長崎市中尾ダム高校生転落死亡事故は中尾大橋北側「自業自得では?」厳しい声も

中尾ダム転落事故 ニュース

11月14日夕方、長崎市田中町にある中尾ダムで、友人3人と釣りに来ていた17歳の高校生がダムに転落し亡くなった事故で、転落事故が起きた場所や過去の事故について調査しました。

ネット上では「立ち入り禁止区域だったのになぜ入った」「看板しっかり読まないと」「自業自得じゃないのか?」など厳しい意見が多く挙がっています。

中尾ダム高校生転落死亡事故の場所はどこ?

中尾ダム転落事故画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2cda6273b8ea8adefb3e5b8d9c790baf59b10942

こちらの報道に映っている映像を元に転落事故が起きた場所を調査したところ


コチラのストリートビューと完全に一致することが分かりました。

この場所は、中尾ダムの中でも南西にある「中尾大橋」の南側です。

 

救助活動をしているのが対岸に映っているので、転落事故が起きたのは反対の北側。

この地図の位置ということがわかりました。

「大物を」事故が起きた場所は人が入らないガードレールの先

転落事故が起きた場所に至るまでには、

このストリートビューに映っている、舗装された下り道があります。

友人3人とこの斜面を下って事故現場まで下りていったことになります。

コチラの上空写真を見る限り、事故が起きた現場の崖ともいえる斜面の手前にはガードレールがあり、これ以上中に進めないようになっています。

 

しかし、より人が来ないようなスポットで大物を狙おうとしたのでしょうか。

急な斜面があるにも関わらずガードレールを超え、足元が土で滑りやすい崖に入ってしまい転落したことが分かります。

中尾ダム転落事故

画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2cda6273b8ea8adefb3e5b8d9c790baf59b10942

捜査員が救助活動をしているこの写真では、人が立てるような足場があります。

夏が終わり雑草が少なくなったとは言え見通しの悪い場所。

 

足もとも見えにくいですし、転落してしまったら自力で上がるのは不可能です。

立ち入り禁止の場所に対して厳しい声も

高校生3人は、中尾ダムの中でも立ち入り禁止の場所に入って釣りをしていました。

この件に件にかんしてネット上では厳しい声が寄せられています。

 

立ち入り禁止しているのは そういう理由があるからだと思う

https://twitter.com/BIG3REG9/status/1327828054719176706

立ち入り禁止は足場悪い上に暗く危ない,,,マリンスポーツにライフジャケットは必須です

 

立ち入り禁止の場所に何故に入るのか…(-_-;)ダムの近くなんてそれこそ危険なのは分かる筈でしょう…(-_-;)

 

遊泳場じゃない場所では岸はヌルヌルなのです。泳げても上がれないことがある。琵琶湖畔でさえ大丈夫かと心配しながら釣り人を見守る事がよくある。ましてやダムは怖いよ。

 

今回の事件は、誰が見てもわかる「立ち入り禁止区域」で起きています。

立ち入り禁止にしているのには訳がある。

転落事故など防ぐために設けているのに、無視して入ってしまった以上、責任問題は自分にあるとか言えなくなってしまうようです。

 

どんな理由であれ高校生の命が失われた凄惨な事故。

心よりご冥福お祈り申し上げます。

コメント