プッシュアップバー買ってみたので効果を検証

腕立てふせしている写真

こんにちは!

相も変わらずガリガリです!

今回はなんとかして胸の筋肉をつけるべくプッシュアップバーを買ってみたので、
実際に使ってみての感想とレビューをさせていただきます。

予定ではありますが、一か月の胸筋の変化を追っていきたいなと思います。

スポンサーリンク

プッシュアッパーで筋トレ

プッシュアッパーとは

プッシュアッパーを知らない方のために簡単に説明させていただきます。

別名プッシュアッパーとも呼ばれますが、腕立て伏せの負荷を増やし、より効率的に胸の筋肉を鍛えることができる便利な器具のこと。

 

少し前のプッシュアップバーは水平の棒だったのですが、最近になり改良されました。

棒が斜めになることで腕立てをやりやすくなったものや、床面が滑るという人のために
底面がより密着しやすく滑りにくいものなど様々です。

 

今回は初めてのプッシュアップバーということもあり
基本的なパイプとクッションが下についているものを購入。

 

しかし手首への負担を少なくするため、そして効果的に腕立てするために
バーが斜めになっているものを購入しました。

(それとあんまり高くないものを…)

 

買ってみた

今回買ったのはコチラ。

E-PRANCE プッシュアップバー 腕立て伏せ トレーニング 筋力アップ 肉体改造
E-PRANCE
写真は足の部分のスポンジ写っていませんが、ちゃんとついています

E-PRANCEさんのプッシュアップバー。値段が1000円ちょっとなのでかなり安い。

他にも高級なものや形のかわったものなど色々ありましたが初めてなのでオーソドックスなタイプのものを買いました。

そしてもちろんレビューが良い物を。

 

プッシュアップバーパッケージの写真

届いたのがコチラ。

毎回思いますが、Amazonから届いたものを開封する時ってなんか嬉しいですよね。

 

箱を持った時にまず感じたのは「軽い!」ということ。

金属ではないのでとても軽量。これなら場所を移動させるのに便利ですね。

 

プッシュアップバーの裏面の写真

裏面には簡単な使い方が書いてあります。英語なので読めませんが、絵を見れば大体分かりますね。

プッシュアップバーに入っていたものの写真

こちらが箱の中身。特に説明書などもありませんでしたが、足に差し込めばいいだけなので簡単です。

プッシュアップバー本体の写真

コチラが組み立てたもの。

手を持つ部分がスポンジになっているので汗をかいても滑ることはありません。

そして棒が斜めになっているのがすごく楽。

腕立てをするときは体が斜めになるので、体の向きに対して垂直に握る形になり手首が痛くありません。

 

手首に変な力が入っても鍛えたいのは胸筋肉ですからね。

 

それとプッシュアップバーのパイプ部分の素材はいろいろなものがあります。

簡易的なプラスチックのもの。

しっかりとした金属製のものなどさまざま。

今回私が選んだのはPVCです。

 

PVCはポリ塩化ビニールのこと。商品説明に一緒にABSと書かれているが、PVCにABS樹脂を混ぜたものだと考えられる。

ちなみにPVCはビニールハウスの素材にも使われるほど高い強度。

軽くて強い。これが選んだ理由の一つ。

 

部屋がそこまで大きくないので、プッシュアップバーを置きっぱなしにできないです。
(引っかかって転んだるする)

 

ちょっとしたときに軽く持てるものがよかったのです。

しかしあまりに簡素なプラスチックだとレビューの中には「はめるときに割れた」なども書かれていたのでこちらを購入しました。

 

置いておく位置を変えない人は金属製の重さがあるものもいいかもしれませんね。

 

滑らないのか

プッシュアップバーでたびたび話題になるのが、「すべってしまって使いにくい」という問題。

そこで実際に滑らないか検証してみました。

 

まずは絨毯。

絨毯の上で滑らない写真

グッと前の方に押してみましたがビクともしません。

足部分のスポンジがしっかりと聞いているのが分かります。

次にフローリング。

フローリングでも滑らない写真

フローリングでも滑りません。

絨毯に比べると若干ズレることがありますが、上から体重を乗せれば滑りません。

ホコリが溜まっていれば滑りやすくなるかもしれませんが、その場合は掃除してください。

 

床が傷つかいないか

フローリングで使ってみましたがスポンジ部分が優秀なので傷は付きません。

なのでこのままでも使えます。

もしそれでも心配な方はトレーニングマットを下にしいて使うと安心できると思いますよ。

 

 

一か月間の変化を追ってみた

どれだけ効果があるのかを検証するために、一か月間の胸の筋肉の写真を撮っていきたいと思いっます。

どうやら上半身なにも着ないのはよくないようなので、服のうえからですが、密着しているので分かると思います。

 

 

ひとまず最初の1週間は30回を3セット。

余裕があれば4セット行っていきます。

 

初日の写真

筋トレする前の胸板の写真

う~んすがすがしいほどにガリガリですね。

生まれつき太りにくく筋肉が付きにくい体質ですが、プッシュアップバーで頑張ってみたいと思います。

 

まとめ

この記事は現在進行形で検証しているので日々更新していきます。

胸板を少しでも厚くできるように頑張ります!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です