【簡単】RankTrackerでreCAPTHAが表示されてしまう時の対処方法

グラフの画像 IT・ゲーム

ブロガーご用達のランキングチェックツール「ランクトラッカー」。

今回私もランクトラッカーを導入してみたのですが、ランキングチェックするたびに登場する「
reCAPTCHA(リキャプチャ)」に悩まされていたのを解決したので紹介します。

RnakTrackerでreCARPTHAが表示されるときにチェックすべきこと

有料版になっている?

ランクトラッカーには、フリー(無料)、プロフェッショナル(有料)、エンタープライズ(有料)の3つがあります。

 

reCARPTHAを自動で回避するシステムは有料版にしかありません。

「キーワードが多くなっていちいち大変」という方はバージョンアップをおススメします。

 

RankTrackerプロフェッショナル版はコチラ

セーフクエリモードを確認する

今回reCARPTHAがとんでもない数表示される件について公式に確認したところ「セーフクエリモード」の「RankTrackerがセーフモードで検索エンジンのデータを収集する」にチェックが付いているか確認してください。

とアドバイスをもらいました。

 

本来なら無料版を使っていて有料版にアップグレードすると、セーフクエリモードのチェックは自動で有効になるようです。

 

私の場合、いきなり有料版を使ったのでチェックが付かなかったのかもしれませんが、チェックが外れていました。

ラントラッカーのセーフクエリモード

「環境設定」→「セーフティ検索設定」→「セーフクエリモード」で確認できます。

 

私の場合、このチェックをいれただけでreCARPTHAは表示されなくなりました。

確認したい時はラントラッカーの右上にある「すべてチェックする」や各キーワードで検索をかけて表示されなければ成功です。

 

セーフクエリモードでもreCARPTHAが表示される時の対策

「おいおいセーフクエリモードにチェック入れたけどreCARPTHAめっちゃ出てくるんですけど」

という方は他の設定も確認してみましょう。

 

私は今回、ラントラッカー公式に問い合わせたところ英文で返事が来ました。

ラントラッカーの返信

当然私は英語なんて読めませんので翻訳したところ

  • アンチブロックシステムなら、あなたのIPアドレスは保護しならが使えますよ!
  • 使っているライセンス(プロフェッショナル)なら、月に90000までクエリ送信できますよ!
  • アンチブロックシステムの使い方もお伝えしますね(さきほど紹介したセーフクエリモードなど)

という内容でした。

 

もしセーフクエリモードを使ってもreCARPTHAが表示される場合、公式の方に教えていただいたページを参考にしてみてください。

セーフクエリモード以外のreCARPTHA対策(ラントラッカー公式)

内容は

  • アンチブロックシステムについて
  • セーフクエリモードの使い方
  • ラントラッカーのキャプチャ設定について

が紹介されています。

※英文なので読めない人は翻訳してね!

 

ヒューマンシュミレーションも便利だけど遅くなる

「ラントラッカー reCARPTHA 対策」などで検索をすると、公式ページの環境設定が紹介されます。

ラントラッカー公式ページ

コチラの公式ページのステップ6「環境設定の構成」にヒューマンエミュレーションの設定方法が書かれています。

 

コチラもreCARPTHA対策ではあるのですが、ランキングチェックの速度が遅くなります。

 

おそらく無料版を使っている人にも向けた情報なのかなと。

 

一番確かで簡単なのはやはり有料版のRankTrackerを使い、「RankTrackerがセーフモードで検索エンジンのデータを収集する」にチェックを付けるの方法ですね。

 

RankTrackerプロフェッショナル版はコチラ

まとめ

今回はRankTrackerを使っていてたくさんreCARPTHAがでてきて大変!という方の対策方法の紹介でした。

  • 無料版はタダで使えているんだから我慢しなせ!でもヒューマンシュミレーションを使えば少なるかもよ!
  • 有料版を使っている人は「環境設定」→「セーフクエリモード」にチェックが入っているか確認しよう!
  • 私はセーフクエリモードで表示されなくなったけど、ダメなら、コチラのランキングトラッカー公式から紹介されたページを参考に設定してみてね!

でした。

参考になれば幸いです。

 

コメント