アマゾンパントリーと買い合わせ商品の違い 便利なのはどっち?

ショッピングカートの写真

Amazonが提供しているサービスの一つに『アマゾンパントリー』というものがあります。

 

パントリーボックスと呼ばれる箱で商品が届くシステム。

オンライン上で買い物をするときに、パントリーボックスが100%になるまで好きなだけ商品を詰めることができます。

 

100%を超えてしまう商品の量になってしまうと次のパントリーボックス。

もし100%未満の商品購入は、商品の量に合わせた箱でまとめて商品が届きます。

 

箱に詰めてまとめて商品を発送…

しかしAmazonにはシステムはが似ている「買い合わせ商品」というものがあり、いまいちパントリーボックスとのシステムの違いが分かりにくいのでは。

ということで今回は似ているサービス『アマゾンパントリー』と『買い合わせ商品』の違いについてまとめてみました。

 

どちらのサービスを利用した方がお得なのか。などなど参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アマゾンパントリーと買い合わせ商品の違い

 

「商品をまとめて購入してまとめて発送する」

Amazonパントリーも買い合わせ商品も本当に簡単に考えるとこのようなシステムです。

 

しかしアマゾンパントリーは手数料が290円かかってしまいます。

 

「手数料がかかる分買い合わせ商品の方が得なのかな?」というのはちょっと待って。

 

それぞれの特徴を分かりやすくまとめてみたのでもう一度確認してみてください。

 

Amazonパントリーとは

Amazonパントリーはアマゾンプライム会員だけが受けることのできるサービスです。

一般会員の方はサービスを利用できません。

 

細々した商品(カップラーメン1個、お菓子1個、ペットボトル1個、しょうゆ1本などなど)を1個単位で注文することができる。

 

パントリーボックスを利用して商品を発送するためには手数料として別途290円必要になります。
ただし対象の商品をパントリーボックス内に5つ入れるだけで手数料290円が無料になります。

 

日用品などをまとめて1箱で送ることができて便利

 

買い合わせ商品とは

プライム会員だけでなく一般会員の方も利用することができます。

 

細々した商品(乾電池1個、ティッシュボックス、トイレットペーパー、ぼーる1本などなど)を1個単位で注文することができます。

 

目的の買い合わせ商品を含めた商品の合計が税込み2000円以上になることで購入できます。

 

買い合わせ商品だけで2000円以上にすることもできますが、他の商品で合わせて2000円以上にする場合は足りない値段分の商品をAmazonから直接発送される商品である必要があります。

 

違いは?

疑問をイメージした画像

まとめて商品を発送するという意味ではとても似ています。

しかし、『アマゾンパントリーはプライム会員だけしか利用できない』というのがまず大きな違い。

 

そしてもう一つは『アマゾンパントリーの方がより細かい単位で注文できる商品が多い』ということです。

 

例えばカップヌードル1個を例にしても、アマゾンパントリーであれば『シーフード味1個だけ』という注文の仕方ができますが、他の方法で買おうとすると最低の単位が20個単位です。

 

買い合わせ商品も乾電池や日用品を1個単位で買うことはできますが、さすがに「ポテトチップス1個」という買い方はできないようですね。

 

使い分けはどうすればいいの?

一般会員はアマゾンパントリーを利用できないので選ぶことはできませんが、プライム会員がもし使い分けるとしたら目的で選ぶと使い分けしやすいですね。

 

パントリーボックスの利用が便利なのは
・一人暮らしの子供への仕送り
・実家の家族へ食べ物や生活品を送る
・必要な生活品をまとめて

このような使い方です。

 

もともと2000円以上の買い物をする予定があって、ついでに気になった商品を買う。というのであれ買い合わせ商品が便利なのではないでしょうか。

 

アマゾンパントリーはまとめて届くから便利

郵便ポストの写真

アマゾンパントリーの大きなメリットは、『まとめて1箱で届く』ということ。

 

パントリーボックスでなくてもAmazonでは通常配送をまとめて注文できますが、箱が分割されたり商品によっては日をあけないと届かないものもあります。

 

しかしアマゾンパントリーは1箱で届くので受け取りがとても楽。

 

プライム会員限定のサービスになってしまいますが、日用品をまとめて買うときはAmazonパントリーの方が便利ですね。

対象商品を5つ箱に入れてしまえば手数料は無料になります。

 

まとめ

Amazonパントリーは、
・プライム会員しか利用できない
・まとめて届くので楽
・細かい日用品を1個単位で買える
・対象商品を5つ買わないと290円の手数料がかかる

 

買い合わせ商品は
・一般会員でも利用できる
・商品合計を2000円(税込み)以上にしないと注文できない(Amazon発送のものに限る)
・送料は、買い合わせるものに依存

 

このような違いですね。

パントリーは確かに便利ですが、対象商品に欲しいものが5つ以上なければ手数料290円かかってしまうのも勿体ないですね。

まぁその分送料はかかりませんが。

 

使い分けのポイントは『何を買うのか』で決まりそうですね。

食品や日用品ならAmazonパントリーがお得だと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です