碇利恵容疑者の顔・Facebookは?ONAKA BLD.から無実の夫を追い出し

ニュース

2020年4月、福岡県篠栗町で当時5歳の碇翔士郎くんに十分な食事を与えず餓死させた母親の碇利恵容疑者(39)の顔写真、Facebook、Twitter、インスタグラムなどSNSについて調査しました。

しょうじろう君がネグレクトを受けた現場を調査したところ、碇りえ容疑者の元夫は、赤堀恵美子容疑者のでっち上げた「浮気」により、マンションから追い出されていた可能性が高いことが分かり、

碇利恵容疑者のFacebookは?

碇利恵Facebook調査結果

「碇利恵」でFacebookを調査したところ、同姓同名アカウントは0件でした。

そこで、「ikari rie」のアルファベットで検索したところ

ikaririeFacebook調査結果

3名の同姓同名アカウントを発見。アルファベットで一致したアカウントの中には、碇利恵容疑者と同じ福岡市在住のアカウントも見つかりました。

しかし、漢字が違うことから別人です。

アルファベットが一致した人物、あるいは他の名前で碇りえ容疑者本人のアカウントがないか引き続き調査します。

碇利恵容疑者のFacebook写真画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1f3f3d3ecf108d0083a3105682ea11125a76a25f

報道では碇利恵容疑者のFacebook写真として、亡くなった翔士郎と他の2人の兄弟とともに家族写真が公開されています。

「碇利恵」で登録されていないということは、離婚前の元旦那の名字で登録されている可能性が高いです。

碇利恵容疑者のツイッターは?

碇利恵容疑者のツイッター調査結果

「碇利恵」でTwitterを調査したところ、同姓同名登録者は0件でした。

フェイスブックと同様に離婚前の名字、あるいはニックネーム登録している可能性もあるので、引き続き調査し見つかり次第追記します。

碇利恵容疑者のInstagramは?

碇利恵容疑者のInstagram調査結果

「碇利恵」でインスタグラムを調査したところ、2件の同姓同名アカウントが見つかりました。

しかし、1件は特定に至る情報が投稿されておらず、1件は非公開のため特定に至っていません。

他のSNS同様に、離婚前の名字で登録可ないなど引き続き調査します。

現在わかっている碇利りえ疑者の顔写真

碇利恵容疑者としょうじろう君画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1edd2f23d65da5bf82e32f4162877e77be8964b9

碇利恵容疑者顔写真画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8a29f7963688cfd5783f15398a9be81d92a1d4dc

コチラが現在判明している碇利恵容疑者の顔写真です。

碇しょうじろう君

碇しょうじろう君2

碇しょうじろう君画像引用元:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20210302001006.html?iref=pc_photo_gallery_2

そしてコチラが亡くなった碇翔士郎君。

罪のない5歳の子供がなぜ理不尽な食事制限を受けなければいけなかったのか。母親である碇利恵容疑者はもちろんのこと、指示役である赤堀恵美子容疑者への徹底した追求が求められる事件です。

ネット上でも

生活に困窮?そんなの理由にならない。
栄養失調じゃなく餓死だよ?
子どもがかわいそうでしかない。

生活保護世帯からお金騙しとるとか…
困窮してるのをさらに困窮させて、何がしたかったのか

初めは、ちょっとした挨拶や会話から仲良くなったのかもしれませんが、相手のお母さんの心を見抜いて、お金の目的で接触したのですね。

詐欺師に留まらず幼い子供の命まで奪うだなんて、酷すぎます。

息子が餓死してまでママ友という名の他人に従うなんて意味が分からない。
マインドコントロールされてたとしてもガリガリに痩せていく我が子を見て何も感じないの?

など、あまりに理不尽な子供への仕打ちに怒りの声が多く挙がっています。

福岡のマンション「ONAKA BLD.」で翔士郎にネグレクト

碇利恵容疑者のマンション画像引用元:https://www.asahi.com/articles/ASP323CDKP2HTIPE02D.html

碇利恵容疑者と、友人の赤堀恵美子容疑者によって翔士郎くんがネグレクトを受け亡くなったのは、コチラの報道写真から、


コチラのストリートビューと完全に一致。

マップに建物の名前は書いていないのですが、

コチラのストリートビューから福岡県糟屋郡篠栗町尾仲にある「OKANA BLD.」というマンションであることがわかりました。

碇利恵容疑者のマンション

碇利恵容疑者のマンション2画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1f3f3d3ecf108d0083a3105682ea11125a76a25f

コチラ、報道映像では入り口写真が比較的下の階で取られています。

建物の構造上1階に居住スペースが少ないことから、2階に住んでいた可能性が高いようです。

碇利恵容疑者の元夫は無実の「浮気」で追い出される

碇利恵容疑者のマンション間取り画像引用元:https://www.homes.co.jp/archive/b-20481130/u-19717012/

「OKANA BLD.」(物件紹介情報によっては篠栗尾仲ビル)は、3LDKの間取りです。

居住スペースも多く、洋室2部屋、和室1部屋、大きいリビングに風呂トイレ別という非常に好条件のマンション。

家賃は、

年月 賃料
2018年3月〜2018年4月 4.5万円 / 月
2018年2月 4.7万円 / 月
2017年6月〜2017年8月 3.9万円 / 月

と部屋の大きさと規模を考えるとリーズナブルです。

 

ただ、子供が3人いるとは言え洋室2和室1LDK、それぞれ6畳以上というのはあまりに巨大。

子どもたちが幼いことを考えると、この半分の部屋の大きさでも十分住めるほどです。

碇利恵容疑者は、生活保護を受けていたので家賃などの出費はできるだけ抑えたいはずなのに違和感を感じます。

 

赤堀恵美子容疑者は、碇利恵容疑者の浮気調査の相談を受けていました。

赤堀恵美子容疑者報道画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1f3f3d3ecf108d0083a3105682ea11125a76a25f

「浮気調査」は、碇利恵容疑者の元夫に対して。

碇利恵容疑者は離婚が成立していることから、一見「碇容疑者の元夫が浮気をした」とも考えられます。

 

しかしその後の報道で

知人の赤堀容疑者は利恵容疑者の当時の夫が浮気をしているとウソを言って信じ込ませ、調査費用などの名目で利恵容疑者からおよそ200万円をだまし取った疑いですでに逮捕。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/1edd2f23d65da5bf82e32f4162877e77be8964b9

とあり、「浮気」は事実ではなく、赤堀恵美子容疑者は信じ込ませたウソだということが判明。

 

元夫はいわれのない「浮気」をでっち上げられ、マンションを追い出されてしまったのではないでしょうか。

それならば、母親と子供3人には大きすぎるマンションの間取りの説明が付きます。

 

「浮気の調査費用」として200万というのはあまりに高額。

浮気の調査費用の相場は、平均して30~100万円だと言われています。

 

200万というのは、いくら探偵を使っても証拠が掴めなかった。(出るはずがない)

あるいは調査をしているフリをして至福を肥やしていたのでしょう。

 

翔士郎君は、赤堀恵美子容疑者の利己的で身勝手な行動の犠牲者といも言えるのではないでしょうか。

 

亡くなった翔士郎君のご冥福心よりお祈り申し上げます。

コメント