では2.3Ghzしか出ていません。

 

うーん、ノートパソコンなら普通かな…という速度。ターボブーストは速度が上がりますが、バッテリーの減りは相当早いので持ち運ぶ人は注意。消費電力も上がります。

メ モ リ:8GB

まぁ良いと思います。
ハードディスク:750GBから大容量の新品1TBに増設させてあります

たいして増えてないw これがSSDならかなり良かったですね。まぁHDD1TBあれば極端に多くの動画を入れたりしなければ問題ないでしょう。

無線LAN :内臓されています

これはwifiなどあれば無線でインターネット可能です。

画面サイズ:15.6インチ LED液晶

まぁこんなもんでしょう。

持ち運ぶには大きいですが、同じ場所において使うのであれば十分な画面の大きさです。

光学ドライブ:Blu-rayドライブ(DVDスーパーマルチ機能付)

ブルーレイ見れるのはいいですね。

インターフェイス:USB3.0×4、SDカードスロット、HDMI、Webカメラ他

これはUSB3.0に対応しているスロットが4コアあることを意味します。

USB3.0は結構良いと思います。2.0の10倍速なので。

 

SDカードスロットはSDも読み込めますよ。というもの。これたまにないパソコンもあるので注意してください。

 

HDMIはHDMI端子がパソコンに付いているので、ノートパソコンと別にモニターに接続する時にHDMI端子が使えますよ。という意味。

 

HDMIは接続コードも安いですし、画質も良いので便利です。

 

webカメラはカメラがあるということ

 

サウンド:harman/kardon® ステレオスピーカー(ハイクオリティな高音質サウンド)

正直ノートパソコンにしてもデスクトップにしても内蔵されているスピーカーに過度の期待はしない方がいいです。

NECのはかなり音質がいいノートパソコンが多いですね。

 

キレイな音がいいなら別に付けた方がいいです。

 

Microsoft Office 2013 Home and Business (Word、Excel、PowerPoint、等 使用できます)

これは純正office 買うと1~2万近くはしますしいいのではないでしょうか。

バージョンは新しいに越したことないですが、2013でも十分使えます。

 

筆ぐるめ23(最新版)をインストールしてあります。

多分使わないのではないでしょうか。必要な方には嬉しいと思います。年賀状とか?

 

あくまで簡単な例文ですが、説明文一つでこれだけ読み解けます。

ここではセキュリティソフトが書いてありませんがwindows10にはOS自体に最低限のセキュリティは付いています。

 

これはストア様のパソコンの販売画面です。

値段にもよりますが、まぁ全く問題なさそうなパソコンですね。

 

あとは届いて、動かなかった場合の補償などをきちんと確認しましょう。

 

例2

ではもう一つの例題
【Core i5♪HDD 1TB/Win7/Office】NEC VN○○ 地デジ ブルーレイ

CPUがcorei 5 ハードディスクが1TB 、OSはwindows7 という意味。

officeはmicrosoftとkingソフトではできることが一緒でも違います。

できればmicrosft製が安心できます。

 

後は地デジとブルーレイが見れますよ。という意味

♪Windows 7 Home Premium 64bit
※HDD内にリカバリー領域有り♪

これはそのままですが、内蔵のHDD内に、リカバリーをする為のデータを保存していますよ。ということ。

 

パソコンが壊れたとしても、この領域内のデータから購入時の時点の状態までパソコンを復元可能という意味です。

 

ただコレだけだと心配な場合はリカバリーディスクを作りましょう。

♪高性能CPU!【Intel Core i5 450M 2.40GHz】

悪いものではありませんが、ハッキリ言って自慢できるほど高性能じゃありません。

core i 5の第一世代。多分数年後にはかなりキツイです。

 

ただ値段にもよるので、本当にちょこっと使えて安ければいい。オンラインゲームもしない。という方にはいいのかも

♪地デジ対応!BCASカードも付属しております♪
※アンテナケーブルは別途ご用意ください。

アンテナケーブル別で買う必要がありますが、テレビが見れます。一人暮らしでテレビを置きたくない!という人には良いのかも。

ただ、付けっぱなしの時間が長くならないように気を付けたいところ

 

♪本体に無線LAN搭載!

wifiや無線ランポートを使えば無線でインターネットできます。

 

♪動画もたっぷり保存!【HDD 1TB】!

