高澤翔悟容疑者の顔・Facebookは?市原市のうぐいすラインで姉を殺害

高澤翔悟顔写真 ニュース

意図的に車を電柱にぶつけ、同乗していた姉の高澤絵里香(26)さんを死亡させた罪で逮捕された高澤翔悟容疑者(21)の顔やフェイスブックについて調査。

高澤しょうご容疑者は、市原市にある「うぐいすライン」という市道で事故を起こしたことがわかりました。

高澤翔悟容疑者の顔は?

高澤容疑者のSNSを調査しましたが、顔写真につながる情報は投稿されていませんでした。

12月10日に治療を終え退院しているので、今後送検されるはずです。

 

顔写真も送検時に判明、公開されるはずので情報を追って追記します。

 

送検が行われ顔写真が公開されました。

高澤翔悟顔写真画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e998106d5ec05b47472963c1d13306c68b3f6d5b

高澤翔悟顔写真画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e998106d5ec05b47472963c1d13306c68b3f6d5b

コチラが高澤翔悟容疑者の顔写真です。

車の事故で右足を負傷していたので「ケンケン」で車に乗り込んでいます。

高澤翔悟容疑者のFacebookは?

高澤翔悟フェイスブック調査

フェイスブックで「高澤翔悟(たかざわ・しょうご)」を調べたところ、同姓同名アカウントが2件見つかりました。

しかし、どちらのアカウントも容疑者の住所、千葉県市原市鶴舞とは別の場所で登録されていたため別人です。

他の名前で登録がないかなど追って調査し、見つかり次第追記します。

高澤翔悟容疑者のツイッターは?

高澤翔悟Twitter

「高澤翔悟」でツイッターを調査しましたが、同姓同名アカウントは見つかりませんでした。

他の名前で登録されていないかなど調査し、見つかり次第追記します。

高澤翔悟のインスタは?

高澤翔悟インスタ

高澤翔悟の名前でInstagramを調べてみましたが、同姓同名アカウントは見つかりませんでした。

コチラも同様に別名登録がないか調査し追記します。

 

高澤翔悟容疑者の起こした事故はうぐいすライン

2020年10月の千葉の事故情報画像引用元:千葉県警察HP

コチラは、千葉県警察のホームページに載せられていた2020年10月30日の事故情報です。

 

・交通単独死亡事故と思われる事案の発生(市原警察署)
10月30日午前2時32分頃、市原市米沢付近の路上で、男性が運転する軽乗用車が電柱に衝突し、同男性が負傷し、同乗者の女性が搬送先の病院で死亡

という、高澤翔悟容疑者が引き起こした事故と同じ内容の事故が書かれています。

 

たかざわ容疑者は10月30日に事故を引き起こしたということ。

 

この時点では「単独事故」として処理されていましたが、後の調査で殺人事件であることが判明しましたのです。

 

NHKの報道では

ことし10月、市原市真ケ谷の市道で、高澤容疑者の運転する軽乗用車が電柱にぶつかって横転し、助手席に乗っていた姉の絵里香さん(26)が死亡し、高澤容疑者も大けがをしました。

参照:NHKニュース

と書かれていて、千葉警察の「米沢付近の道路」と「真ケ谷(しんがや)の市道」で情報が食い違っています。

 

これは、

コチラの地図でわかるように、米沢と真ケ谷が隣接しているため。

情報が食い違ったのは、どちらか判断がつきにくかったからです。

 

その条件に当てはまるのが、米沢と真ケ谷も通る「うぐいすライン」という道路。

千葉県警察の報告にあった10月30日と同じ日に、

市原の事故はうぐいすラインかな

というツイートもされています。

 

高澤翔悟容疑者事故現場画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201210/k10012757791000.html

事故現場の映像と、コチラのストリートビューの位置が一致していることからも「うぐいすライン」で間違いありません。

事故の場所はこのマップの位置。

北側から南に向かう緩やかなカーブを、ハンドルを切らずにそのまま電柱にぶつけたということになります。

高澤翔悟容疑者ブレーキを踏まずそのまま電柱にぶつかる

高澤翔悟容疑者事故現場の壁画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201210/k10012757791000.html

コチラは高澤翔悟容疑者がはじめに車をぶつけた壁です。

壁に大きく白い傷がついていることから、高澤翔悟容疑者が運転ていたのは白い車である可能性が高いです。

 

その後、

高澤翔悟容疑者事故現場の壁2画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201210/k10012757791000.html

その後、「曲がれ」の標識をなぎ倒し、

高澤翔悟容疑者事故現場電柱画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201210/k10012757791000.html


このストリートビューの「スリップ注意」の看板がある電柱に激突しました。

 

10月の事故当時の映像を見る限り、道路にブレーキ痕は一切ありません。

このことからも、たかざわ容疑者はブレーキを踏まずに壁に激突し、そのまま電柱まで走ったことになります。

事故現場から家までは8分の距離


事故を起こした真ケ谷から、高澤容疑者の住む千葉県市原市鶴舞までは、車で8分の距離でした。

殺害された姉の絵里香さんは、「もう少しで家に着く」と考えていたころでしょう。

 

車に同乗していたことからも、高澤翔悟容疑者の運転を信用していたはずです。

 

亡くなってしまった絵里香さん、そして両親も「なぜ」という思いに打ちひしがれているに違いありません。

 

事故を起こすに至った動機など、ご両親の心情を踏まえても徹底した調査が求められる事件です。

 

事件概要

ことし10月、千葉県市原市で、運転していた軽乗用車を電柱に意図的に衝突させて、乗っていた26歳の姉を殺害したとして、21歳の弟が逮捕されました。弟は「死のうと思った」などと供述しているということです。

逮捕されたのは、千葉県市原市鶴舞の無職、高澤翔悟容疑者(21)です。

ことし10月、市原市真ケ谷の市道で、高澤容疑者の運転する軽乗用車が電柱にぶつかって横転し、助手席に乗っていた姉の絵里香さん(26)が死亡し、高澤容疑者も大けがをしました。

その後、警察が衝突に至る経緯を捜査した結果、意図的に車を衝突させた疑いがあることが分かり、10日、けがの治療を終えて退院した高澤容疑者を殺人の疑いで逮捕しました。

参照:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201210/k10012757791000.html

あまりに理不尽な理由で命を奪われた姉の絵里香さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

コメント