軟水 硬水 中硬水 それぞれの違いと特徴 世界と日本では基準が違う

ミネラルウォーターの写真

みなさんお水の種類について考えて飲まれたことはありますか?

「ダイエットウォーター」が流行してきた頃から海外のお水をスーパーでも見かけるようになりましたが、
飲料水というのは本当に色々な種類のものがあります。

メーカーやブランドを挙げたらきりがないのですが、もし大きく分けるとしたら
『軟水』『硬水』『中硬水』に分けることができます。

同じ水ですがそれぞれ特徴がバラバラ。

そんなお水の違いと特徴を紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

水の種類とその違い

種類の違う水の写真

軟水と硬水の違い

水の種類は大きく分けて『軟水』と『硬水』に分けられます。

その真ん中に『中硬水』があります。

 

軟水と硬水の大きな違いはカルシウムやマグネシウムが水の中にどれだけ入っているのか。で分けられます。

水の中にカルシウムやマグネシウムがどれだけ入っているかの単位を『硬度』と言い、
WHO(世界保健機関)の基準では
水の中に120mg以上含まれているものを『硬水』
そして120mg未満のものを『軟水』と言います。

 

ただしこれはあくまで世界基準。

日本では100mg以上か100mg未満かという考え方が多いようです。

 

世界基準と日本基準は違う

WHOが発表している高度の基準は国によって考え方が違うようです。

 

WHO(世界保健機関)基準

種類 硬度
軟水 0~60mg/L未満
60~120mg/L未満
硬水 120~180mg/L未満
180mg/L以上

コチラが世界基準の硬度。

 

日本基準

種類 硬度
軟水 1~100mg/L未満
中硬水 100~300mg/L未満
硬水 300mg/L以上

国ごとに硬度の考え方に差があるようです。

もちろん正しいのはWHO発表の世界基準の数字ですが、最も大切なのはあくまで『硬度』

どのくらいのカルシウムやマグネシウムが含まれているのか。で判断するとピッタリの水を見つけることができるはずです。

お水のボトルに書いてある数字を確認すると良いですね。

 

それぞれの水の特徴

グラスと水の写真

日本の水道水は『軟水』です。
全国の硬度の平均は約「50」ほど。

都道府県によってかなりバラつきがあり

特に硬度が低い 山形 宮城 愛知 広島 島根 硬度が30未満
特に硬度が高い 千葉 沖縄 硬度が80以上

といったように地域によって様々な高度です。

 

硬水を初めて飲んだ時にいつもとは違う味の違和感を感じた方もいるかと思いますが、
違和感の正体はマグネシウムやカルシウムの味。

硬度が高ければ高くなるほど味に重さや苦み、硬さを感じるようになり
硬度が低ければ低いほど飲みやすく、スッキリと和らかい味になるのです。

 

軟水

味がほとんどないので飲みやすいのが特徴。

繊細な味わいが求められる日本料理に向いている水です。
硬水で日本料理を作ってしまうと味が崩れてしまうことも。

 

肌に優しく、硬度が高くカルシウムやマグネシウムを多く含む水で肌を洗うとつっぱったり、髪の毛がギシギシします。

人間の体に影響が少ない水ということもあり日常生活では使いやすいです。

 

日本人はもともと硬水を飲み慣れていないため、カルシウムやマグネシウムが多く入った水をたくさん飲むとお腹をくだしてしまう人もいます。

胃腸の弱い方には軟水がオススメです。

 

硬水

カルシウムやマグネシウムが多く含まれた水。
飲むだけで体にミネラルを補給できます。

ミネラルには便秘解消効果があるので、「ダイエットウォーター」としてコントレックスなども流行し有名になりました。

 

素材のアクを出しやすくする効果があるので、洋風の鍋や煮込み料理に向いています。

カルシウムやマグネシウムには動脈硬化を予防する働きもあります。

 

しかし、腎臓が弱くカルシウムを上手く体内で処理できない体質の方だと、結石ができやすくなってしまうというデメリットもあります。

便秘が解消されて痩せても健康被害を受けてしまっては意味がありません。

そしてお腹がゆるくなってしまうので、飲み過ぎには注意したいところですね。

 

硬度が高い水はなんと1500以上あるものまであります。

 

中硬水

パスタをゆでる写真

先ほど1Lの中にカルシウムやマグネシウムが120mg以上入っていると硬水。と説明しましたが、
これはあくまで世界的な基準です。

 

日本では100mg/l~300mg/lを中硬水と呼び、300mg以上を硬水と呼ぶことが多いようです。

 

硬水でお茶や紅茶を作ってしまうと味を損なってしまうことがありますが、中硬水なら沸騰させることで硬度が下がり味がまろやかになります。

 

軟水よりも硬度が高い方がパスタをゆでるのに適していたり、煮込み料理の煮崩れを防いでくれるので使い方によっては便利な水です。

スポンサーリンク

海外はほとんどが硬水

グラスに注がれる水の写真

日本でおなじみのウォシュレットトイレ。
キレイに洗い流せるので便利ですよね。

しかし日本で愛用者が多いのになぜか海外では流行っていませんよね。

実はこれは「世界の多くが硬水地域」というのが理由の一つ。

アメリカではニューヨークやサンフランシスコ
その他ケニアやベトナム、オーストラリアの一部地域で軟水が使われていますが、硬水地域の方が多いです。

 

硬水は水の中にカルシウムやマグネシウムが多いので、ポンプやノズルが詰まって故障しやすくなってしまうのです。

日本の水ほどキレイではないというのも大きな理由ですが、ウォシュレットの幸せを感じることができないなんて本当に可哀想…

 

ちなみに日本のシャンプーやボディーソープを海外で使おうとしても全然泡が立ちません。

海外の水はほとんどの場所で硬水なので、泡立ちが悪くなってしまうのです。

 

逆に海外のシャンプーなどを日本で使うと泡立ちが凄いことになります。

 

世界で水道水が飲めるのは15か国だけ

ホースで遊ぶ犬の写真

すこし脱線した話ですが、水道水がそのまま飲める。というのは世界的にもかなり珍しいのです。

地域によって死につながるので絶対に飲んではいけない。なんて国も。

 

水道水は飲み水ではなくあくまで生活用水として考える地域が多い中、水道の環境整備された日本は素晴らしいですね。

 

世界で水道水が飲めるのは

・日本
・ニュージーランド
・オーストラリア
・南アフリカ
・ソレト
・モザンビーク
・クロアチア
・アイルランド
・スロベニア
・ドイツ
・オーストリア
・アイスランド
・スウェーデン
・ドイツ
・フィンランド
の15か国。

アフリカ地域は全体的に水を飲んではいけない地域ですが、南アフリカは環境整備が行き届いているようですね。

 

まとめ

今回は軟水と硬水。そして中硬水について紹介させていただきました。

本来は世界基準で判断すべきなのでしょうが、国ごとによって軟水と硬水の考え方は少し違うようです。

 

最近の飲料水には硬度が記載されているものが多いです。

1L中の中にどれだけカルシウムやマグネシウムが入っているかで数値を見て判断すると選びやすいです。

日本の水道水は平均50ほど。

もし飲み慣れた水に近いものが良いのであれは50前後の硬度の水を探し、栄養補給を考えるのであれば数値の高い物を選ぶと良いかと思います。

ただ、数値が高くなれば高くなるほど味も変わり体に影響が出る可能性もあるのでくれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です