桜島ホテル幼児2人死亡 父親の名前は「田中」か 警察から逃げるために飛び降り

桜島ホテル事件サムネイル (1) ニュース

桜島ホテルで幼児2人(3歳男児、2歳女児)の遺体、そして前日に自宅の県営住宅で9歳の養子の息子が遺体で見つかった事件で、容疑者の父親(41)は誰なのか、どんな人物なのかについて調査した結果、名字が「田中」である可能性が高いことが分かりました。

事件が起きた場所と状況を調べたところ、父親がホテルから飛び降りたのは、警察から逃げるのが目的だった可能性が高いこともわかりました。

桜島のホテルで幼児2遺体 父親が飛び降り

桜島ホテル事件のあった場所画像引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/149577

 

26日夜、鹿児島市の桜島にあるホテルで幼児2人が遺体で見つかり、この部屋にいた父親とみられる男性がベランダから飛び降りてけがをしました。
警察は殺人事件の可能性を視野に、男性から話を聞く方針です。

警察によりますと、26日午後7時ごろ、鹿児島市・桜島のホテルの4階の一室で、男女2人の幼児が死亡しているのを福岡県警の捜査員が発見しました。

また、この部屋にいた男性が、警察が駆けつけた際にベランダから飛び降りて腰や足にけがをしたということです。

遺体は福岡県飯塚市の3歳ぐらいの男の子と2歳ぐらいの女の子で、男性は2人の父親とみられています。

男性の自宅では25日、男性の養子とみられる9歳の男の子が遺体で見つかっていて、ホテルの部屋には男性の遺書とみられるものがあったということです。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/1b267dcd32ce7c8a45996d4ee63e8bb14cc27fe2

ホテル内での幼児2人の遺体というあまりに不審な事件。

遺書が見つかっていることから、父親(41)が殺人の容疑者として調査が進められています。

 

父親の男性は2020年12月に、母親と離婚しています。

そしてその後住んでいた福岡市の県営団地では養子だった男児(9)が遺体で見つかる。

 

シングルファーザーで3人の子育てはどう考えても大変。

しかし、人の命がかかっている問題「育てられなくなりました」では済まされない事件です。

 

事件を受けネット上では

虐待ケースで児相が関わっていた様ですが…もうね、どこの自治体でも児相は機能不全ですよ。支援体制を根本的に変えていかないと救える命も救えないと思います。

状況的にこの父親と子どもだけにしちゃいけないのに、何故放置されてしまったのか大きな問題。

児童相談所が見守っていたのに、2月中旬には死亡してたって全然見守られてないじゃない。
父親1人で3人、それも2歳と3歳の年子を育てるってかなり厳しいよ。

幾度となく虐待で怖い思いをしながら最後は何とも痛ましく胸が痛い…

母親は引き取れなかったのだろうか

施設には入れなかったのか…

など、罪のない3人の子どもたちが亡くなったことへの悲しみの声が多く挙がっています。

亡くなった子どもたち3人のご冥福心をよりお祈り申し上げます。

容疑者で父親の名前は「田中」か

桜島ホテル事件9歳の子供 (1)画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3e54110727aa74c1f9b0b7ba30e3273bc34aceb8/images/000

男は2児と、昨年12月に離婚した妻の連れ子の田中大翔(ひろと)君(9)とともに飯塚市の集合住宅の一室に住んでいた。25日午後、この部屋から大翔君の遺体が見つかった。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/b69fa4f6414389116402bc72333b1c8e0fff1418

桜島のホテルで父親によって二児が殺害される以前に、父親の自宅で発見された9歳の養子の子供は、田中大翔(ひろと)君であることがわかりました。

 

離婚した奥さんの連れ子のため、奥さんの旧姓が「田中」という可能性もありますが、

離婚したら子どもの名前はどう変わる? 自分と同じ名字にするための手続き
離婚する際、誰が子の名字や戸籍の扱いはどうなるのかという点も気になるかと思います。本コラムでは、離婚をすると子どもの名前がどうなるのか、親権者と同じ名字にするにはどのような手続きを取ればよいのか、子どもを連れて再婚すると名前がどうなるのか、などについて弁護士が解説します。

コチラの記事によると、

姓や戸籍が変動するのは、婚姻によって姓を改めた夫または妻であり、夫婦のもう一方と子どもの姓や戸籍は離婚後も基本的には変更が生じません。

離婚して親権者は母になった場合、母は特に届け出をしなければ、婚姻前の姓に戻ります。すると、母と、離婚後も原則として父の姓を名乗り続けることになる息子とは、名字が異なることになってしまいます。

と書かれています。

 

容疑者として今後捜査される父親の男性と、田中大翔くんの母親である元妻は婚姻関係だったため、名字も父親と同じになったはず。

離婚後の元奥さんの女性が届け出をしていれば、子供の名前は元妻の旧姓に戻っているはずですがすでに別居中ということは、その可能性も低い。

このことから、父親の名前は「田中」である可能性が高いと言えます。

事件の起きた場所はどこ?