まぁ普通に使う分には問題ない量です。

♪新品の無線マウスと無線キーボードをプレゼント!

これは持っていない人にとってはありがたい。でもまぁ今は安いので決め手にはしない方がいいです。

♪通常お落札でも【Kingsoft Office 2013】を導入済みでお届け♪
※ライセンスカード付属

でやがったなkingsoft 。kingsoftは無料でウイルス対策ソフトを配っているのですが、その印象があまり良くなくて…

やけにポップだらけの…

officeは大丈夫だと信じたいですが、個人的にはmicrosoft製が好きですね。偏見なんですが。

 

※液晶に訳有り個所有りで大特価!

程度によりますがあまり良くないですね。質問できるのであればキチンと確認しましょう。

 

 

♪【Microsoft Office】をご希望の方は在庫確認のため、ご質問欄からご連絡ください。
※在庫がない場合は何卒ご了承下さい。
※Microsoft Officeをご希望の場合、Kingsoft Officeは付属しません。
・Office 2003 Personal +2,000円
・Office 2007 Personal +6,000円
※Office 2010、Office2013 ご相談ください。
・正規品ですのでディスクとプロダクトキーが必ず付属します。

 

どうやらofficeソフトはmicrosoft製にもできるようですね。

「う~ん、でも別料金か」という印象。

 

例えばkingソフトのofficeソフトで作った文章やレポート、エクセル、ワードファイルなどをmicrosoft製のofficeで開こうとすると、表記にずれが起きる。という話もあります。

 

仕事などで相手先がmicrosoftのofficeなら、合わせて同じものを使たほうが後々便利です。

 

 

『商品詳細』
※超!お得な商品!
メーカー NEC
品名 VALUESTAR PC-○○
製品 中古
OS Windows 7 Home Premium 64bit

7は2020年にサポート終了するので、本当にそれまでしか使えません注意しましょう。

CPU Intel Core i5 450M 2.40GHz

第一世代じゃなければな…

メモリー 4GB

正直少ない。今は良いかもしれませんが、数年単位で使うにはスペック不足でしょう。

本当にとりあえずのマシン

 

HDD 1TB DtoD

DtoDはドライブtoドライブ 上記のリカバリーの話です。

光学ドライブ BD/CD/DVDマルチ(BD/CD/DVD再生書き込み)

これは結構良いのでは?自身のパソコンには付いていない…

LAN ○
無線LAN ○
ディスプレイ 20型HD+(1600×900)光沢液晶

まぁそのままです。

しいていうならディスプレイは非光沢の方が画面に余計な光が写りこまないので人気です。

USBポート 2.0×6

6個付いているのは便利ですね。 贅沢言うなら3.0対応のものが2個ぐらいあってもよかった…

 

 

付属品 ・ACアダプター・ACケーブル・Kingsoftライセンスカード・BCASカード・無線マウスキーボード

ライセンスカードとはofficeを動かす為に必要なライセンス。BCASはテレビを見る時に必要。

※液晶に黒いドット
※液晶にムラあり
※中古品のため、外装全体に傷、塗装剥げ、シール跡

♪上記の理由により、お値段を大幅に値下げ

 

正直これらはかなりマイナスポイントですね。

長期的に使う予定がなく、次のパソコンを購入するまでの”繋ぎ”として使うのであれば問題ないのかもしれません。

が長い目で見るのであれば、モニターが汚れているとテンションが下がります。

 

♪ご希望がございましたら下記のソフトを無料でインストール
♪iTunes
・Apple社の純正ソフト。iPod/iPad/iPhoneなどに音楽を持ち運びできます♪

