除湿機の電気代や特徴は?お得に使えるおススメランキング

部屋干しと除湿機の写真

みなさんこんにちは!

梅雨の湿気や冬場の結露。

部屋がジメジメ~っとして洗濯物も乾かなったり、部屋の隅にカビが生えたり。

本当に良いことないですよね。

 

そんな時に便利なのが除湿機。

部屋やクローゼット。押し入れやタンスに置くことで湿気を取りカビを防ぐことができます。

 

しかし、除湿機といってもさまざまな種類があり、電気代のかかるものです。

どうせなら、できるだけお得に、コスパのいいものを選びたいですよね。

 

そこで今回は、除湿器選びにおいて気になるであろう、

  • 電気代が安く使えるもの
  • 静かなもの
  • 目的によって選ぶ方法

の3つに注目して紹介します。

女性にも分かりやすいように、機能は省略しつつ必要な部分だけ説明しますね。

スポンサーリンク

除湿機を選ぼう

除湿機の写真

除湿機は大きく分けて3タイプ

除湿機は部屋の湿気を取り除いてくれる便利な機械。

しかし、同じ湿気を取る目的でも、電気代、湿気の取れ方などが違います。

 

除湿機は大きく分けて「コンプレッサー式」「デシカント(ゼオライト)式」「ペルチェ式」この3つに分けられます。

 

分かりやすく表にすると

電気代 騒音 吸湿率 使える季節 部屋の温度
コンプレッサー式 安い やや大きい 高い 梅雨中心
冬は向かない
下がる
デシカント式 やや高い 静か 高い 一年使える 上がる
ペルチェ式 普通 静か やや低い 冬は向かない やや上がる

このように分けられます。

では詳しく見ていきましょう。

 

コンプレッサー式除湿機

部屋の空気を冷やすことで除湿する方法。

エアコンの「ドライ」と一緒で、付けると少し部屋の室温が下がります。

除湿機を通った空気の温度を下げることで水滴が発生し、タンクに貯めて除湿します。

 

コンプレッサー式のメリット

コンプレッサー式の一番良いところは、何といっても電気代が安いところです。

デシカント式と比べて、半分~3分の1程度の電気代。

夜や日中つけっぱなしにしておくのであれば、電気代への影響は大きいですよね。

 

コンプレッサー式は、1時間あたり5円程度と、とても経済的に作られています。

 

そして、除湿力も強いので、湿気が強い季節、バスルームなどでは役に立ちます。

 

コンプレッサー式のデメリット

コンプレッサー式の一番のデメリットは、本体にコンプレッサーを採用しているため、音が大きい物が多いです。

寝室の枕元、普段いる部屋に置く場合には「音が気になる」という方もいます。

 

そして、他のタイプに比べて重量が重いということ。

 

除湿機をいろいろな部屋で持ち運んで使う方は不便を感じるかもしれません。

 

デシカント式除湿機(ゼオライト式)

除湿機を通した風を、ゼオライトという水分吸着性に優れた乾燥材を使って湿気を取る方法です。

ゼオライトについた水分は、一度温めてから冷やして水分に戻し、タンクに貯めます。

 

デシカント式のメリット

デシカント式の最大のメリットは、静かということ。

そして、除湿の過程でヒーターを使うので、寒い冬場でも1年を通して使うことができる。という点です。

 

梅雨だけでなく、冬場の窓の結露が気になる。という方には1台で両方除湿できるのは便利ですね。

 

デシカント式のデメリット

デシカント式除湿機の最大のデメリット。それは電気代が高い。ということ。

ヒーターを使うので、1年を通して使える反面、熱量が高い分電気代も上がってしまうのです。

 

電気代の平均は、1時間13.4円ほど。

コンプレッサー式が1時間5円ほどなので、倍以上の電気代になってしまいますね。

 

使う時は、タイマーをキチンとセットして無駄なく使うことが節約につながります。

 

そしてもう一つは、ヒーターを使うので室温が少し上がる。ということ。

冬場であれば気になりませんが、夏場はエアコンと合わせて使うなどの工夫があるといいですね。

 

ペルチェ式除湿機

半導体式除湿器とも言います。

デシカント式と同じようにコンプレッサーを使わない除湿機。

 

半導体素子のペルチェ効果を使い湿気を取る方法で、とても静かなのが特徴です。

 