桜島ホテル事件場所画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1b267dcd32ce7c8a45996d4ee63e8bb14cc27fe2

2人の幼児の遺体が見つかった事件が起きたのは、コチラの報道映像が


コチラのストリートビューと一致。


〒891-1544 鹿児島県鹿児島市古里町1078−63にある、「桜島シーサイドホテル」ということが分かりました。

桜島シーサイドホテル画像引用元:https://www.jalan.net/yad346506/

桜島シーサイドホテル浴場画像引用元:https://www.jalan.net/yad346506/

桜島シーサイドホテルは、歴史ある三ツ星ホテル。

鹿児島湾を眺めながら、ゆったりくつろげる高級ホテルです。

父親が飛び降りたのは警察から逃げるためか

事件の起きた桜島シーサイドホテルをさらに詳しく調査したところ、

桜島ホテル事件の部屋画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/79a35ad579696d69860749658148f1f2bf4befe9

コチラの映像に写っている写真の場所に父親と子供2人は宿泊していたことがわかりました。

映像はコチラ。

幼児2人の遺体 父親と見られる男 逮捕へ(KYT鹿児島読売テレビ) - Yahoo!ニュース
 26日、鹿児島市内のホテルの一室で幼い子供2人が死んでいるのが発見された。子供2人の父親とみられる男がホテルから飛び降りていて、警察はこの男を容疑が固まり次第殺人の疑いで逮捕する方針。  鹿児島市

宿泊していたのは4階です。

 

さらに映像が少しずれると

桜島ホテル事件の部屋

コチラの写真のように、左側に白い壁が映ります。

このことから、父親による二児殺害事件が起きた部屋は4階で裏側から見たときに左に客室のない部屋。

桜島ホテル事件の部屋2 (1)画像引用元:https://www.kagoshima-yokanavi.jp/accommodation/10201

コチラの写真に写っている場所の真裏ということになります。

もし右側から1号室が始まるとすれば、401号室です。

 

さらに、映像が変わると、

桜島ホテル事件の部屋

コチラのコンクリートの床面が写っています。

 

父親の遺書が残されていたことから、警察が押し入った時に勢い余って飛び降り自殺を図った。とも考えられますが、この飛び降りた先は地面のコンクリートではなく、2階にある屋根のように出ている場所です。

 

つまり、父親は4階から2階に飛び降りたということ。

本当に自殺を図るとしたら、低いため不自然と言わざる負えません。

 

さらに、父親の男性は「足」と「腰」をケガしています。

ということは、「飛び降り」というよりは、「着地するために降りた」と考えるほうが自然。

 

これらを踏まえると、父親の男性は3人の子どもたちを殺害し自殺が目的で遺書を書いた。

しかし、飛び降りたのは自殺が目的ではなく、突入してきた警察から一時的に逃れるためである可能性が高いと言えます。

 

遺書を書くに至ったということは覚悟していたのでしょうか。

しかし、思いがけない警察の突入に「今じゃない!!」や「ここじゃない!!」と逃走を図ったのではないでしょうか。

県営住宅では養子の9歳男児の遺体が見つかる 死因は不明

2~9歳の3児死亡 父親が飛び降り負傷 福岡県警捜査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 福岡県警は26日、同県飯塚市伊川の県営団地の一室で、男児が倒れて死亡しているのが見つかったと発表した。県警が父親とみられる男性を鹿児島市のホテルで発見したが飛び降りて負傷し、病院に搬送された。ホテ

桜島シーサイドホテルでの事件が発覚する前日、父親(41)の自宅である県営住宅で9歳の男児の遺体が見つかりました。

桜島ホテル事件父親の自宅場所画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1b267dcd32ce7c8a45996d4ee63e8bb14cc27fe2

コチラの報道映像が


コチラのストリートビューと一致。

〒820-0054 福岡県飯塚市伊川にある「花瀬団地」と判明しました。

 

男児は2月中旬に亡くなっていますが、

子ども3人死亡、男性搬送 父親か、福岡と鹿児島(共同通信) - Yahoo!ニュース
 福岡県警は26日、福岡、鹿児島両県で、子ども3人の遺体が見つかったと発表した。3人の父親とみられる40代男性が病院に搬送されて治療中。両県警は身元を調べるとともに、男性が子どもの死亡に関与した疑い

コチラの記事によると、司法解剖の結果も死因は不明。

目立った外傷もありません。

 

