渋谷区笹塚タクシーひき逃げ暴走事故の場所はどこ?引かれたのは笹塚駅利用者か

渋谷区笹塚タクシー事故映像 ニュース

1月4日午後7時すぎ、渋谷区笹塚で起きた5人がケガ、1人が心配停止のタクシーひき逃げ事故が起きた場所について調査しました。

調査の結果、はねられた歩行者は笹塚駅利用者である可能性が高いことが判明しました。

渋谷区笹塚駅前でタクシー暴走事故

4日午後7時ごろ、東京都渋谷区笹塚の国道20号(甲州街道)交差点で、タクシーが横断歩道を渡る歩行者ら男女6人を次々とはね、中央分離帯に衝突しながら100メートル以上走行した。警視庁代々木署によると、歩行者の女性(49)が死亡し、5人が負傷した。5人は命に別条はないが、小学生の男児(9)が全身打撲で重傷、男児の母親(42)も骨盤を骨折した。

同署によると、ドライブレコーダーの記録からタクシーの男性運転手(73)は事故当時、意識がもうろうとしており、信号を無視して突っ込んだとみられる。運転手も搬送され、同署は回復を待って自動車運転処罰法違反容疑などで事情を聴く。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/18f60fcf3f5dda0a123a72490a8396701d082dff

渋谷笹塚タクシー暴走の場所はどこ?

渋谷区笹塚タクシー事故画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/18f60fcf3f5dda0a123a72490a8396701d082dff

コチラの事故直後の映像を元に場所を調査したところ、

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1丁目56 甲州街道、

こちらの地図の位置にある横断歩道ということがわかりました。

コチラのストリートビューの映像が完全に一致しているので間違いありません。

 

ストリートビューをみても横断歩道を渡る人の多さがよくわかります。

事故当時は午後7時。この映像以上に人が渡っていたとみて間違いないでしょう。

 

実際に引かれたのは6人ですが、車に気が付き避けた人も数えれば、20~30人単位に危険が及んだと考えられます。

はねられた歩行者は笹塚駅利用者

渋谷タクシー暴走事故は、笹塚にあるセブンイレブンとサミットストアの間にある歩道橋の下、横断歩道上で起きています。

 

この事故が起きた場所は、笹塚駅の目の前。

この地図にある細い道を進んだ先で、笹塚駅北口から出てきた人の多くが利用する横断歩道です。

 

ストリートビューにも多くの歩行者、自転車に乗った人が写っており利用客の多さを物語っています。

 

タクシーはまさにこの人混みの中に猛突進しています。

タクシーは代田橋方向へ進む

タクシーは笹塚駅目の前の横断歩道上で多くの人を引いた後、そのままボンネットに人をのせ走行しています。

 

車線の方向から、代田橋駅方面に数百メートル進んだことになります。

 

そのまま代田橋駅方面に行くと、環七通りという大きな道路の交差点にぶつかります。

タクシーに乗っていた乗客が機転をきかせハンドルを操作したのでしょうか。

意識のない運転手が運転するタクシーは、環七通りという大きな交差点に進入するまえに停止しています。

もしそのまま進んでいれば、さらなる第事故につながったのは間違いありません。

フロントガラスのヒビが衝撃の強さを物語る

渋谷区笹塚タクシー事故車両画像引用元:Twitter

コチラが暴走事故を引き起こしたタクシー運転手が運転していたタクシーの車両。

オレンジ色の車体で「3207」と車体形式番号が書かれています。

渋谷区笹塚タクシー事故車両の前側

渋谷区笹塚タクシー事故車両のフロントガラス

タクシーの車両のフロント側は大きく凹んでいることからも、すさまじい衝撃で人にぶつかった事がわかります。

そしてフロントガラスには大きなヒビが入っています。

ボンネット人が乗ったまま走った」ということなので、このフロントガラスはボンネット上の被害者のものでしょう。

この事故で40代の女性が亡くなっています。

同じくケガをした人の中に小学生がいます。

 

もしかしたら子どもたちをかばって逃したのかもしれません。

心よりご冥福をお祈りします。

 

《渋谷タクシー暴走6人死傷》73歳運転手の息子告白「謝っても謝り切れない。病気の兆候はなかった」ローン返済で正月も出勤(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 新年を迎えて間もない1月4日午後7時頃、いたましい事故は起きた。  場所は東京・渋谷区の笹塚駅近く。1人の女性を乗せて甲州街道を走っていたタクシーが、横断歩道を渡っていた歩行者らを次々にはね飛ば

追記:その後タクシーを運転していた運転手は、くも膜下出血によって運転中に意識を失ったことがわかりました。

 

 

コメント