格安SIMに変えるための準備 やっておいた方がいいコト

スマートフォンを手に持っている写真

今のスマートフォンやケータイ電話から格安SIMに変更するぞ!と考えた時、何も準備せずに行き当たりばったりは危険。あとあと面倒くさいことになりかねません。

そこで今回は、「格安SIMに変えるまでに最低限これだけはやっておいた方がいい」というものを紹介します。

ちなみに私は行き当たりばったりで格安SIMに変更してしまい、しばらくの間「大丈夫かなぁ」という不安が拭い去れませんでした(笑)

そんな失敗を皆さんにしてほしくないので、ぜひとも格安SIMに変えよう決めた人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

格安SIMに変える前の準備

スマートフォンを持つ女性の写真

格安SIMを使うために、MVNOという通信会社と契約するには大きく分けで2通り。

 

直接店舗に行ってその場で契約するか、インターネットを使って申し込みをして郵送でSIMカードを送ってもらうかのどちらかです。

 

インターネットを使っての契約であれば届くまでに数日時間がありますが、
店舗契約はその場でいきなり変更してしまうケースもあります。

事前に準備してから申し込まないと、一度帰ってからまた来店。なんて面倒にもなりかねないので準備はしっかりしておきましょう。

インターネット契約も、送られてくる説明書通りに進めるだけなので簡単。

準備を終わらせておけば届いてからすぐに始めることができます。

今まで使っていた機種をそのまま使うのであれば端末のデータはそのまま残ります。

電話帳やLINEのデータなども。しかしどんな不具合が起きるかわからないので、念のためにもバックアップを取っておきましょう。

新しい端末を使う人は、「空」の状態からスタートなのでバックアップは必須です。

 

アドレス帳をバックアップしよう

スマートフォンと手帳の写真

まずはやはり「電話帳」これがなくなってしまうと連絡が取れなくなってしまうので不便。

「必要な人の電話番号は全て暗記している」
なんて人は今どきほとんどいないでしょうし、書いておくには手間です。

プライベートでも仕事や学校でも使うものなので最優先でいいですね。

 

電話帳バックアップ方法(iPhone)

まずはiPhoneの電話帳バックアップ方法です。

方法は大きく3つ

・iCloudを使う方法
・iTunesを使う方法
AnyTransというダウンロードソフトを使う方法

この3つです。

iTunesとAnyTransはパソコンが必要な方法ですが、iCloudを使う方法はパソコンがなくても電話帳のバックアップができます。

 

iCloudでバックアップを取る

iCloudでバックアップを取る方法を簡単に説明すると

『設定』→『アカウント名』→『iCloud』→『連絡先をON』

この方法でiCloudと同期したiPhoneの電話帳データが保存されます。

 

iTunesでバックアップを取る

iTunesを使ってのバックアップはiPhone内の音声や動画データなどもすべてバックアップを取ります。必要なものだけバックアップしたい。と言う方には向かない方法です。

『USB接続』→『デバイス』→『「このコンピュータ」にチェック』→『バックアップ』
AnyTransを使ってバックアップ

AnyTransであれば、iTunesの様にパソコンへ直接バックアップを取る事ができ、なお且つiTunesとは違い必要な項目だけを選んでバックアップを取る事が出来るのでオススメです。

ただし、パソコンに事前にAnyTransをダウンロード&インストールしておく必要があります。

『AnyTransを起動させる』→『USBでiPhoneを接続』→『メニューにある「連絡先」を選択』→『必要な連絡先or全ての連絡先を選択』→『右上の「パソコンマーク」をクリック』

この方法で連絡先をパソコンに直接アップロードできます。

 

電話帳バックアップ方法(Android)

Androidを使った電話帳バックアップ方法は大きく3つ

・SDカードを使ってバックアップ
・Gmailでバックアップ
・AirMoreでバックアップ

この3つです。

SDカードはスマートフォンに挿したSDカードに直接データを保存し、Gmailを使ったバックアップはAndroidとGmailを同期させます。(この方法はすこし複雑)