しかし、桜島のホテルで見つかった2人の幼児は

部屋で見つかった幼児2人の遺体に傷があった
参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/f41f144abe4350a87839c047e43720800d7c5933

とあるので、明らかに殺人事件。

 

亡くなった9歳の養子とは明らかに状況が違います。

 

25日に放置されたレンタカーを警察が発見したことを考えると、経営住宅で9歳男児が亡くなる。

その後父親は3歳の男児、2歳の女児とともに鹿児島に行ったと考えられます。

 

ホテルに無事チェックインしたことを考えると、宿泊した時点では子どもたちは無事だったはずです。

 

容疑者の父親は誰?現在わかっている情報

男シルエット

現在、父親(41)は鹿児島のホテルでの2人の幼児殺害の容疑で調査が進められています。

そのため、逮捕時に名前が公開されるハズ。

事件の報道を追って氏名は調査します。

  • 名前:殺人の容疑がかけられているため逮捕時に公開される
  • 住所:福岡県飯塚市伊川にある県営住宅「花瀬団地」(2020年5月ごろに福岡市から飯塚市に転居)
  • 母親の女性とは2020年12月(事件の約2ヶ月前に離婚)
  • 容疑:鹿児島、桜島のホテルにて2人の幼児殺害容疑

 

現在わかっている情報については少ないですが、名前が公開されてしだいコチラのページに追記していきます。

「最後の思い出に」4時間かけ鹿児島へ

父親の男性の自宅である花瀬団地団地から、2回目の事件の起きた桜島シーサイドホテルまでは、九州を縦断。

九州縦貫自動車道を使っても4時間以上の道のりです。

2人の幼子を乗せたままの旅行にしては遠すぎる。

 

車内でずっと子供たちが泣いていたとしても不思議ではありません。

本来なら帰りのことを考えると往復8時間以上の運転になるはず。

父親の男性は「戻らない」と心に決めて鹿児島に向かったに違いありません。

母親は逃げるように離婚か なぜ親権放棄

県営住宅で亡くなっていた9歳男児は養子です。

どのようないきさつで養子を受けることになったのか不明ですが、一部報道では「父親が子供を虐待していた」とあります。

2~9歳の3児死亡 父親が飛び降り負傷 福岡県警捜査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 福岡県警は26日、同県飯塚市伊川の県営団地の一室で、男児が倒れて死亡しているのが見つかったと発表した。県警が父親とみられる男性を鹿児島市のホテルで発見したが飛び降りて負傷し、病院に搬送された。ホテ

コチラの記事には

県警や飯塚市の関係者によると、団地で死亡していた男児は、父親と、2歳児と3歳児の4人暮らしで、2020年5月に福岡市から飯塚市に転居した。母親は同12月に離婚したという。父親は福岡市にいた当時も子どもに対する虐待が疑われるトラブルを度々起こしており、児童相談所などの関係機関が一家の見守りを続けていた。

初めこのように書かれていました。(現在一部文章が消されている)

もしこの報道が真実だとすれば、普通離婚時に親権は母親の元に行くはずです。

 

児童相談所の観点からしても、子供に虐待を行う父親よりも、母親に子供を任せたいと考えるのが普通。

行政書士事務所代表の露木 幸彦(つゆき ゆきひこ)氏は、「父親の8割は親権を取れない」としています。

父親の8割が親権をとれない5つの理由:離婚の養育費、慰謝料、財産分与、親権、調停、不倫、浮気
パソコンで「ご相談の件で」と何度打っても 「ご装弾の件で」と変換されてしまうのですが 少し疲れているのかもしれませんね...
  • 母親の方が子供と関わる時間が長い
  • 安定している仕事についてない人も多く、離婚後の養育費を母親からもらえないことが多い

などの理由から、離婚した場合子供の親権は母親に行く可能性が圧倒的に高いのです。

しかし、9歳の養子の他3歳の息子、2歳の娘と3人とも父親が親権を得ている。

 

(報道が事実であれば)子供の虐待があったにも関わらず、まるで逃げるかのように母親は親権を放棄。

これは父親が子供のみならず、母親に対してもDVなど暴力行為を行っていた可能性がある。そして母親は逃げるように離婚し、一切関わらないようにするため親権を放棄した。

という可能性が高いと言えます。

 

父親の回復を待ってから詳しい調査が始まるとのことですが、罪のない3人の子どもたちの命を奪った罪。

さらに一人は自分たちで育てると養子として引き取ったにも関わらずあまりに身勝手な行為。

 

離婚した母親への相談、あるいは国の制度を利用してある程度の水準の生活を受けることができなかったのかなど、やるせない想いの残る事件。

亡くなった子どもたちのためにも、父親に対して詳しい事情聴取が求められます。

コメント