iPhoneの写真を削除したのにストレージが空かない謎と解決方法

iphoneを持つ女性の写真

iPhoneのストレージ容量を空けるために、「写真」のデータを削除したのにストレージが減らない!

という問題が起きたことはありませんか?

iPhoneのストレージ容量を空けるためには、アプリなどの削除が基本。

しかし、その中でも最も大きくなりやすい「写真」の削除をするとたくさんのストレージを開けることができます。

しかし、ただ「削除」しただけでは「写真」アプリのストレージは空きません。

今回は無駄な前置きなしに、iPhoneの「写真」に使われているストレージ容量を空ける方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの写真ストレージを空ける方法

緑色のゴミ箱

前置きになしに解決方法

困っている方のために、最初に解決方法を説明します。

 

『iPhoneのアルバムから削除しただけでは、「最近削除した項目」に30日間残ってしまうので、
「最近削除した項目」からさらに削除する』

 

この方法でiPhoneの写真ストレージが空くはずです。

 

この説明だけで事足りるはずですが、詳しく知りたいという方のために説明していきますね。

 

基本的なストレージ容量の開け方

iPhoneはAndroidのようにSDが使えません。

そのため使い続けるうちに必ず、「ストレージを空ける」という作業が必要になります。

 

アプリ、ゲームのインストール、写真動画撮影など、iPhone内にデータを保存するためには「空き容量」が必要です。

 

ストレージ容量の開け方は簡単で、大きく2通り。

  • トップ画面→アプリ長押し→「×」を押す
  • 「設定」→「iPhoneストレージ」→「アプリを選択」→「Appを削除」もしくは「Appを取り除く」

この方法でアプリのストレージを空けることができます。

 

長押し

長押し方法はとても簡単。アプリを長押しすると

アプリ長押し

この画像のように、アプリ左上に「×」が表示されるので、押すとアプリをアンインストールすることができます。

その後ホームボタンを押すと「×」が消えます。

ただし、この方法では「写真」のアプリデータを全て消してしまうことになるので注意。

写真や動画を選択して消す場合は、もう一つの方法で消しましょう。

 

設定画面から

iphone設定アプリ

この画像左上にある歯車のマークの「設定」を押します。

すると

iphone設定

この画像のようにiPhone設定画面に移るので、少し下にスクロールして「一般」を選択します。

iphone一般画面「一般」の次は「iPhoneストレージ」をタップ。

iphoneストレージ

すると、このようにiPhoneのストレージ画面に移ります。

iPhoneストレージを見ることで、今お使いのiPhoneに、どのくらい空き容量があるのか。
そしてどのくらいのデータを保存できるのかが分かります。

iphoneストレージからみたアプリ

容量はサイズの大きい物から順番に並びます。

 

2桁までの「MB」のデータはそこまで大きく無いので気にしなくても大丈夫。

しかし、「GB」のデータは単純に1MBの1000倍です。

とても大きいデータを保存していることになるのでチェックしておきましょう。

 

私のiPhoneの中身を見ると、
ゲームの容量は基本的に大きい物ばかりですが、写真データがダントツですね。

約28Gものストレージを使っていることになります。

 

静止画も数が溜まるとデータが大きくなりますし、動画データはたった1つでも1G以上にになるものもあります。

 

もし写真アプリのデータではなく、ゲームなど個別のアプリデータはこの画面から削除することもできます。

アプリ詳細画面

各アプリをタップすると、このように詳細画面になります。

Appを取り除く」は最低限必要なデータだけ残してアプリを整理する方法。

アプリは削除されないのですが、データが減るのでストレージが空きます。

 

Appを削除」は完全にデータを削除してしまうので、もし今後必要になるかもしれないアプリは「Appを取り除く」にしておいた方が良いでしょう。

使う予定がないものは消してしまいましょう。

写真ストレージ容量の空け方

写真アプリの容量を空けるためには、いらない写真や動画を選択し、削除してく。
というのが基本的な方法です。

選択前のiphoneアルバム画像

コチラがiPhoneの写真のアルバム画像。

右上の「選択」を押してから削除予定の画像を選びます。

選択したiphoneアルバム画像

するとこの画像のように、チェックマークが付くので、右下のゴミ箱マークを押します。

 

普通なら、この時点で画像や動画が削除され、ストレージ容量が空くはずです。

しかし、なぜか

ストレージが変化していない画像

この画像の「iPhoneストレージ」に変化がありません。

 

その原因は、「写真」アプリのなかにある「最近削除した項目」にあります。

「削除した項目」を開いてみると

写真ゴミ箱内画像

この画像のように、先ほど削除したはずの写真がでてきました。

 

「写真」アプリの「最近削除した項目」では、間違えて削除した場合などを考え、30日間保存されています。

30日経てば消されるのですが、この場所に写真や動画が残っている限りストレージは空かないのです。

 

「最近削除した項目」の中にある写真を削除するのも同じ。

右上の「選択」で選んだ後に、右下のゴミ箱マークを押すことで完全に削除できます。

 

この方法でデータが完全に削除されるので、ストレージを空けることができるのです。

 

まとめ

今回私は、新しいゲームをインストールしようとしたところ「iPhoneに空き容量がありません」と表示され、
データの削除を行いました。

1番多いはずの「写真」のデータをいくら削除してもストレージが空かず困っていたのですが、
この方法で解決しました。

 

ストレージがパンパンになっていると、いざ写真や動画を撮ろう!と思った時にスムーズに撮影できないことがあります。

その時になってストレージに空きを作ろうと思っても、大事な瞬間を見逃してしまうかも。

 

ストレージにどのぐらい空きがあるのか。ある程度余裕は確保できているのかを事前に確認しておくといざというときに役に立ちますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です