堀藍容疑者のストーカー行為は1月から 動機はSNSブロック アスペルガーか 

送検される堀藍容疑者 ニュース

山田未来さんを殺害した容疑で逮捕された堀藍(ほりあおい)容疑者の動機について調査しました。

殺害行為の引き金となった出来事は「連絡が取れなかったこと」によるもの。

山田未来さんはすでに1月の時点で警察に堀藍容疑者のストーカー行為を相談していたようです。

堀あおい容疑者は重度のアスペルガー症候群である可能性が高いです。

連絡が取れなかったことによる逆恨み殺害

https://twitter.com/hibritais_835/status/1277596480866377728

沼津市西浦久連の女子大学生(19)が自宅近くの路上で刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された三島市壱町田、大学生の男(20)が、女子大学生に一方的に好意を寄せていたとみられることが29日、捜査関係者への取材で分かった。沼津署は男が女子大学生と連絡が取れなくなったことへの逆恨みで犯行に及んだ可能性もあるとみて、2人の関係や動機を詳しく調べる。

同署は同日午前、殺人容疑で男を静岡地検沼津支部に送致した。

捜査関係者によると、男は女子大学生を刺したことを認めているとみられる。事件前に女子大学生から警察への相談はなかったという。凶器の刃物は現場で見つかり、同署が押収している。
参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/e9b46fb1c70d962bb2dcaaa557df7add34100125

内容をまとめると

  • 堀藍容疑者が山田未来さんを殺害した動機は「連絡がとれなくなったこと」によるもの
  • 事件前に被害者から相談はなかった
  • 事件直前の17日午後1時ごろ、黒い服を着た不審人物を近所の人が目撃している
  • 山田未来さんのアルバイトの帰りを狙った犯行

このニュースでは「被害者からの相談はなかった」とあるようですが、ラジオによると「1月の時点で警察に相談していた」という情報が新たに入りました。

 

事件が起きた詳しい場所についてはコチラ

堀藍容疑者山田未来殺害の現場を特定‼沼津市19歳女子大生殺人事件
堀藍(ほりあおい)容疑者が山田未来(やまだみらい)さんを殺害した事件現場を特定しました。場所は西浦久連(にしうらくづら)の久連とうふ店近くの十字路から南に進んだ場所。山田未来さんの家の近くです。堀あい容疑者から会いに行き山田みくさんを殺害しました。

ストカー行為は遅くとも1月から

https://twitter.com/yorozya_1/status/1277003284151074816

ニュース報道では「事前に警察への相談はなかった」とされているそうですが、29日18~19時に放送されたラジオでは「山田未来さんは1月にストーカー行為について警察に相談をしていた」という情報があります。

 

その時警察は「動く範囲ではない」として事件を回避するような具体的対策はしなかったようです。

その時は「山田未来さんに対する防犯指導だけ」とのこと。

詳しいラジオの局やチャンネルは追記していきます。

 

まだ起きていない事件では警察は動くのが難しいということですが、この時点で堀藍容疑者に対するなんらかの具体的な指導があれば、今回の事件は行らなかったのかもしれません。

ブロックされたのはLINEやTwitter

山田未来さんが堀あおい容疑者のストーカー行為に危険を感じ、警察に相談していた。ということは、その時点ですでに堀藍容疑者からの連絡手段は絶っていたことになります。

SNSで主な連絡手段として使われるのは

  • LINE
  • Twitter

です。

  • インスタグラム
  • Facebook

などは、直接連絡取る手段よりも、行動を報告する場所として活用されることが多く、堀藍容疑者の恨みを強くかったのはLINEやTwitterのブロックということになります。

 

逆上するストーカー気質の人間は、連絡行為を絶たれたことによって「諦め」を感じるのではなく「なんで拒否するんだ」という逆恨みを持ちます。

 

1月に警察に相談していたということは、半年以上の粘着され、しつこいストーカー行為に頭を悩ませていたのではないでしょうか。

堀藍容疑者は重度のアスペルガー症候群の可能性大

中度~重度アスペルガー症候群の特徴として「自分と相手との区別がつかない」があります。

 

普通「行為を伝えたけど相手に拒否された」場合は「相手の気持ちもあるから仕方ない」「自分に足りないことがあったに違いない」と、他者と相手を切り分けて考えます。

 

しかしアスペルガー症候群の場合、「自分が好きなのになぜ愛してくれないんだ」「好意を伝えたんだから俺たちはもう付き合っているよね」「デートどこ行こうか?」という相手=自分という常人には理解しがたいことが脳内で起きます。

 

自分の気持ち=相手の気持ちなので、それが拒否された場合、一方的な怒りに変わり、暴言、暴力行為などに結びつくこともあるのです。

 

今回のケースは、山田未来さんがすでに堀藍容疑者からの連絡を絶っていました。

過去に交際歴があるかもしれませんが、事故当時はむしろ恐怖を抱く存在。付き合ってはいないことになります。

 

山田さん側に完全に連絡を取ることすら拒否されたのにも関わらず、実家まで行きアルバイトの帰りを待って殺害。

「自分の思い通りにならないお前が悪い」という人格障害やアスペルガー症候群の特徴の一つが如実に現れた事件です。

堀藍容疑者はオンライン飲み会でも一言も話さず

堀藍容疑者と高校時代同級生だった男性によると、中学は野球部、高校では英語部に入っていたということです。

 

堀あおい容疑者と山田未来さんは「日本大学国際関係学部2年生」で、英語を中心に学ぶ大学に在学していました。

堀藍容疑者と山田未来さん(19)の学校特定‼日本大学国際関係学部2年生か
山田未来(やまだみらい)さんが堀藍(ほりあおい)容疑者によって殺害された静岡県沼津市の事件で、山田未来さんと堀藍さんの学校と思われる情報について調査しました。通っていたとされるのは「日本大学国際関係学部」で、二人は2年生。大学の評判なども調査しました。

 

ということは高校時代から英語に興味があったようですね。

大学では「日本語を教えるボランティア部活動」をしていたようですが、その時点ですでに孤立状態だったとのこと。

 

さらに、5月にコロナウイルス自粛をキッカケに行われたオンライン飲み会では「一言も話さなかった」とのこと。

すでに5月の時点で心に大きな闇を抱えていたのでしょう。

 

山田未来さんに連絡手段をことごとく拒否されてしまい。絶望の淵に立っていたに違いありません。

もちろん一方的なものですが。

コメント