野津英滉はアスペルガー症候群や発達障害か⁉凶器にボーガンを選んだ理由とは⁉

ボーガン事件 野津英滉

野津英滉容疑者の事件内容や近隣住民の話から、のずひであき容疑者はアスペルガー症候群発達障害の可能性があると考えられます。

過去に起きたアスペルガー症候群と診断された事件を振り返り、今回の野津英秋のボーガン事件を調査しました。

ボウガンを凶器にした理由も考察します。

野津英滉ボーガン事件新しい情報

ボーガン事件ニュース画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ac7b1cffe7a7c1351f6eca23d5be010a55d1a4ef

4日午前10時15分ごろ、兵庫県宝塚市安倉西の住宅で「矢が刺さった女性が助けを求めている」と近所の人から119番があった。兵庫県警によると、女性2人と男性1人が矢で撃たれ死亡。助けを求めた女性1人も矢が刺さって重傷という。県警は殺人未遂の疑いで同市安倉西、自称大学4年、野津英滉(ひであき)容疑者(23)を現行犯逮捕。調べに「家族を殺すつもりでやった」と供述している。県警は容疑を殺人に切り替えるとともに、家族間のトラブルがなかったか事件の経緯を詳しく調べる。

参照:https://www.sankei.com/affairs/news/200604/afr2006040027-n1.html

野津英秋容疑者についての新しい情報は

  • 重傷者だった男性が亡くなったため、死者は3人になった
  • 全員殺すつもりだった」と家族に対し非常に強い殺意があった
  • 叔母(おば)は首にボーガンの矢がささったまま助けをもとめた
  • ボーガンは1階で発見され、長さが50㎝以上
  • 70代祖母が1階の居室(普段いる場所)。40代の母親は1階リビング。20代の弟は洗面所付近で発見された
  • ボーガンは至近距離から放たれていて、計5本発射。弟だけ2本打たれている

です。

野津英秋容疑者は普段からもトラブルを起こしていた

事件の起きた家の近くに住む、のず容疑者を知る50代の女性は「自分から話すタイプではなくおとなしい印象だった」「小中学校の登下校はいつも1人」と話しています。

そして、別の近所の主婦(38)によると、「何回も警察官が来ていた。近所からクレームが入っていた」と話しています。

 

このことから、野津ひであき容疑者は普段から家族間でトラブルを起こし、繰り返し警察沙汰になっていたことが分かりますが、さらに根深い問題は「小中学校の登下校がいつも1人だった」ということ。

 

普通小中学校の登校は、近所の同じ学校の子供たちと一緒に登校します。

そして帰りも防犯のために集団下校。あるいは友達同士でワイワイしながら下校。なんてよくある話です。


事件現場から最も近い小学校は、「宝塚市安倉小学校」です。

事件の起きた場所は兵庫県宝塚市安倉西2丁目3。

おそらく野図容疑者もこの小学校に通っていたと考えられます。

 

地図を見る限りだと事件現場の南、宝塚市安倉西3丁目や4丁目までは同じ小学校だったと考えられます。

安倉西3丁目や4丁目まで住宅が立ち並んでいることからも、「毎日1人で登下校」というのはあまりに不自然です。

 

このことから考えられるのは、野津英滉容疑者は
他社とのコミュニケーションを取るのが苦手で、孤立しやすかった」「対人関係能力に障害があった」とも考えられます。

 

警察が家に来て、近隣からクレームがくるようなトラブルは普通起きないのです。

野津英滉容疑者アスペルガー症候群や発達障害の可能性

ボーガン事件現場検証画像引用元:https://www.sankei.com/affairs/photos/200604/afr2006040028-p1.html

「小学校中学校時代から常に一人だった」「警察が来るほどの家庭内トラブル」。

このことから考えられるのは「対人関係の障害」や「コミュニケーション能力の障害」です。

 

「相手の気持ちが理解できない」「言っていることがわからない」というのを理由に孤立してしまうのは小さな子供でもありえる話。

そして「突然怒りだす」といった人に考えられるのが、アスペルガー症候群や発達障害です。

こちらの野津容疑者を知ると思われる人物の書き込みとも合点がいきます。

 

アスペルガー症候群の人の特徴に

  • 「空気」や、しきたり、「暗黙の社会的ルール」を理解するのが苦手
  • 感情表現が苦手で空気を読まない発言
  • 相手の心情を読み解くのが苦手で言われたこととそのまま真に受ける
  • 予想外の出来事にパニックを起こすことがある
  • 1つのことにこだわってしまい、人付き合いをさけ没頭してしまう

などがあり、発達障害の特徴には

  • 自分の思い通りにならないと急に怒ったり泣きわめいたりする
  • 周囲からは「わがまま」や「自分勝手」と思われやすい

などがあります。

 

今回起きた凄惨な事件。しかも実の祖母、母親弟を殺め叔母にも重傷を負わせています。

普段のトラブル、あまりに極端な自分勝手な行動を見る限り、なんらかの障害を持っていたと十分考えられます。

アスペルガー症候群と診断された過去の事件

ボーガン事件で野図容疑者は「全員殺すつもりだった」という恐ろしい発言をしています。

明確な殺意があったことは間違いありませんが、それも人に向かってボウガンを打つなんて狂気の沙汰であまりに身勝手な犯行です。

 

