【実は怖い】iPhoneの写真に位置情報が載る!写真投稿に気を付けて!

スマートフォンカメラの写真

つい先日AndloidからiPhoneに乗り換えました。

慣れないせいもあってか少し戸惑ってはいますが、徐々に操作がスムーズになってきました。

 

が、残念なことに「何だこれ!?」という機能をiPhoneに発見してしまいました…

それはiPhoneで写真を撮影すると、自分の位置の情報が写真に載ってしまうという
現代社会では恐ろしいサービス。

 

正直本当に「誰得?」「何に必要なの?」というサービスです。

当方スマホで写真を撮ってアップするのですが、家での撮影も多く個人情報を守りながら生活しても、写真に撮影場所が載ってしまったら意味ないじゃん!
と感じざる負えません。

 

インスタグラムやツイッターに写真をアップロードする人が多い中、この機能はデフォルトで削除しておいた方が良いのではないかなと心から思います。

もしくは個人情報が公になってしまうという危機感を与える注意文をしっかり書くべきではないかなと。

 

私の場合知らぬまに勝手に設定されていたぐらいですし。(自分で許可したことには変わらないがそれにしてもiPhone初心者にはわかりにくいと思う)

 

iPhoneで撮影してネット上にアップする機会のある人は一度確認してみてくださいね!!

スポンサーリンク

iPhoneの写真の位置情報

iPhoneのアルバム画面

この2枚はiPhoneに初めから入っている写真のアルバムアプリ画面。

iPhoneの写真のアルバムを見ていた時のことです。

「へ~アルバム機能もカクカクしないし見やすいな~」
なんて思っていた時のこと。

 

ふとあることに気が付きました。

 

「あれ?なんだコレ?」

iPhoneのアルバム画面

iPhoneのアルバム画面

この画面の矢印の場所に思いっきり住所載ってるけど…

しかも家で撮影したものだから、住んでいる町名載ってるんだけど…

「まさかiPhoneの中だけの情報だよな…ハハ…」

なんて思いましたが、コレ、写真の中に位置情報が入ってしまっているのです。

 

スマートフォンで撮影した写真というのは、どの機種で撮影したのか、いつ撮影されたかなどの情報が写真の中にデータとして残ります。
※これをメタ情報といいます。

もちろん写真に直接書かれるわけではないので普通に見ただけでは分かりませんが、アプリなどでも簡単に調べことができます。

撮影した機種や日時が分かったところで大した問題ではありません。

しかし、撮影した場所はマズイでしょ!!

 

「え!?なんだコレ!!」

というのが見つけた時の率直な感想。実はこれ結構怖いことなんですよ。

 

写真で住んでいる場所がバレる

私のiPhoneの写真に登録されてた情報は、撮影した場所の市内の名前と町名でした。

しかもドンピシャ。「○丁目」まで怖いぐらい正確に載っていました。

後でこのメタ情報の正確な位置を確認しましたが、町名はおろか実家の目の前に位置情報が登録されていました。

 

「撮影した場所」が家とは全く関係ない場所で旅行先ならいいと思います。

しかし今の人はTwitterやFacebookで写真を撮影し、そのままアップしますよね。

 

ではもしそれが「あなたの個人情報を調べたい人に見られたとしたら?」

例えば有名人である、アイドルであるなどであったら住んでいる場所や生活している場所を知りたい!という人が出てきても不思議ではありませんよね。

 

もし実家の部屋でスマートフォンのカメラ機能を使って撮影したものをそのままアップロードしたとします。

そのネット上に上がった写真をダウンロードし、調べるだけで簡単に住んでいる住所と町名までバレてしまうのです。

 

普通に怖いことだと思うのですが私だけ?

