【WiMAX】とくとくBBの契約方法とキャッシュバックの注意点

wimaxクレードルの写真

こんにちは!

先日私,モバイルWiFiをWiMAXに変えました!

 

WiMAXを契約できる会社は一つではありません。

 

それぞれ月々の支払額が違ったり、契約することで受けられるキャッシュバックの料金が異なります。

 

今回は数あるWiMAX契約の中でも、最も金額が安くなる。と言われている「GMOとくとくBB」を実際に契約したので、契約時に分かった注意点や詳しいやり方を紹介します!

画像付きで分かりやすくまとめたのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

WiMAXとくとくBB契約してみた!

とくとくBBってなに?

とくとくBBとは、GMOインターネットという会社が提供しているWiMAXの契約プランの1つのこと。

 

WiMAXの契約は他にも、Broad WiMAXBIGLOBE WiMAX2+が知名度が高いですが、他にも数多くの会社から提供されています。

 

その中でも、最も金額が安くなると言われているのが今回私が契約したGMOとくとくBBなのです。

 

とくとくBBの最大のメリットは、他の会社に比べてキャッシュバックの料金が高い。ということ。

 

事務手数料、月々の支払など考えなくえてはいけないことがたくさんありますが、
キャッシュバックを受けることで、トータル最も安くなるのです。

 

とくとくBBの落とし穴

とくとくBBは確かにキャッシュバックを受けることで金額がもっとも安くなります。

しかし、あくまで「キャッシュバックを受ければ」の話。

 

キャッシュバックを受けなければ、他にも安い契約会社はたくさんあります。

 

しかも、キャッシュバックを受けるための方法が、やや分かりにくいのです。

 

おそらく全員がキャッシュバックを受けてしまったらGMO側の儲けも少ないのでしょう。

ある程度、忘れる人がいる。ということを見越しての高額キャッシュバックだと考えられます。

 

つまり、損する側に回らないように注意しなければいけません。

 

少し複雑とくとくBBのキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受けるための方法を分かりやすく説明すると

  1. 契約する
  2. GMOから専用のメールアドレスと会員IDとパスワードが発行される
  3. 契約11カ月後に、GMOから発行されたメールアドレス宛に、1ヵ月間有効のURLが送られてくる
  4. 記載されている手順に従って進める
  5. キャッシュバック金額が振り込まれる

この方法でとくとくBBのキャッシュバックを受けられます。

 

ここで気を付けなければいけないのは、契約時に登録したメールアドレス宛に連絡が来るわけではない。ということ。

ここ本当に大事です。

 

普通皆さんインターネットで契約する時に、スマートフォンのアドレスやGmailなどを使って契約しますよね。

私は初めてっきり、契約時に登録したメールアドレス宛にキャッシュバックの連絡が来ると思ったらそうではなく、
発行されるIDとパスワードを使い、専用の会員ページにアクセス。

 

そして会員ページにある専用のメールアドレス宛にキャッシュバックの連絡が来るのです。

 

つまり、ただ待っているだけでは通知は来ません。

 

キャッシュバックの連絡がくる時期になったらコチラから会員ページにアクセスして確認する必要があるのです。

他にもあるとくとくBBの注意点

とくとくBBの契約を進めていくと、

とくとくBB保証サービス

コチラの安心サポート保証サービスと、

とくとくBB公衆無線LAN

コチラのWiFi公衆無線LANサービスを、どうしますか?

という選択肢があります。

 

モバイルWiFiを外に持ち運ぶ予定が無ければサポートもいらないでしょうし、
公衆無線LANも使う予定が無ければ必要ないでしょう。

 

私はとくとくBB契約時に「できるだけ毎月の出費を安くしたい」と考えていたので、
この2つのサービスは必要ありませんでした。

 

「フムフム…まぁいらないな…あ、あれ??」

 

気が付きましたか?