過去にも起きた似たような事件で、「アスペルガー症候群」と診断されたものを紹介します。

佐世保女子高生殺害事件

2014年7月に長崎県佐世保起きた事件です。中学生が同級生の首を絞めて殺害した事件。

容疑者の少女は、事件以前に「アスペルガー症候群」と診断されています。

知人で会った同級生の首を絞めるなんて異常行動以外のなにものでもありません。

同じ佐世保では2004年に小6女児による同級生殺害事件も起きています。

神戸連続児童殺傷事件:酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)事件

1997年に兵庫県神戸市で起きた当時14歳による連続殺人事件。

少年が名乗ったことから別名「酒鬼薔薇聖斗事件」ともいわれます。

 

AKB48握手会傷害事件

2014年5月、岩手産業文化センターのAKB48の握手会イベントで、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人(入山杏奈、川栄李奈)とスタッフ1人を切りつけ、負傷させた事件。

AKB48握手会襲撃事件とも呼ばれる

犯人は青森県の24歳の男。逮捕後に「誰でもよかった」と供述しており、犯人はAKBのファンでもなく興味はなかったとのことです。

 

これらアスペルガー症候群として診断された事件に共通するのは「動機があまりに不可解」ということ。

言い換えると、確固たる理由はなく、自分の感情を満たすためだけに他者の痛みを考えないあまりに自分勝手な犯行といえます。

 

今回の事件も、日々トラブルが起きていることから犯人の野津容疑者は怒りやすい性格で、家族間はうまくコミュニケーションをとれていなかったということがわかります。

 

怒りを理由に殺人事件を起こすのは完全に異常行動です。

のずひであき容疑者はボウガンの危険度を知っていた

野津ひであき容疑者は、今回の事件でボーガンを凶器に選んでいることから、ボーガンに殺傷能力がある。ということをあらかじめ知っていたことになります。

 

しかし、普通の一般人はボーガンを「なんとなく危険なもの」という認識はあるかもしれませんが、人の命を奪う道具とは普通考えません。

それどころか、ボーガンがどんなものか良くわからない人もいるほどです。

 

ボーガンが危険で殺傷能力があるという知識を得たとするなら、ゲームを遊ぶことで知った可能性が高いです。

 

ボーガンが武器として出てくるゲームは、モンスターハンターやゼルダの伝説など数多くありますが、人を殺めるという意味で使われるゲームで競技人口が多いのは

  • 荒野行動
  • PUBG
  • フォートナイト

などです。ボウガンではなくクロスボウという名前の場合もあります。

 

それぞれ亡くなった被害者が見つかったのはそれぞれ、1階の居室、リビング、洗面所です。

発射して装填を繰り返したはずですが、あまりに手際が良すぎます。

 

アスペルガー症候群の症状の1つに「興味や活動をパターン化させる」というものがあります。

一部の物事に異常なまでにこだわってしまうことですが、日常的にスマートフォンやパソコンのゲームを繰り返し、知識を得て今回の犯行におよんだということは十分考えられます。

 

人同士が戦うゲームに登場する武器がほとんどが銃などです。

しかし、そのなかでも唯一手ネットなどでも買うことができ、知識があり殺傷能力があるものとしてボーガンを選んだのではないでしょうか。

 

日本では成人の方なら防犯目的でボーガン(クロスボウ)を買うことが出来ます。

しかし、防犯目的としてはあまりに危険なものです。

 

今後販売すること自体禁止にしてもなんら問題ないのではないでしょうか。

 

野津英滉の大学を特定‼顔や住所Facebookは?神戸学院大学三田ゼミか
兵庫県宝塚市安倉西で起きた野津英秋容疑者によるボーガン殺人、殺人未遂事件の起きた住所を特定しました。犯人の野津英滉(のずひであき)容疑者のFacebookやSNSを調査しました。のずひであき容疑者は現在大学生。神戸学院大学に通っていた可能性が高いです。

野津英滉容疑者の大学や、事件の起きた場所を特定しました。

野津英滉の顔公開‼現在はイケメンで彼女がいた⁉事件の動機は過去のトラブルか
ボーガン事件の野津英滉容疑者の顔が今風お兄系のイケメンで、彼女がいるという情報について調査しました。野津英秋容疑者は以前からキレやすい性格だったとのこと。のずひであき容疑者が事件を起こした動機は「家族との過去のトラブル」という情報も詳しく調べていきます。

現在の野津容疑者の顔を調査しました。

条例でボーガン販売禁止も「意味がない」の声 過去に起きたボーガン事件は20歳以上ばかり
野津英滉(のず・ひであき)容疑者が起こした宝塚ボーガン4人殺傷事件を受け、青少年にたいして条例でボーガンの販売が禁止されましたが、ネット上では「意味があるのか?」といった声が挙がっています。過去に起きたボウガン事件をヒントに、必要な対策を考察します。

兵庫県の条例で18歳未満に対してボウガンの販売が禁止されました。ただ「意味がない」の声が多数あがっています。

野津英滉容疑者の顔写真は間違い‼正しい犯人は?間違えられたの誰?
宝塚市ボーガン殺傷事件で逮捕された野津英滉容疑者の顔写真が間違って報道された問題で、間違えられた画像と正しい犯人の顔写真を調査しました。中学と高校の卒業アルバムが正しいのずひであき容疑者の顔写真で、サッカーのジャージを着ているのが間違い写真です。

読売テレビの報道で、まったく関係ない爽やかイケメンの男性が野津ひであき容疑者として報道された件について調査しました。

コメント