自分で簡単にできます。決め手にはしないように。

 

♪GOMプレイヤー
・動画のファイル形式が数多くややこしいですがこのソフト一本で解決♪動画もDVDの再生も対応しています♪

たしかGOMは終了するという噂があったような。

これも簡単に自分でできます。

 

GOM以外にも「VLCプレイヤー」ならいろいろな動画を再生することができますよ。

 

 

Flash Player
ブラウザゲーム(アメーバピグなど)、ニコニコ動画やYou Tubeに必須

Microsoft Security Essencials
マイクロソフト社の純正セキュリティソフト。ウィルスからPCや個人情報を守ります。

 

確かにこれらはあらかじめインストールされていれば便利は便利です。

ただし、自分でインストールしないということは、自分で出来ない。ということ。

 

それだと今後のパソコンライフで色々面倒が発生したりした時にそれすら入れる力がないとかなり困ったことになると思います。

練習や勉強がてら自分で必要なものを入れて調べてみることをお勧めします。

これらのツールがインストールされていればパソコンを使う中でオールOKかと言われると全くそうではありません。

 

他にもパソコンスペックでチェックしておきたいこと

チェックマークの写真

グラフィックボード

パソコンでゲームをしたいのであればグラフィックカード、グラフィックボードは必須
最近ではもともと付属されて販売されているパソコンも増えてきましたが、いわゆる『グラボ』というこれらの部品が付いていないと、まず3Dのゲームの多くはプレイすることが出来ないでしょう。

 

正確にいうと、プレイはできてもカックカクでゲームにならない。 という感じです。

 

このグラフィックカード、グラフィックボードは処理の大変な画像でもキレイに表示できる部品です。

 

なので、Youtubeなど大した処理のない動画等は別に無くても問題ありませんし、この部品がなくてもパソコンは普通に動きます。

 

ですが「ゲームもしたいなぁ」というのであれば必ずこのグラボ(グラフィックボード)が付いているのかを確認しましょう。

 

オンボードといって、CPUの中にこのグラボの機能を果たすCPUが最近増えてきましたが、よほど性能の良いCPUでないとほとんど意味がありませんし、モンスターハンターフロンティア等は動くようですがおそらくこれから発表されるようなゲームは厳しいでしょう。

 

Ofiiceソフトの確認
これはOffice 2007 や office 2013 等です。

 

基本的には事務処理を行う人が使うソフトではありますが、画像の編集が出来る機能も付いていたりしますし、ふとした時に必要になったりするので付いているに越したことはありません。

 

そして注意したいのが 純正の Microsoft office なのか違うのか。という点です。

 

このofficeソフトに非常に良く似たもので King Soft Office というものがあります。 まぁ同じOfficeソフトなので機能はほとんど同じようなのですが、実はこのソフト 純正のMicrosoft と互換性がありません。

 

何が一体困るのかというと、個人で使うだけなら全く問題はありません。 しかし、仕事等で他の人とOfficeで作ったデータを共有する。

 

となると、 King Soft Officeで文章などを作って Microsoft officeを使っている人にデータを渡したとします。

 

それでMicrosft office側の人がファイルを開くと、文字がずれてしまっていたり文字がバラバラになってしまったりとちょっと面倒が起きるのです。

 

もし仕事、もしくは他者間ででOffice ソフトを使う予定がある。という人は Microsoft officeが入っているものを購入しましょう。

 

なので、「Officeソフト付いてます~」 という記事も、内容をちゃんと良く読んだ方が良いのです。

 

セキュリティソフトの有無を確認
有料のウイルス対策ソフトがあらかじめ入っていると言うことはほぼありません。

 

有料ウイルス対策ソフトは  「カスペルスキー」や「ウイルスバスター」等です。

これらは一年間約5000円程かかってしまうのでまず中古で入っていることはないでしょう。

 

そして非常に多いのが windows essentials (ウインドウズエッセンシャル)という無料ダウンロードソフト。

 