 

全国単位ではなく、「何町の何丁目」まで分かってしまえばある程度分かってしまいますよね。

それに最近のGPS機能は優秀なので撮影場所の正確なデータがわかってしまいます。

 

土地勘のある人なら名前から家が分かりますし、ストリートビューを使えば離れていても特定だってできるかもしれません。

 

もちろんこれは自分が撮影したものだけではありません。

例えば高校や大学に通う人であれば、友人の写真に写り込んでいて、その友人の写真の位置情報から特定だってできるかもしれないのです。

 

TwitterやFacebookはフォローしている人やフォロワーにリアルの友人がるのが普通です。
その人のつながりで簡単に割れてしまいます。

 

正直なぜこんな怖いことが話題になっていないのか不思議。もっと危機感を持ったほうがいいと思うのですが…

iPhone設定時もカメラの位置情報を許可することについて、深刻な注意警告は出ませんでした。

 

自分のiPhoneが写真に位置情報を入れていないか確認

まずは自分の使っているiPhoneのカメラ機能の位置情報がONになっていないか確認しましょう。

もしこれがOFFになっているのであれば撮影したとしても写真を撮った場所の住所がデータに入り込むことはありません。

 

まずはiPhoneの『設定』を開きます。

歯車のマークのアプリです。

 

そして次に『プライバシー』を開きます。

設定のプライバシー画面

この画像はiPhoneの設定画面のもの。バッテリーの下にある「プライバシー」です。

プライバシーを開くと

位置情報サービス画面

この画像のように、プライバシーに関係するアプリがそれぞれ表示されます。

次に一番上に書かれている『位置情報サービス』をクリック

カメラの位置情報がONになっている画像

するとこの写真のように位置情報に関係するアプリ一覧が表示されます。

ココには『カメラ』という初めからiPhoneに入っている写真撮影アプリが載っていますが、もし他のカメラアプリを入れている場合は一緒に確認しましょう。

 

この画像では『カメラ』の横に『使用中のみ』と書かれています。

これは「カメラ機能を使って撮影した画像のなかに位置情報を入れます」という意味。

同じように書かれていたらあなたの写真には位置情報が入ってしまっていることになります。

 

画像アルバムを見てみて、どこかに撮影場所が載っていないか確認してみてください。

スポンサーリンク

カメラの位置情報をOFFにしよう

例えば地図アプリなどを使うときの位置情報は必要です。

自分が今どの位置にいるのかなどを表示できるのでとても便利になります。

 

お子さんに持たせる人はGPS機能で今どこにいるのかの安全確認ができるようになります。

 

でも写真の中に位置情報を入れる理由ってなんですかね??

個人的には全く必要ないと思うんですよね。

旅行先なら写真をアップするときに場所を書くと思いますし。

 

ONにしたまま撮影してアップロードすることで個人情報を自らばら撒くことになるので本当にOFFにすることをおススメします。

 

手順は簡単です。

先ほどの「カメラ」「使用中のみ」と書かれている横の「>」マークをクリックすると

許可しないにチェック

このような画像が表示されるので、画像と同じように『許可しない』にチェックを入れて置くだけです。

確認の為に左上の「位置情報サービス」から画面を戻して

カメラの位置情報がOFFになっている画像

この画像の様に「カメラ」の横の文字が『許可しない』と書かれていれば設定完了です。

これで今後撮影する写真にあなたが撮影した場所のデータは入り込みません。

 

 

すでに位置情報が入っている写真の情報消すには

もしも今までカメラアプリの位置情報がONになっていた場合、撮影して残っているデータには撮影場所の情報が残ってしまっています。

 

もしもそのままネット上にアップロードしてしまうと
「普段自分はここによくいますよ」「住んでいる周辺地域はこのあたりです」という情報をばら撒いてしまうことになります。

もちろんほとんどの人が興味を持たないようなことだとは思いますが、知られて心地いい情報ではないですよね。

 

なので撮影してある写真から位置情報を消す方法を紹介します。

iPhoneでの撮影なのでアプリを使って消しましょう。

説明の後にそれぞれアプリのダウンロードリンクを張っておきます。

 

