【超簡単】ジェットコースターや絶叫マシンが1秒で怖くなくなる方法

ジェットコースターの画像

スポンサーリンク

みなさん絶叫マシンは好きですか?

私は「大っ嫌いです!!!」

 

絶叫マシンを好きな人の気持ちが全く分かりません。

怖さで首に力が入ってしまい、一人でムチウチになってしまったことがあるほどです。

 

そこで今回は、絶叫マシンやジェットコースターがダメでダメでしょうがなかった私が、怖くなくなった方法を紹介します。

しかもほとんど一瞬、1秒あればできます。

 

おそらくこの記事をみている人は、
「ホントは乗りたくないけど、付き合いでしかたなく乗らざるおえない」や
「今まさにジェットコースターの順番待ちで恐怖している((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

というような、付き合いを断るのが苦手な心優しい方だと思います。

 

ぜひ紹介する方法を使って怖さを克服してくださいね!一瞬でできますよ!!

スポンサーリンク

絶叫マシンやジェットコースターが怖くなる方法

喜んでいる女性

今まさに順番待ちしている人のために結論から

 

乗っているときに大きな声で叫んでください。

※私は男ですが、やや裏声で「フ~~~~!」や「フォ~~~~!」と言います。
恥ずかしいという方や意中の人にカッコいいところ見せたい場合は低めの「ウォ~~~~~!」「ア~~~~~!」など調整してください。

 

そして

「絶対この乗り物は安心だ」と信じてください。

 

以上です。

 

本当にコレだけ。これで一瞬で怖くなくなります。

もちろん、ジェットコースター好きな人のようにまったく怖くなくなるわけではありません。

 

しかし、ジェットコースターの恐怖で首を傷めるほど怖がりな私が、USJとディズニーランドのジェットコースターの恐怖をほとんど感じずに乗れました。

 

USJには、フライングダイナソーや、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドといった大型のジェットコースターがあります。

 

両方とも足が宙ぶらりんになって踏ん張れません。

フライングダイナソーは、はるか上空から叩き落される恐怖感があります。

 

以前までの私なら恐怖で気分が悪くなるほどでした。

しかし「声を出す」と「安全だと信じる」方法で終わった後に不快感はなく、むしろ一緒に乗っていた「ジェットコースター得意なんだけど」と言っていた人のほうが「ダメだ…怖かった…」というほどでした。

 

その時に初めて乗ったので「慣れた」ということもありません。

 

絶叫マシンが得意な人ほど声を出している

絶叫マシンやジェットコースターが苦手な人は恐怖のあまり目をつぶったり、グッと力をいれて下を向いてこらえてしまいます。

私も同じでした。しかし、こらえても怖いものは怖いですよね。

 

絶叫マシンを楽しんでいる人は「キャーーーーーー!!」や「フォーーーーーーーー!!」「ウォーーーーーーーー!!!」というような大声や叫び声を出していますよね。

安全バーから手を離して両手バンザイ(∩´∀`)∩している人もいるほど。

 

「叫ぶほど怖いならなんで乗るんだ…」と感じていましたが、むしろこれこそが怖さを克服する手っ取り早い方法だったのです。

無意識なのでしょうね。

 

声をだすと力が抜ける

ジェットコースターのスタート時や、乗っている最中に大きな声を出すと分かりますが、心の緊張がほんとうに和らぎます。

 

苦手な人ほどグッと力が入ってこわばりますが、おなかや肩の力を抜いたほうが恐怖心が少なくなりますよ。

 

大きな声で叫ぶことで「楽しんでいる」と脳に錯覚を起こさせるのです。

私の場合は「少し高めの裏声」で叫ぶ方が効く感じがします。

 

このあたりは個人差だと思うのでおまかせします。

 

とにかく乗り物を信じる

絶叫マシンが苦手な人の心境は「もし乗っている最中に事故が起きたらどうしよう」「安全バーが外れたらどうしよう」など、乗り物を信用できない人もいます。

 

私もまさにその一人。誰かに運転されているものや自動で運ぶものを信用しきれない恐怖心があるのです。

 

確かに過去に絶叫マシンやジェットコースターで事故は起きています。

 

しかし、精密機械で管理され、まめに点検をし、常時チェックされているものなので「事故の可能性は極めて低い」と言えますし、それを信じるのです。

 

「この乗り物は絶対に安全」「乗っている最中に事故が起きる可能性はよっぽど低い」

と自分に言い聞かせることでも恐怖心が少なくなりますよ。

 

フリーフォール系の絶叫マシンは上を向くと怖くない

落下するタイプのフリーフォール系絶叫マシンは、落下のタイミングに合わせて上を向くと、怖さが和らぎます。

正面を向いたままだと、視覚から入る「落ちている」という情報が怖さを倍増させます。

 

しかし、上を向くことで「屋根、もしくは空が遠ざかっている」という視覚になるので、怖さが減るのです。

 

ムリにやると首を傷める危険もあるので、落下のタイミングに合わせて自然に上を向くのをおススメします。

 

テレビで紹介された方法は全然効果なかったんですけど

以前私は、ジェットコースターの恐怖心を克服する方法としてテレビで紹介された

  • ドローイン(腹筋)を鍛える
  • 動画を見て予習する
  • 曲がる方向を「右!」や「左!」のように声に出す

という方法を試しました。

 

ドローインは腹筋を鍛えて内臓の浮遊感をなくすため。

動画は次にどんな動きをするか理解しておくため。

曲がる方向を口にだすのは意識と体の進む方向を同じにするためです。

 

本当に怖くてしょうがなかったのでかなり頑張って鍛えて勉強して乗ったところ

「普通に怖いんですけど!!」

ということがあったのでもうやりません。ほぼ効きませんでした。

 

人によってはそちらのほうが向いている人もいるので試してみるのもいいと思います。

 

 

 

並んでいる最中の怖さはしょうがない

絶叫マシンが苦手な人は、並んでいる最中も怖いハズ。本当に痛いほど気持ちがわかります。

しかし、並んでいる最中の恐怖感は正直どうすることもできません。

 

どんなに気を紛らわせても怖いものは怖いですよね。

 

今回紹介した「声を出す」と「乗り物を信じる」を実践し、繰り返し乗ることで「あ、絶叫マシンは楽しいんだ」と感じるようになれば、待ち時間もワクワクできるかもしれませんね。

私はまだその状態まで至っていませんが…

 

スポンサーリンク

なんでジェットコースターは怖いの?

