簡単にiPhoneの電話帳バックアップを取る方法 画像で楽々3つの方法 

スマートフォンとメモ帳の写真

みなさんこんにちは!

電話帳のバックアップ、取っていますか?

私は全く取っていないのですがおかげ様でめでたく電話帳が現在0件です(笑)

やってしまいました(笑)

自分が味わってしまった大失敗ですが、皆さんはこんな失敗をなさらぬように!

そこで今回はiPhoneの電話帳のバックアップ方法について、画像付きで誰でもできるように分かりやすく紹介します。

しっかりとバックアップを取っておくと後々楽なので、私のよにめんどくさがっていると後で痛い目をみますよ(泣)!!

スポンサーリンク

iPhoneの電話帳バックアップ方法

iPhoneとノートの写真

iPhoneはAndroidのようにSDカードが使えません。

そのためオンラインサービスを使ったバックアップ方法が一般的。

実際に私のiPhoneの機種を使いながら画像と一緒に説明させていただきますね。

iPhone電話帳バックアップ方法は大きく3つ

iPhoneの電話帳バックアップ方法で一般的な方法としては3つあります。

  • iCloudを使う方法
  • iTunesを使う方法
  • AnyTransというダウンロードソフトを使う方法

この3つです。

iTunesというのはパソコンからiPhoneに音楽を入れたりするのに使うもの。

AnyTransというのは、無料で提供されているツールのことで、パソコンの中にダウンロード&インストールして使うことができます。

iCloudを使う方法だけは、パソコンがなくても電話帳のバックアップができるので一番シンプルな方法ですね。

3つとも実際にやってみましたが、iCloudを使う方法が一番シンプルで分かりやすかったですよ。

画像を見ながら簡単iPhone電話帳バックアップ

では実際に行っていきますね。

写真と文章合わせてできるだけ分かりやすいように説明していきます。

基本的には画像を見ながら行えばできるはずです。

iCloud(イチバン簡単なのでおススメ!)

iCloudで電話帳バックアップを取る方法を簡単に説明すると
『設定』→『アカウント名』→『iCloud』→『連絡先をON』

 

このような手順でクラウド上にバックアップを作ります。無料で5Gまで保存できます。

iPhone設定画面

まずはiPhoneの設定画面を開くとこのような画面になるので、一番上の矢印のアカウント名をタップします。

iPhoneアカウント画面

アカウント名からメニューに入ると、「iCloud」という項目があるのでタップ。

iPhoneiCloud画面

するとこの画像のように、iCloudのメニュー画面になるので、「連絡先」をタップしてONにしましょう。

すると

iPhone結合画面

この画像の様に「結合」という文字が出てくるので、タップして完了です。

もしもこの時点で「結合」と表示されなければiPhoneとiCloudが上手く同期できていない可能性があります。

その場合の対処法も紹介します。

同期が上手くできていない場合は
設定>連絡先をタップして

設定連絡先画面

この画像のようにデフォルトアカウントがGmailになっていると、そもそもiCloudではなくGmailの方にバックアップされていることがあるので気を付けてください。

「Gmail」ではなく「iPhone」や「iCloud」と表示されていればiCloudと上手く同期できるはずです。

念のためiCloud.comから「連絡先」を見てみてキチンと電話帳がバックアップできているか確認することをおススメします。

 

iTunesでバックアップを取る

iTunesを使ってのバックアップはiPhone内の音声や動画データなどもすべてバックアップを取ります
必要なものだけバックアップしたい。と言う方には向かない方法です。

『USB接続』→『デバイス』→『「このコンピュータ」にチェック』→『バックアップ』

 

AnyTransを使ってバックアップ

AnyTransであれば、iTunesの様にパソコンへ直接バックアップを取る事ができ、なお且つiTunesとは違い必要な項目だけを選んでバックアップを取る事が出来るのでオススメです。

ただし、パソコンに事前にAnyTransをダウンロード&インストールしておく必要があります。

『AnyTransを起動させる』→『USBでiPhoneを接続』→『メニューにある「連絡先」を選択』→『必要な連絡先or全ての連絡先を選択』→『右上の「パソコンマーク」をクリック』

この方法で連絡先をパソコンに直接アップロードできます。

 

まとめ

今回はiPhoneの電話帳バックアップ方法の紹介でした。

今やLINEでのやり取りがほとんど。という方も珍しくありません。

確かにLINEのアカウントさえしっかりしておけば、友人や家族の連絡先は簡単に手に入ると思います。

しかし、いきつけの美容室、飲食店、仕事の取引先など、LINEだけでは保存しきれない電話帳情報がたくさんあるはずです。

 

機種編や、iPhoneの故障時など、いつ役に立つか分からないものなので、前もってバックアップしておくと、後で役に立ちますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です