いくつか位置情報を消すアプリを試しましたが、これから紹介させていただく2つが無料で操作も簡単でした。

位置情報削除アプリの中には、削除するために課金が必要なものもあったりするので、無料で済ませたい方はどちらかをお勧めします。

 

GPS Delogerを使う

コチラは写真や画像データ内の位置情報を消すことのできるアプリ。

 

GPS Delogerトップ画面

コチラがGPS Delogerのアプリを開いた画面。

ほとんど真っ白で何をしたらいいかわからないですよね(笑)

 

まずは画面の右上にある「+」を押します。

GPS Deloger設定画面

するとこのようにあなたのiPhoneに入っている写真のアルバムの題名が表示されます。

GPS Delogerアルバム画面

「カメラロール」を押して先にすすむと上の画像の様にアルバム画面になり写真を選択できる画面になるので、
位置情報を消したいと思う画像全てにチェックを入れましょう。

複数選択もできます。

 

そして右上の「完了」を押すと

 

GPS Deloger設定画面

この画像のように選択した画像が一覧で表示されます。

写真データ横の「>」を押すと位置情報を確認できます。

GPS Deloger設定画面

こちらは位置情報を確認した画面。画像にはモザイクをかけてありますが、ものすごく正確なデータが表示されています。

ほぼピッタリぐらい。

先ほどの写真一覧の右下にある『GPSデータを削除』で写真に入っている位置情報を消すことができます。

ちなみに、今位置情報が含まれている写真はそのままで、位置情報を消した新しい写真(見た目目は同じ)が作られます。

 

GPS Deloger - 気になる位置情報をまとめて簡単削除 -

GPS Deloger – 気になる位置情報をまとめて簡単削除 –
開発元:BK Software
無料
posted with アプリーチ

 

Photo Secureを使う

こちらも写真から位置情報を消すことのできるアプリ。基本的な仕組みや目的はGPS Delogerと同じです。

Photo Secureトップ画面の画像

白すぎて分かりにくいですが、この画像の様にPhoto Secureを開くとまずシンプルに「Lord」か「設定」を選ぶ画面になるので「Lord」を押してアルバムを読み込みます。

すると

Photo Secure設定画面

この画像のようにiPhone内のアルバム画面が表示されます。

時計マーク:撮影時間
iマーク:写真サイズと容量
位置マーク:位置情報(撮影した場所)

これらの情報をそれぞれ確認することができます。

 

「選択」を押すことで複数選択することもできます。

ちなみに位置情報が書かれている写真をクリックすると

Photo Secure位置情報画面

この画像のように写真に付けられた位置情報を確認することができます。

正確すぎて恐ろしいほど。

写真を選択すると「プライバシー削除」という項目を選べるようになるので、クリックして終了です。

位置情報を削除した写真が新しく作られます。

 

※このアプリ、位置情報が入っているかどうか確認しながら写真を選ぶことができるのですが、
「プライバシー削除」を押した後大きな広告が出てきて、数秒間操作できなくなってしまいます。
数秒後左上の「×」で前の画面に戻ることができます。

 

Photo Secure - 写真のExif 位置 サイズを一覧表示 一括削除

Photo Secure – 写真のExif 位置 サイズを一覧表示 一括削除
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

いかがでしょうか。今回はiPhoneの位置情報が写真に入ってしまう件について紹介させていただきました。

もしiPhoneで写真を撮ってもSNSなどネット上にアップしない。というのであれば写真データに撮影場所が載ってしまっても問題ないと思います。

しかし、TwitterやFacebookなど、第3者がアップした写真を見ることができる環境に位置情報を載せたまま写真を上げるのは本当におススメしません。

 

「バレたところで問題ない」という方もいるかと思いますが、位置情報を混ぜるメリットはほとんどないのでOFFにしておいた方が安全ですよ。

 

すでに位置情報を含めたままアップロードした写真。実家の近くや部屋で撮影したもので気になるなら消しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です