 

そうです、「申し込まない」という選択肢のボタンがないのです。

 

何かの間違いかなと思い、GMO公式サポートに聞いてみたところ、

「契約時は必ず入っていただく必要がある。不要な場合は、無料期間内にそれぞれのオプションを停止してくだあさい」

とのことでした。

 

ここでも損しないための注意点。

 

契約しただけで安心してしまうと、いらない出費が発生してしまうので、
不要なオプションは契約後、無料期間中に停止。

これに気を付けないと、損をしてしまうのです。

 

契約の手順紹介

ではこれまでに説明した注意点と共に、実際に契約画面で手順を確認していきましょう。

画像付きなので分かりやすいかと思います。

契約後の経過も合わせて紹介します。

 

とくとくBB契約

とくとくBBホーム申し込みボタン

コチラはGMOとくとくBBの公式ページ。
GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!
↑コチラ
「申し込み」から先に進むことで契約画面に移ります。(いきなり契約!にはならないのでご安心を)

機種の選択

とくとくBB機種選択画面ボタンを押すと、機種の選択画面に移ります。

「W05」「WX04」「W04」「WX03」など色々な機種がありますが、希望の機種を選びましょう。

 

ちなみに私は「W05」にしました。

それぞれの機種の特徴は

W05  現時点で最新機種

上り下り速度ともに最速の機種 バッテリーの持ちも良いので、コチラを選んでおけば間違いない

WX04  バッテリーの持ちがもっとも良い機種。外出が多い方におススメ。通信速度はW05には劣るが決して遅くはない。

個人的には、モバイルバッテリーを持ってW05の方がおススメではある

W04  バッテリーの持ちがWX04に比べて劣るが、下り(ダウンロード)の通信速度が速くなっている機種。

ただし、さまざま面でW05が勝っているのでムリに選ぶ必要もない

WX03  au4GLTEのハイスピードエリアモードに対応していない旧型機種。

あえてこの機種を選ぶのは修行か何か

HOME L01s  他のモバイルルーターとは違う、ホームタイプ。

20台まで同時に接続でき、WiFiの範囲が広い。

絶対に持ち運ぶ予定が無い。家でみんなで使う。が目的であればおススメ。

下り速度はWX04と同じ速さなので、決して遅くはない

特別な理由がないかぎり、最新機種を選んでおけば間違いありません。

 

プランの選択

とくとくBBプラン

次にプランを選びます。

ここで重要。

「LTEオプション無料プラン」を選んではいけない!!ということ。

 

正確に言うと、選ぶ必要がないのです。

 

≪なぜLTEオプションを選んではいけないか≫

WiMAXの基本的な契約は2つ。

  • 7Gまでの通信制限アリ
  • ギガ放題という使い放題プラン(3日で10Gになると通信制限)

この2種類です。

 

正直な話、7G契約にするのであればWiMAXである必要ないです。

使い放題で契約できるからこそWiMAXが人気なのです。

※契約している93%の方が使い放題のギガ放題を選んでいます。

 

 

そこで問題なのがau 4G LTEという機能。

この機能は、環境の影響でもしもモバイルルーターの電波が弱くなってしまった場合、

自動的に高速通信回線(LTE)に切り替わって、安定して使える。というもの。

 

一見聞くと良さそうですよね。

 

しかし、ギガ放題で使い放題の契約であっても、たった一回でもau 4G LTE機能をONにし、使用してしまうと、

その月は強制的に7Gまでの利用制限が起きてしまう。という何ともありがた迷惑な機能なのです。

 

実際に使ってみて思いましたが、YouTubeや動画を見ていると7G通信は本当にあっという間です。

7G過ぎてしまって低速になると、通信がストレスでしかなくなるので本当に気を付けてください。

 

クレードルの有無

とくとくBBクレードル

クレードルというのは、モバイルルーターを置くための専用スタンドです。

「必要ない!」と紹介している方もいますが、私はクレードルセットにしました。

そして後悔はしていませんし、今では良かったと思っています。

 

ただし、キャッシュバックの料金が下がってしまうのでこの辺は自由でいいのかなと。

キャッシュバックの料金を下げる=クレードル本体代金。なので「無料サービス」ではありませんね。

 

wimaxクレードルの写真

コチラがクレードルに置いたモバイルルーター。

モバイルルーターは、電波を受け取る向きも大切なので、立てられるのは便利です。

それにインテリアとしてもまとまる。

 

wimaxクレードルなしの写真

こちらがクレードルを使わない状態のモバイルルーター。

気にしないのであればいいのですが、なんだか「置きっぱなし」感がありますよね。

 

