盛藤吉高(もりとうよしたか)被告の顔は?刑務所は天国だが行き先は地獄の可能性大

盛藤吉高被告 ニュース

5月の末に福島県三春町起きた、ボランティア部活動の人を2人ひき逃げした罪で逮捕された盛籐吉高(もりとうよしたか)容疑者が、殺人の罪で再逮捕された。

盛藤よしたか容疑者は、「刑務所に戻りたかった」と証言していて、あたかも「刑務所は社会生活よりも楽だった」「天国だった」だから戻りたい。といったような発言をしていますが、罪として最も重い死刑になる可能性が浮上してきました。

 

この場合天国どころか真逆の地獄に行くことになります。

「刑務所戻りたくて」

福島県三春町の国道で5月、清掃中の男女2人が死亡したひき逃げ事件で、福島地検郡山支部は30日、逮捕された男を殺人などの罪で起訴し、発表した。捜査関係者によると、「(ひき逃げの対象は)誰でもよかった」と供述しているという。

男は住居不定・無職盛藤吉高容疑者(50)。起訴状によると、5月31日午前7時55分ごろ、知人から盗んだ準中型トラックを時速60~70キロに加速させながら、国道288号沿いで地域の清掃活動をしていた、いずれも同町の会社員、橋本茂さん(当時55)と三瓶美保さん(同52)をはねて殺害し、逃げたとされる
参照:https://www.asahi.com/articles/ASN6Z7GP4N6ZUGTB01K.html?iref=comtop_8_07

事件をまとめると

  • 2020年5月31日に、盛藤吉高容疑者の運転するトラックに、橋本茂さん(当時55)と三瓶美保さん(当時52)が引かれ亡くなる。
  • 当時は「ひき逃げ事件」とされ「自動車運転死傷処罰法違反」で盛藤よしたか容疑者は逮捕された。
  • しかし、警察の調べで「刑務所に戻った方がまし」「誰でもよかった」と証言していることがわかり「殺人罪」が適用された

 

リアルタイムで記事を書いていましたが、ボランティア活動されている善良な一般市民を、ひき逃げなんて胸糞悪い事件だ。と感じていましたが、それ以上に動機が悪質。

故意ということで社会的怒りは大きいものになりそうです。

過去に書いたのはコチラ

盛藤吉高容疑者の顔やFacebookTwitterは?飲酒を隠すための逃走か?
盛籐吉高(もりとうよしたか)容疑者のTwitterやFacebook顔写真を調査しました。もりふじ容疑者はボランティア2人をひき逃げした後に逃走していたことから酒を飲んで運転し、飲酒隠ぺいの疑惑がもたれています。盛籐よしたか容疑者はなぜ逃げたのか考察します。

事故の起きた場所などを正確に調査しています。

盛藤吉高被告の顔公開‼

盛藤吉高被告の顔

殺人罪が適応されたことで、盛藤よしたか被告の顔が公開されました。

マスクをつけていますが、

  • やややせ形
  • 耳が大きい
  • 福耳
  • 髪を少し染めている
  • 面長
  • 垂れ目
  • 垂れ型の眉毛

これだけのことが分かります。

さらに、周りの男性警察官よりもやや身長が高いことから175㎝~180㎝前後の身長ということが考えられます。

盛藤吉高容疑者当初の刑期

5月31日の逮捕の時点では、盛藤よしたか容疑者は「自動車運転死傷処罰法違反」(通称:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)で逮捕されました。

 

自動車運転死傷処罰法違反には大きく二つあります。

(1) 危険運転致死傷罪

危険運転行為をした結果、人を死に至らしめた事故に適応される法律です。

  • 飲酒
  • 違法薬物
  • スピード超過
  • あおり運転
  • 信号無視
  • 通行止め無視

など危険な運転が引き金になって起きた死亡事故に対しては

人を負傷させた者は12年以下の懲役に、人を死亡させた者は15年以下の懲役

が課せられます。

状況によって刑期は大きく左右しますが、そもそも危険な行為とわかっていたうえでの運転なので、重罪が言い渡されるケースが多いです。

(2) 過失運転致死傷罪

「過失運転致死傷罪」は、運転する際に必要とされる注意を怠ってしまった結果、相手を死なせてしまった場合に適応される法律です。

 

仕事やプライベートでの巻き込み事故や、追突事故など。

不注意が原因で相手を死なせてしまった場合

人を死傷させた者に7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

が課せられます。

もし無免許だった場合は加重され、罪が重くなります。

 

もし「自分の府中による事故の結果ボランティア活動をしていた2人を死亡させてしまった」のであれば、もりふじよしたか容疑者は「過失運転致死傷罪」によって裁かれていたことなります。

無差別殺人は死刑がありえる

盛藤吉高被告は「刑務所に戻りたかった」「誰でもよかった」という発言をしています。

そして殺人罪で逮捕されました。

殺人罪:殺人罪の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役である。

法律上の減軽や酌量減軽により5年未満の刑を宣告することは可能である。

「誰でもいい」ということは、車という凶器を使った猟奇的犯行。「無差別殺人事件」ということになります。

 

「殺人罪」で逮捕された藤森吉高容疑者ですが、今回の「無差別的」つまり「通り魔敵」ともいえる犯行は、最高刑「死刑」があり得るのです。

 

通り魔殺人や、無差別殺人の量刑はとても重く

酌量の余地は全くなく、理不尽かつ身勝手極まりない言語道断の犯行である。」という評価を受けます。

参照:https://lmedia.jp/2014/06/05/53245/

 

そして、もし被告側にとって情状酌量の余地があったとしても通り魔的犯行から

凶悪重大犯」「極めて悪質」「社会に与える影響が大きい」とされ死刑、無期懲役になる可能性が高いのです。

 

事実、通り魔殺人は、未遂で終わったとしても懲役10年という重い刑が下ってもおかしくない事件。

「刑務所に戻りたかった」というあまりに自己中心的で身勝手な今回の犯行。さらに2人の命を奪いう行為。

 

盛藤吉高被告は「しばらく刑務所にいたい」と考えたかもしれませんが、裁判で死刑が決まれば震えてすごす毎日になるはずです。

コメント