【画像で簡単】Amazonダッシュボタンの設定方法と使い方 捨て方なども

アマゾンダッシュボタンで注文している写真

突然ですが、Amazonダッシュボタンというのをご存知でしょうか。

コカ・コーラのダッシュボタンの写真

 

この写真のようなボタン。

これが『Dash Button(ダッシュボタン)』です。

インターネットニュースなどでも話題になったので、見たことがある。
という方もいるかと思いますが、イマイチ(何に使うんだろう…便利なの?)と分かりにくい商品でもありますよね。

 

ダッシュボタンはワンプッシュするだけでAmazonで商品が買えてしまうという、ただそれだけのボタン。

使い方や目的がわかったとしても
「本当に必要なの??」と感じた人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回私が実際にダッシュボタンを使って買い物をしたので、本当に必要なのか。どのくらい、そしてどんな時に便利なのか、お得か、などなど感想&レビューをさせていただきいますので、ダッシュボタンが気になっている方。悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Dash Buttonを使う

ボタンを押す人の写真

Dash Buttonってなに?

ダッシュボタンとはAmazonプライム会員だけが使うことのできるAmazonの提供するサービスの一つ。

ボタンを押すだけで簡単に買い物ができてしまう。といういまだかつてありそうでなかったボタン。

天然水のダッシュボタンの写真

 

こちらはサントリー天然水のダッシュボタン。

この右側の丸い部分を押すだけで、Amazonでの注文、注文確定までを一気完了することができます。

 

ボタンを「ポン」と押してライトが緑色に5秒光れば注文完了です。

設定の不備なので正しく注文ができていないと赤く光ります。

 

ダッシュボタンには「天然水」とだけ書かれていますが、注文できる商品は1種類ではありません。

天然水ダッシュボタンで買える商品一覧

 

こちらは「天然水」のダッシュボタンから注文できる商品の一覧。

コチラ以外にも合計13点ほどの商品の中から選んで注文することができます。

 

ボタンをポンと押すと設定してあった商品が届く。という具合です。

 

ダッシュボタンで買うことができるのは1種類。

あらかじめスマートフォンのAmazonアプリなどで設定しておく必要があります。

 

どんな商品があるの?

ダッシュボタンはAmazon全ての商品ではなく、対象商品のみの販売です。

「足りなくなるその前に簡単に注文」というコンセプトなのか日用品が中心ですね。

 

代表的なダッシュボタンのラインナップは

・コカ・コーラ
・エリエール
・ウィルキンソン(炭酸水)
・ジョイ(食器用洗剤)
・アリエール(洗濯洗剤)
・フルーツグラノーラ
・コカ・コーラ
・アタック(洗濯洗剤)
・ファブリーズ
・エヴィアン
・UNO(ヘアワックス)
・シック(髭剃り用品)
・パンテーン(シャンプー等)
・ラックス(シャンプー等)

他にもまだまだありますが、ダッシュボタンのラインナップの一部です。

「あ!ない!また今度買おう…」
「あ…買うの忘れてた…」

ダッシュボタンは押すだけなので、こんな瞬間をなくすことができます。

 

ダッシュボタンの商品登録方法

ダッシュボタンの商品登録設定は現時点ではパソコンからの設定は出来ません。

スマートフォンのAmazonアプリからの設定のみになります。

そしてダッシュボタンを使うにはWi-Fiが必要になりますので、Wi-Fi電波の届く場所に設置しましょう。

もし家にWi-FiがなくてもFREESPOT Wifiの電波が家に届けば無料で使うことができるので確認してみましょう。

こちらのアプリから設定ができます。

 

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

 

ダッシュボタンを使ってみた

スイッチボタンの写真

とにもかくにも使ってみないと本当の良し悪しなんてわかりませんよね。

そこで実際にダッシュボタンを買って使ってみました。

 

ダッシュボタンを買う

ダッシュボタンの購入は簡単です。

Amazonで『ダッシュボタン』と検索すると色々な商品が出てくるので、お目当ての商品を買います。

 

価格は一律500円です。

 

「お金取るのかよ~!!」という人も安心してください。

そこはさすがAmazon。購入時の500円はダッシュボタンで初回注文時に割引になります。つまり実質0円です。

 

ダッシュボタンが届いたよ!

ダッシュボタンの容器の写真

 

コチラが届いたダッシュボタンの写真です。

私の家の地域だとお急ぎ便でも2日かかるのが普通でですがダッシュボタンは注文後翌日に届きました。早い。

ダッシュボタンのカバーが付いた状態

 

箱を空けるとこのような黒いカバーが。

一体何のためなんだろう…

ダッシュボタン本体の写真

 

コチラがダッシュボタン本体の写真。

Amazonの写真だとボタン部分が銀色っぽい感じがしたけどどうやら白色みたいですね。

ダッシュボタンの裏

 

ダッシュボタンの裏面の水色のシールをはがすと粘着シートになっています。

色々なところに貼り付けることができそうですね。

ダッシュボタン説明書の写真

 

ダッシュボタンの使い方(アプリでの設定方法)が書かれた説明書も箱に入っていました。

白い方が利用規約で黒い方が使い方です。

スポンサーリンク

アプリで設定する

Amazonアプリの画像

 

ではスマートフォンのAmazonアプリでダッシュボタンの設定をしていきます。

アプリをダウンロード後、開くと左上にメニューが表示されます。

メニューをクリックすると

amazonアプリのメニュー画面

 