ペルチェ式のメリット

ペルチェ式除湿機のメリットは、デシカントと同じくコンプレッサーを使わないので、静かということ。

そしてもう一つのメリットは、コンパクトな設計なので、押入れやクローゼットに便利、そして軽いという点です。

 

かさばる大きな除湿機は、クローゼットの中に入れると邪魔になってしまいます。

サブの除湿機として使用するにはピッタリです。

 

ペルチェ式除湿機は小型のものが多く、本体が小さい分電気量も少ないので、電気代が安くなります。

 

ペルチェ式のデメリット

ペルチェ式除湿機は小さくて静かな代わりに、除湿力が弱いです。

小型のペルチェ式除湿機1つで、部屋を丸々除湿はできません。

 

そしてACアダプターの熱がこもりやすい。というのも特徴。

安全のためにも、除湿機をクローゼットの中に入れてもACアダプターは外に出しておきましょう。

 

いいとこどりのハイブリッド除湿機

ペルチェ式除湿機は部屋をまるまる除湿するには力不足。

それならコンプレッサー式かデシカント式どちらがいいの?の2択になります。

 

コンプレッサーは電気代が安い代わりに音がうるさい…それに冬場は使えない
デシカント式は静かで1年中使えるけど、電気代が高い…

 

悩みどころですが、この両方のいいとこどりをしたハイブリッド除湿機というものがあります。

 

ハイブリッド除湿機はコンプレッサー式、デシカント式両方を採用しており、
夏場や梅雨の湿気が多い時期は、電気代が安く除湿力の高いコンプレッサー式で動き、
冬場の寒い時期、コンプレッサー式が使えない時期はデシカント式に切り替わり、除湿してくれる頭のいい除湿機なのです。

 

とても便利で節約を考えてもお得なのですが、コンプレッサー式やデシカント式に比べてまだまだ値段が高い。というのが難点。

 

初期費用さえ気にならならなければ、1年を通しておススメの除湿機ですね。

 

2台持ちもあり

ハイブリッド除湿機は1台で1年間使えて、電気代の節約にもなる。とても便利だけど、値段が高くて手が出ない…

というかたもいるかと思います。

私がそうです(笑)

 

電気代は安い方がいい!梅雨の湿気は取りたい!でも冬場も部屋干しするから1年使いたい!

でもハイブリッドは高すぎて手が出ない(泣)!!

 

こんなかたにおススメなのが、コンプレッサー式とデシカント式の2台持ちです。

 

春~梅雨~夏~秋はコンプレッサー式で電気代を安く!
そしてコンプレッサー式の使えない時期はデシカント式で除湿!

 

この方法がもっとも安く、お得に1年間除湿機を使う方法です。

 

この記事を書いている時の相場ですが、ハイブリッド式除湿機は1台で安くても4万円

平均して5~6万円程の高級品です。

 

しかし、コンプレッサー式の除湿機ならば、1万~高くても2万円ほど。

デシカント式なら1万~1.5万円ほどでも性能の高い物を買うことができます。

 

それなら、2台買って、使いまわした方がお得ですよね。

 

保管場所をとってしまう。という難点はありますが、押し入れにいれておいてもそこまで邪魔にならない大きさのものがほとんどですよ。

 

強力なデシカント式除湿機で一気に乾燥も

2台持ちは大変…という方に、もう一つ電気代節約の除湿方法を紹介します。

それは、除湿力の強力なデシカント式除湿機で一気に乾燥させてしまう方法。

 

コンプレッサー式除湿機は、1日の除湿力が1~2Lのものが多いです。

十分機能してくれるのですが、デシカント式除湿機の中には8L/1日の強力除湿力のものもあります。

 

強力除湿のデシカント式でタイマーを使い、短時間で一気に乾燥させてしまう。

この方法ならデシカント式除湿機でも電気代が高くなりすぎるのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

衣類を乾燥させるには

サーキュレーターと除湿機の写真

 

除湿機は部屋の湿気を取る以外でも、衣類乾燥を目的で使う方もいます。

 

サンルームの無いアパートやお家では、部屋干しする人がほとんど。

洗濯ものの湿気で部屋をカビさせないためにも、除湿機は便利です。

 