AirMoreはパソコンが必要でですが、アプリを使い簡単にバックアップができます。

スポンサーリンク

写真や動画のバックアップ

カメラを持つ女性の写真

今までの思い出や必要な動画、写真などなど。端末をそのまま使うのであれば写真や動画は端末に残りますが、必要であればバックアップを取っておきましょう。

iPhoneの画像バックアップ方法

iPhoneの画像バックアップは、パソコンに直接保存するかGoogleフォトを使います。

より詳しい方法はコチラのブログが分かりやすいです。

Androidの画像バックアップ方法

Androidの場合は、SDカードに直接保存するかGoogleドライブやDropBoxなどのオンラインストレージを使った方法が簡単。

手持ちのSDカードでは足りない!という方はオンラインストレージを利用してみるのも手です。

特にAndroidはGoogleとの相性がいいですし、Googleフォトなら15Gまで無料で使えます。

 

より詳しくはコチラの記事も参考になります。

LINEの引き継ぎをスムーズに

たくさんの友達の写真

LINEは携帯電話に電話番号が登録されていたり、発着信履歴などから友達の候補を検索してくれます。

しかしやはりアカウントをそのまま引き継いだ方が安全で楽。

LINEの『設定』→『アカウント』→『メールアドレス登録』でメールアドレスを登録

これは必ず行っておきましょう。

 

LINE公式 アカウントの引き継ぎ方

メールアドレスを既に登録している方でも、いざ引き継ぎになってパスワードが分からなくなっては厄介。

過信せずパスワードも事前に確認しておいた方が安全ですね。

 

MNP(マイナンバーポータビリティー)を用意

赤い電話機の写真

キャリアから格安SIMに乗り換える。でも今まで使っていた電話番号はそのまま使いたい!という方も多いかと思います。

そんな時に必要なのがMNP(マイナンバーポータビリティー)というもの。

このMNPを使うことで電話番号をそのまま引き継ぎ格安SIMでスマートフォンを使うことができます。

 

今まで使っていた携帯会社の窓口に行き、マイナンバーポータビリティーの手続きを行いたい。と言えば後はショップの方が手続きしてくれます。

取得自体は簡単なのですが、MNPには有効期限があるので注意。多くの場合は2週間です。

 

MNPを取得してから有効期限内に格安SIMの手続きを行う必要があるので、
格安SIMに変更する日にちが決まった段階で取得しに行きましょう。

 

遊んでいるゲームの引き継ぎパスワードの確認

ゲームコントローラーの写真

今やスマートフォンを使ったゲーム(ソーシャルネットワークゲーム)は多くの人が遊んでいるサービス。

もしもデータがなくなってしまった場合を考えて、遊んでいるゲームはあらかじめ引き継ぎ方法を確認しておく方が安全です。

特に課金などをされたゲーム等は、データが消えてしまうと今までの努力も水の泡。大事なゲームは調べておきましょう。

ゲームデータの引継ぎ方法はゲームごとに異なるので、それぞれ確認してください。

 

機種を壊さないようにする

ヒビが入ったスマートフォンの写真

格安SIM契約の際に機種本体を同時購入すれば、端末の保証サービスを受けることもできます。

しかしSIMフリー機種を自分で用意してから使う場合は端末の保証も何もなし。

壊れてしまったらそれで終わり。また新しい機種を買わなければいけません。

 

故障をできるだけ防ぐためにも、画面保護、衝撃吸収ケースなどは必需品。

必ず用意しておきましょう。

多少出費になるかもしれませんが、端末故障のリスクを考えればずっと安く済みます。

 

まとめ

 今回は格安SIMに変えるための準備を紹介させていただきました。
私自身格安SIMに変えましたが、これだけのことを行っておけば困ってしまうということは防げます。
特にLINEの引継ぎ、MNPに関しては必ず事前準備しておきましょう。
LINEは今やスマートフォンの必需品ですし、電話番号引継ぎもできた方が便利なのは間違いありません。

 

店頭で直接契約を考えている方は、即日変更になる場合もあるので事前に準備しておきましょう。

スポンサーリンク