ジェットコースターの写真2

高所恐怖

高いところが怖い、という人は多いのではないでしょうか。

私もかなりの高所恐怖症です。

 

東京タワーや京都タワーは、いるだけで怖くて足がすくみます。

 

子供のころは平気だったのになぜか大人になればなるほど高いところが苦手に。

 

これは人生経験の中で、「高いところから落ちたら危険」という知識を得て本能的に回避しているのです。

 

「ここから落ちたら怪我をするかもしれない」
「命の危険がある」

と感じるためです。

本来は生物として当たり前の感覚ですよね。

 

内臓が浮く感覚

フワッとした浮遊感。力が入らなくなるような不思議な感覚。

夢でビルから落ちる夢をみただけでも、フワッとする浮遊感を感じることも。

 

重力を感じなくなり、内臓が浮くような感覚です。

特にフリーフォールなど、落ちる系の絶叫マシンで起きる感覚。

「面白い」という人もいれば「怖い」という人もいます。

 

日常ではありえないスピード感

ジェットコースターはとにかく早い!

 

日本のジェットコースターを代表するFUJIYAMAでは最高時速が130km /hにまでなります。

ジェットコースターを自撮りしている人の顔がとてつもないことになっているのも納得の早さです。

 

早いスピード感に意識がついていくことができず「怖い」と感じてしまう人もいます。

 

他にも実践した絶叫マシン克服方法

ジェットコースターの写真

もし、「声を出す」と「信じる」方法でも怖さが克服できない人は、私が実践した恐怖を減らす方法を試してみてください。

「空を飛んでいるんだ」と思いこむ

魔法使いやスーパーマン、ドラ〇ンボールのキャラのようになって空を飛んでいる。

今この遊園地の敷地内を自由に飛び回っている。こんな風に考える方法です。

 

子供じみていてバカバカしいと感じるかもしれませんが、恐怖体験の中にも「楽しい」を感じれるので意外に効果あります。

 

目を閉じる

絶叫マシンの恐怖をなくす方法で「目は開けたほうがいい」と紹介されている方もいます。

しかし、視界に入る「高さ」の恐怖をなくすには目を閉じるのが一番手っ取り早いです。

 

絶叫マシンの動画を見たときや、夢で高いところから落ちたような、視界で起きる浮遊感も減らせます。

 

 

ただ、次にどんな動きをするのか予測がつきません。

そのため体がブンブン振り回されることも。

 

同じ動きや単純な動きを繰り返す絶叫マシンには効果が高いですよ。

 

落ちるのではなくジャンプすると考える

「目を開けていたい」「閉じると怖い」という人におススメなのが

意識や考え方を変える方法。

 

たとえば、ジェットコースターやフリーフォールの浮遊感を感じるタイミングで「ジャンプしている」という意識を持つのです。

 

「落とされている」と考えると怖いですが、「自分でジャンプして落下している最中」と考えると恐怖心が減ります。

今ある現状は、自分でコントロールできている状態なんだ。と信じるのです。

 

何回も乗る

荒療治ですが、繰り返して同じジェットコースターに乗って慣れる方法です。

 

ジェットコースターが怖い理由の1つに「不安」があります。

 

どんなに安全点検をしていても「もしかしたら…」「事故も起きているわけだし…」と考え出すと不安が大きくなります。

それなら、なんども乗り「この乗り物は恐怖を感じるが安全だ」と体に分からせてしまえばいいのです。

 

「この人の運手なんだか怖いけど、何度も乗っていたら慣れた…」という感覚です。

 

知人にも「ジェットコースターが怖くて嫌だったが、付き合いで何回も乗っていたら慣れた。今ではむしろ好き」という人がいます。

 

私はその感覚については「ちょっと何言ってるか…」ですが、何度も乗って慣れてしまえばほかのジェットコースターでも恐怖を感じにくくなりますよ。

 

体の向きを傾ける

進行方向を声に出して復習するのと合わせて使えるのが、進行方向にたいして体を傾ける方法。

 

左に進むなら左に傾け、右に進むなら右。落ちるのであれば意識して体を下にむけることで、進行方向のコントロールにつながります。

 

復習ではなく、実践で使える意識コントロールですね。

 

「乗りこなしている」という感覚が恐怖心を減らしてくれます。

 

まとめ

今回はジェットコースターが怖くなくなる方法を紹介させていただきました。

とにかく即効性があり、簡単ですぐできるのが「乗っているときに声を出す」と「乗り物を信じる」ということ。

 

今まさに絶叫マシンに並んでいる人にこそおススメな方法です。

 

私もできることなら平和に、穏便に生きたい人です。

それなのに、なぜワザワザ恐怖を感じに行くのか本当に謎だ。と今でも思います。

 

しかし、ジェットコースターの恐怖を克服できれば遊びの幅はきっと広がるはず。

 

それに、友達付き合いで…や、恋人に誘われて…

など断り切れないシーンもあるはず。

そんな時はぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)