そんな時に重宝するのが、サーキュレーターという送風機。

暖房や冷房と一緒に使われることが多いですが、
除湿機で乾燥した空気を部屋全体にいきわたらせることで、効率よく洗濯物を乾かすことができます。

 

「扇風機でいいじゃん!」

 

確かにサーキュレーターの代わりは扇風機でもできます。

しかし、扇風機は風を拡散して広げてしまい、サーキュレーターは1点に風を集めて集中して送風することができるので、
部屋全体の空気を動かすにはサーキュレーターの方がはるかに効率的なのです。

 

それに、洗濯ものに集中して風を当てた方が早く乾きます。

 

すでに除湿機をお持ちの方はサーキュレーターも一台あると便利ですが、

部屋干し乾燥に力を入れた、サーキュレーター付きの除湿機もあるので、洗濯ものを外に干す機会の少ない方には便利ですよ。

 

おススメの除湿機

私が除湿機にこだわり、調べた中でおススメを紹介させていただきます。

口コミも良く、機能面、そして価格面でも考慮したものをそれぞれ紹介しますね。

 

おススメコンプレッサー式除湿機

今まで使用していた衣類乾燥機が故障してしまい購入しましたが、想像していた機能を遙かに超える機能でした。衣類乾燥と同時に除湿もしっかり行ってくれるので、部屋の畳も乾燥して心地よいです。
出典:Amazonカスタマーレビュー

 

我が家は湿度が高く、すぐに床や衣類にカビが生え困っていました。
寒い冬で外が乾燥していても、部屋の中は湿度が高く寒くても窓を開け換気せざるを得なかったんですが、除湿機を購入して、部屋がカラッと快適になりました。
結構長い時間、除湿機をつけてますが、そこまで電気代も上がらず、省エネです。
買って良かったです。
出典:楽天カスタマーレビュー

楽天ランキングでも1位を獲得した除湿機です。

電気代が1時間あたり約5円と驚異の安さ。

大型フラップがついているので、衣類に向かって風をあてることもできます。

 

おススメデシカント式除湿機

冬の寒い日や雨の日の玄関結露がひどいので購入しました。
使ってみた感想は、とてもコンパクトでシンプル。軽いので持ち運びもラクラクです。
水タンクも取り扱いやすいし容量も多いので、水捨ても苦では無いです。
出典:楽天カスタマーレビュー

 

悪天候時の洗濯乾燥は、洗濯機の乾燥機か、コインランドリーでした。
除湿乾燥機はどうだろうと、値段が安いもの(失礼)を試験的に導入してみました。
そしたらいきなり当たりを引いた感じです!
出典:Amazonカスタマーレビュー

1日の除湿能力が8Lもある強力除湿機。

デシカント式除湿機の除湿力は2~5L/1日ていど。中には1L以下のもあるなか、驚異の8L除湿量は頼もしいです。

 

おススメハイブリッド除湿機

雨が続いて洗濯物が乾かずに困っていたのと、部屋の湿度が一週間も80パーセント以上になっていたため、思い切って購入をしましたが、買って大正解でした。部屋の湿度も洗濯物も、気持ちよく解決しました。
これから梅雨の時期もきますし、大活躍しそうです。
出典:楽天カスタマーレビュー

 

ちょっと値段は張りますが…
デカント式、コンプレッサー式とどう違うのか散々悩みました。デカント式は室温が結構上がるので夏には向いていない…コンプレッサー式はとにかくうるさい!で、ハイブリット式に決定!早速使用してみたのですが、除湿力も高くなかなかイイです。
出典:楽天カスタマーレビュー

ハイブリッド式ということもあり高級品。

しかし、1台で1年間を電気代節約しながらお得に使えるのはハイブリッドならでは。

最大除湿力が、20L/1日と驚異のパワー。

部屋をまるごと、浴室、サンルームなどなど十分な効果を発揮してくれます。

ナノイー搭載なので、花粉が気になる方にもおススメです。

 

まとめ

今回は除湿機の特徴についてまとめさせていただきました。

正直除湿機のことを調べるまでは、「どれも一緒でしょ?」「安いのでいいよ」こんな風に考えていましたが、
毎日使うものなので、電気代、そして季節によって使えなくなるものがあるなど、新しい発見がたくさんありました。

 

私の様に「除湿機のことが良くわからない」と思っている人はきっといるはず。

できるだけ分かりやすいようにまとめたつもりですが、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です