ギガ放題か7Gか

とくとくBB契約プラン

それぞれを選択して次のページに移動すると、「ギガ放題」か「通常プラン」の選択画面になります。

 

ここでは間違いなく「ギガ放題」をお勧めします。

全体の93%が選んでいるほど。約800円ケチって7Gを選択するのであればWiMAXでなくてもいいはずです。

 

端末機種の選択は、前のページで選んだものが選択されているはずです。

 

カラーの選択

とくとくBBカラー選択

次にカラーの選択です。

端末は好みの色を選びましょう。

私はアパートに置くのを中心に考え、壁紙とマッチさせたかったのでホワイトを選びました。

 

端末保証サービス

とくとくBB保証サービス

「安心サポート」の選択画面です。

ちなみに、「選択しない」ということはできません。

 

一時的にサポートに入り、契約後、無料期間内に解約する。という流れになります。

 

もちろん心配な方はサポートに入ったままにしましょう。

 

WiFi公衆無線LAN

とくとくBB公衆無線LAN

コチラのサービスも、初め一時的に加入する必要があります。

 

それぞれマークのある場所の公衆無線LANを使えるようになりますが、都市部では活躍しそうですね。

 

しかし、ギガ放題であれば通信量を気にする必要もないので、契約後、解約処理で問題ないでしょう。

 

ログイン

GMOIDで登録

GMOのIDか、お名前.comのIDをお持ちであれば簡単に進むことができます。

GMOIDが無い方でも、必要事項を記入しながら進めば契約できますよ。

 

お客様情報の入力

とくとくBB契約画面

特に難しいこともありませんが、しいていうなら「お客様情報の入力」の「希望メールアドレス」はキチンと覚えておきましょう。

自分で考えて作ります。

 

契約後に送られてくる書類にも書かれているので、心配ないとは思いますが、「希望メールアドレス」に書くアドレスにキャッシュバックの連絡が届きます。

 

「登録受付確認メールアドレス」は今お持ちのアドレスで構いません。Gmailやキャリアのメールですね。

 

そして!!

とくとくBB発送方法

一番最後に軽く書かれている

  • 通常発送
  • 即日発送

の選択。

これは即日発送を選ばない理由はありません!特に手数料などもかからないですし、届くまでの日にちは1日でも早い方が良いと思うので、「即日発送」をおススメします。

スポンサーリンク

キャッシュバックを忘れないために

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックを受け取ってこそ「最安」になります。

 

逆にキャッシュバックを受け取らないのであれば、途中解約費用などを考えると他の契約でもいいかと思います。

 

絶対にキャッシュバックを受け取る。

 

そのためにも忘れないための対策を必ず行いましょう。

私が行った、「キャッシュバック大作戦(言うほどか?)」を紹介します。

 

とくとくBBのキャッシュバック方法

私の場合、2018年の5月に契約を行いました。

 

その場合、キャッシュバックの案内メールが11か月後に届くので、2019年の3月末の夕方以降に、「基本メールアドレス」に通知が来ます。

 

この「基本メールアドレス」とは、契約時に発行されたメールアドレス。

公式の方に聞いたところ、このアドレス以外に連絡をしていない。

とのことなので、注意してください。

 

メールの通知が来たら、1ヵ月以内に振り込み口座を登録します。

 

もし口座登録を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れないので注意してください。

 

スマートフォンのスケジュールに登録

私がまず忘れないために行ったのは、スマートフォンのスケジュール機能に予定としてアラームが鳴る様にセットすること。

基本的なことですが、毎日持ち歩くものなので効果は高いです。

 

11か月後の1月前の末日。

この日の夕方以降と、翌日の朝にアラームをセットしておけば忘れにくいです。

 

カレンダーに記入

部屋に壁掛けのカレンダーがある人は、目立つ文字で記入しましょう。

ローカルな方法ですが、何気なく見るものなので効果ありです。

 

