【初心者】パソコンのOSってなに?失敗しない選び方と種類

パソコンに必ず入っている「OS」

パソコンを良く知らない!という方の中には「なんのこと?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

 

OSは必ずパソコンに入っているものです。

パソコンだけでなく、スマートフォンにも使われています。

 

そこで今回は、パソコン初心者の方にも分かりやすく「OS」を説明させていただきます。

スポンサーリンク

OSって何?

犬とパソコンの写真

OSとは、オペレーティング・システム(Operating System)の略称です。

パソコンやスマートフォンにはさまざまなアプリケーション(Wordやメモ帳、イラストなどなど)が入っていますよね。

それらを動かすために必要なのが、このOSなのです。

 

OSがないとパソコンは動きません。

マウスの矢印をアプリの場所に持って行き、クリックすると開きます。

 

この当たり前ともいえる動作を理解して処理してくれるのがOSの役割なのです。

 

他にもパソコンに使われる付属機器(マウスやキーボード、プリンターなど)を繋げるだけ使えるようにする機能などもOSの役割。

 

OSがないパソコンはパソコンではないのです。

 

OSは人間の「脳」と同じ

OSは「オペレーションシステム」

オペレーションは統括や運営を意味しますが、パソコンでは「脳」の役割をします。

 

人間も、いくら丈夫な体があっても脳がなければ体を動かすことができません。

パソコンも同じように、いくら性能の良い機械があっても司令塔がいなければ動かすことができません。

 

その役割をOSが果たしてくれるのです。

 

WindowsやMac

OSでもっとも有名なものと言えば、ビル・ゲイツ氏の開発したmicrsoft社のWindows、
そしてMacintosh(Mac)の開発したMac OSですね。

Windowsはさまざまなビジネスシーン、家庭用として活躍しているOSで、
Macはクリエイティブな仕事や趣味をされている方に好かれています。

パソコンの外観のデザイン性からMacを選ぶ方もいます。

 

OSは他にも

  • UNIX(ユニックス)
  • Solaris(ソラリス)
  • Tron(トロン)
  • vx-works.
  • MVS

などの種類があります。

 

OSのバージョンが古くなると使えなくなる機能も

WindowsやMacをはじめとするOSは、定期的に新しい機能の追加や、システムの見直しを含めた「更新」を行っています。

インターネットにつなぐことで、自動的に行ってくれるのですが、
OSのバージョンが古いと、更新に対応できず、新しい機能が追加されない、ウイルスに対して弱くなる。
などのデメリットが起きます。

 

パソコンを買うときは、OSのバージョンが古いと安くなります。

しかし、あまりに古いバージョンのOSが入ったパソコンを買ってしまうと、すぐに使い物にならなくなった。ということも起きるので注意してください。

スポンサーリンク

WindowsOSとMacOSどっちがいいの?

パソコンの購入を考えた時、多くの方が悩むのが「WindowsとMacどちらにしようか」
ではないでしょうか。

 

どちらも優秀なOSであることには変わりませんし、できることもほとんど同じです。

しかし、それぞれ違いがあります。

 

最も大きな違いが、使えるソフトやツールの違いです。

 

 

事務処理や、ビジネスシーンで活躍するoffice系ソフトの充実性Windows。

音楽編集や映像制作など、クリエイティブな仕事に重宝するソフトはMacの方が多いですね。

 

そしてパソコンの見た目。

Windowsはさまざまな会社がパソコン本体を作っていますが、Macは一貫してアップルが作っています。

デザインにもこだわりがありとてもスタイリッシュ。

「パソコンのデザインが好きだから」という理由でMacを選ぶ方もいます。

 

パソコンの上級者の方はLinuxというOSを使う方もいらっしゃいますが、
初心者の方は、分からないことがすぐ調べられたり、ファイルを共有する人と互換性があった方が便利ということもあり、WindowsかMacの方が無難です。

 

WindowsかMac、どちらを選ぶかは「パソコンを使って何がしたいのか」を考えると失敗せずにすみます。

※MacのパソコンにWindowsをインストールすることはできますが、あくまで純正品を紹介させていただきます。

 

本当に初心者はWindowsがおススメ

「今までパソコンをほとんど使ったことがない」
「とりあえずパソコンを使ってみたい」

このような、パソコン初心者の方におススメなのはWindowsです。

 

理由は、パソコンの初心者のための教本やパソコン教室。インターネット上の情報などもMacよりもWindowsが多いためです。

ユーザーの数もWindowsの方が多く、困った時に調べ物をする。教えてもらう。というのがWindowsの方が簡単なのです。

Officeソフトを使う方もWindowsがおススメ

ビジネスシーンで活躍するWordやExcelといったOfficeソフトがあります。

これらを中心にパソコン作業する方も、Windowsがおススメです。

 

理由は、他の人との互換性。

WindowsもMacもそれぞれOfficeソフトはあるので、使えずに困る。ということはありませんが、
WindowsのOfficeの方が処理速度が速く、Mac→Windos、またはWindows→MacにOfficeファイルを移したときに、表示が崩れてしまう。ということが起こります。

 

その都度修正するのも大変ですよね。

それなら、ユーザー数の多いWindowsに合わせた方があとあと面倒が少なくなるのです。

部屋のインテリアを兼ねるならMac

Macが圧倒的にWindowsに勝っている点。それはデザイン性です。

スマートフォンのiPhoneも、「カワイイ、オシャレ」というので人気。

Macのパソコンの写真

コチラがMacのパソコンの写真。

 

パソコンも同じように、モニターからキーボードにいたるまでMac製品はとてもオシャレです。

Macのパソコンとキーボードの写真

「パソコンも部屋のインテリアの一部として考えたい」という方にはMacの方がおススメですね。

絵を書いたり、動画編集もMacが人気

流行りのYoutuberのための動画編集や、絵師さんなど。クリエイティブな趣味や仕事をされている方にはMacが圧倒的に人気です。

本体のデザイン性もありますが、編集に便利なソフトがMacの方が多いというのと、
ペイントツールなどの道具、iPadとの互換性が大きいようです。

 

まずはパソコンで何がしたいのか

パソコン選びに大切なのは「目的」です。

「なんとなく」という方でも、きっと頭の中にぼんやりと「(こんなことやってみたいな)」というのがあるはずです。

とにかくパソコンに慣れたいのか。動画編集や画像編集、絵を書いたりしたいのか。主に仕事で使いたいのか。

いろいろあるとは思いますが、目的を決めてからパソコン、OSを選ぶようにしましょう。

 

「直感で、見た目で選んで慣れる!」というのも大切ですけどね。

 

昔とは違い、使えるソフトの差も縮まってきましたし、それぞれのパソコンでできるということはさほど変わらなくなってきました。

 

お互い慣れが必要

Windowsとmacでは、それぞれ使い方にクセがあります。

特に大きな違いがマウスの形。

Windowsのパソコンマウスには、右クリック左クリックとありますが、Macにはクリックボタンが一つです。

 

Windowsで慣れたからMacが使いにくい。Macで慣れたからWindowsが使いにくいといったことはあるようなので、一番初めにさわるパソコン選びは大切ですね。

まとめ

今回はパソコンのOSについて紹介させていただきました。

パソコンのOSは脳のような役割。全ての司令塔であり、なくてはならない物です。

 

代表的なものにはWindowsとMacがありますが、それぞれ特徴やクセがあります。

まずは自分がパソコンを使って何をしたいのか。を1番に考えることが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です