映像編集関係やら色々入っているようですが、このソフトにはウイルス対策機能もあるのです。

 

それに無料にしてはそこそこ機能も良い。ということで人気です。

もしダウンロード方法など分らない人はあらかじめ入っているかを確認した方がいいでしょう。(大体入れてくれているようですがメーカーパソコンだと自分でダウンロードが必要かも)

 

そして誤解されやすいのがWindows8以降はこのWindows essentialsは入っていません。  というよりもOSの中に元々組み込まれているので必要が無いのです。

 

ただし「windows  essentialsが入っているから安心!」なんて販売文句を良く見ますが、

 

windows  essentialsは「ウイルス対策を全くしない人の為に最低限のセキュリティを」ということで開発されたものです。

 

無料ウイルス対策ソフトでもそこそこ優秀なものはありますが、本当に心配なら有料のソフトの導入をお勧めします。

 

モニターの有無
これオ―クションでは結構あるのですが、トップの商品画像にはモニターが写っているのに、

商品説明には「モニターはついていません」と書いてあること。

 

本当に紛らわしいのでやめてほしいですコレ。なのでモニターが必要な方は、モニターが付属されているのか商品説明をよく読みましょう。

 

 

知らずに買ってしまうと、「あれ?商品画像にモニター写ってましたよね?」と後で文句を言っても
「商品説明欄に書いてありますよ?読んでないそちらが悪いんですよね?」と泣き寝入り状態になってしまう危険があります。

 

「モニター付いてないならむしろ高いじゃないかこんなの!」とね。

 

完動品か必ず確認
これは個人のパソコンを購入する場合は特にですね。

本当に稀なのですが、やはり顔が見えなく企業として活動している訳ではないので、中には悪い人もいるのです…

「(ちょっと不具合あるけど気付かないだろ…いいや、売っちゃえ!)」

こんな悪い人。

 

これを回避するためにも質問で一言聞いておくと良いでしょう。

「動作完全動作品ですか?」

もしもこの質問に対して売り手側が「はい」と答えた場合、購入後に不具合が見つかれば虚偽の報告として返品が可能になる筈です。

それに、一言質問を投げかけておいてその質問に対する反応を見てどのような出品者かを感じ取ることもできます。

ここで「返信がない」「返事が適当」だと購入は見送った方が無難ですね。

 

ジャンク品とは壊れているもの
「ジャンク品」と商品説明に書いてあり、格安なものがあります。

ジャンク品=壊れていて修理が必要なものです。

 

「ジャンク品です」

この文字が書かれていたらどんなに安くても壊れて現状では使うことができないものなので素人は手を出さない方が無難です。

 

ジャンク品は知識のある人たちが直して最後売り直すものなのです。

 

電源コードは付いているか
こちらも時々ないパソコンが出品されています。注意しましょう。

デスクトップなら電源ケーブル、ノートパソコンならACアダプターなどです。

 

これがないとパソコンに電力を供給できないので当然動きません。別途で買うことになってしまうのですが、意外に値が張るため必ず付属しているものを買いましょう

 

まとめ

オークションの場合相手の顔が見えないため、やはり相手が持っている情報を頼りに購入するしかありません。

 

そのため、新規(評価が0の状態)の売り手からはまず買わない方が無難です。

それに、ヤフオクなどを介さずに直接個人間での取引を持ち出してくる人も絶対にやめた方が良いです。

 

過去に一眼レフカメラで詐欺にあったことがあります(笑)

 

かならず利用しているサイトやアプリを経由して取引すること。

 

他にも、なんとなく気に入った商品があった。でも終了まで時間がない…「いいや!勢いで買っちゃえ!」

というのは、事前知識がほとんどない状態ならまずやめた方が良いです。

 

オークションへのパソコンの出品は絶えず新しいものが出てきます。勢いで購入してしまうと思わぬ高値をつかむことにもなりかねないのでまずは冷静な判断を心がけましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です