本体にメモを貼る

デザイン性が崩れてしまいますが、キャッシュバックを最優先に考えれば超効果的。

モバイルルーターに紙でキャッシュバックの通知が来る日をメモしておき、上からセロテープで張ります。

 

これならセロテープをはいでしまえばキレイになります。

 

私の場合、「さすがに表はちょっと…」だったので、裏面に張ることにしました。

 

契約後の経過報告

ここからは、実際にGMOとくとくBBを契約してからの流れを紹介します。

「設定とかどうすればいいの?」という人にも参考になるはずです。

 

とくとくBBのセット

こちらがとくとくBBから届いたセットです。

「即日発送」にしましたが、契約したのがすでに夕方過ぎで、翌日の発想になってしまいました。

そのため家に届いたのは2日後です。

 

以前mineoのSIMを契約した時は5日ほどかかったので、それと比べても十分早いですね。

 

とくとくBB届いたもの

箱を開けるとこのような状態。

モバイルルーター、通信に使うSIMカードが入っていました。

とくとくBBSIM

SIMカードを折る時、本当であれば静電気防止のために綿手袋などを付けた方が良いのですが、
手元になかったので素手で。

この時は、とにかく金色の部分を傷つけないように注意してくださいね!

 

とくとくBBにSIMを挿す

モバイルルーターにSIMを挿します。説明所に書いてありますが、方向も間違えないように。

モバイルルータースイッチON

SIMカードを挿したらモバイルルーターのスイッチをON。

モバイルルーターのアップデート

するとこの写真のように「モバイルルーターのアップデート」が表示されるので、「アップデート」を押しましょう。

 

これで設定は終了。これで使える状態になりました。

 

正直、設定はめちゃくちゃ簡単です。

 

SIMカードを入れてスイッチを入れるだけなので、誰でもできますよ。

モバイルルーターのWiFiの繋げ方

これでWiMAXのモバイルルーターが使えるようになりました。

しかし、使う機種(スマートフォン、タブレット、ゲーム機など)にWiFiを繋げるためにはどうしたら良いの?

と初め分からなかったのですが、やり方さえ覚えてしまえば簡単です。

 

後日送られてくる封筒

GMOからの封筒

とくとくBB契約後は、まず真っ先にモバイルルーターとSIMカードが送られてきます。

そして数日後、このような封筒が届きます。

 

中に入っているのは

BBNaviのチラシ

コチラのGMOがサービスを提供する「BBnavi」の案内のチラシです。

そしてもう一つ、契約時に設定したメールアドレスやパスワードが書かれた紙が入っています。

 

このもう1枚の紙が、キャッシュバックには超重要です。

 

とくとくBBのキャッシュバックを受け取るには、「BBnavi」に、設定したIDやパスワードを使ってログインし、
11か月後、BBnavi内にあるWebメールアドレスに送られてくる通知を確認し、振込口座を登録する必要があるからです。

 

使ってみた感想

今までは、mineoの格安SIMカードを使って、1ヵ月約1000円ほどで3Gプランを契約していました。

ただ、正直3Gというのはあっと言う間。

それに、「使いすぎていないかな?」と毎日チェックするのが面倒でした。

 

それなら、人数が増えても通信量気にせず使えるWiMAXで!と思い契約しましたが、
本当に変えてよかったと思います。

 

一番大きいのは「気にせず使いまくれる!」ということ。

それに通信速度も速く、NetFlixやアマゾンのPrimeビデオを見ましたが、全く問題なく再生されました。

 

NintndoSwichのスプラトゥーン2もプレイしましたが、オンライン対戦が普通にできます。
(mineoのモバイルルーターではできなかった)

 

  • 持ち運びできる
  • 好きなだけ使える
  • 通信速度も速い
  • 人数が多くても使える(10台まで同時接続可能)

これだけのメリットがあっての値段なら私は十分満足でした。

最大40,500円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

まとめ

今回はWiMAX契約最安と呼ばれる「GMOとくとくBB」を実際に契約してみて分かった、契約時の注意点。

そして一番大切なキャッシュバックをしっかり受け取るための方法を紹介しました。

 

通信量を気にせず使えるWiMAXのギガ放題。

YouTubeやネット、ゲームなど楽しみたい方にはおススメですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です