このような項目が出るので、その中にある「アカウントサービス」をクリック。

ダッシュ端末設定画面

 

その後色々なメニューが出てくるので、最期の方にある「ダッシュ端末」の「端末を管理」か「新しい端末をセットアップ」を選択します。

これはどちらでも構いません。

 

「端末の管理」から入ると次に

amazonダッシュ端末の管理画面

 

このような項目になるので「新しいDash Buttonをセットアップ」を選びましょう。

AmazonダッシュWiFiの確認

 

するとこのように「WiFiを使うのでWiFiのパスワードが必要になりますが良いですか?」という確認がでるので
「同意して開始」を押します。

この時にはWiFiの電波が届く環境にあることと、WiFiを使うために必要なパスワードを用意しておきましょう。

ダッシュボタン長押しの初期設定方法

画面に表示されているように、ダッシュボタンを6秒ほど長押しすると、

ダッシュボタン本体光る場所の写真

 

ダッシュボタンの写真の矢印のあたりが青白く光ります。

お恥ずかしながらダッシュボタンの端にある黒い点が光るとずっと思っていて、「あれ、光らないじゃん…」と指で隠れてはじめ見えませんでした(笑)

ぼんやりと光るような感じです。

ダッシュボタンwifi設定画面

 

ダッシュボタンが正常に動くと、画像に出ているように今現在拾っているWiFiの電波が「ネットワーク」に。

そしてパスワードを表示される画面がでてくるので入力します。

ネットワークの場所には一番強い電波のWifiが初めに候補として表示されているはずです。

自分の使っているものと合わせましょう。

アマゾンダッシュ商品選択画面

 

WiFiのパスワードが正しく設定出来たら、ダッシュボタンごとの商品選択画面になります。

画像で写っているのはほんの一部で他にもたくさんの種類から選ぶことができます。

 

私は今回サントリーの「天然水」のダッシュボタンを購入したので、天然水の商品がずらっと並んでいるのです。

まぁはじめなので人気商品と書かれている一番上のものを選んでみます。

ダッシュボタンの商品確認画面

 

商品を選ぶと、画像の様に「これでいいですか?」という最終確認が表示されます。

「セットアップを完了する」を押すと、ダッシュボタンに該当の商品が設定されることになります。

ダッシュボタン設定完了画面

 

するとこのような表示が出てきます

 

これで終了。簡単ですね。

もちろん商品は後で簡単に変更できます。

 

ダッシュボタンで注文してみる

では早速ダッシュボタンで注文してみましょう。

ダッシュボタンをポチっと押すと

アマゾンダッシュボタンで注文している写真

 

写真のように中心が光りました。

始め点滅した後にボヤ~っと長く光る感じです。

その後アマゾンからスマートフォンに「注文されました」という表示がありました。

 

ボタンで注文された内容を確認すると

amazonダッシュ値段確認

 

このように「ダッシュボタン購入の際の500円」が割り引かれた状態で注文されており、
「お急ぎ便」で注文が確定されていました。

 

ダッシュボタンを連打してみる

「なぜ押すかって?そこにボタンがあるからさ…」

 

そう子供たちがイタズラでダッシュボタンを連打する可能性だってありますよね。

そこで、ダッシュボタンを繰り返し押してみました。

先ほどの注文確定後すぐです。

 

すると

ダッシュボタンを繰り返して押した写真

 

「お、光った」

取り合えずは光るようです。

始めの注文時とおなじですね。

 

端末に連絡が来るので確認すると

ダッシュボタンを繰り返して押した時の確認画面

 

この画像のようなメニューに飛ぶことができます。

画像の1番上に『重複注文を許可』という項目がありますが、始めはOFFの状態。この部分を『許可』にするとダッシュボタンを押しただけ注文が発注されます。

もちろん、下にあるボタンでキャンセルできるんですけどね。

 

重複注文が無効になっていれば放置しておいても、注文した商品が届くまで次回のダッシュボタン注文は無効になるので安心してください。

 

こんな時に便利だDash Button

今回私が購入したダッシュボタンは飲料水です。

スーパーに買いに行くと重いので、女性や年配の方にはとても便利なボタンではないでしょうか。

水道水を飲み水にできない地域はたくありますもんね。

 

そんなときは普段飲料水を置いておく場所にダッシュボタンを設置すると、気が付いたときに押せばいいのでとても便利だと思います。

 

・冷蔵庫のドア
・食料を保存しておく場所の近く
・キッチン

どこでもいいと思います。裏面にシールがあるのでどこにでも張れますよ。

 

サントリー天然水 Dash Button
Amazon
売上げランキング: 1
コチラが私の買った天然水のダッシュボタン

 

主婦や一人ぐらしの方は、洗濯洗剤も便利だと思います。

アリエールやアタックのダッシュボタンがあるので、洗濯機に直接貼り付けて置けばすごく便利ですよね。

「あ、なくなる!」って思った瞬間に注文できるので
「あ、買い忘れた!」がなくなります。

 

アリエール Dash Button
Amazon
売上げランキング: 3

 

アタック Dash Button
Amazon
売上げランキング: 6

 

ダッシュボタンを捨てる方法は?

ダッシュボタンを買ってみて、試してみたけど使わなくなった。
他のダッシュボタンに替えようかな。という方はいると思います。

 

そんな時のダッシュボタンの処分方法を公式の方に直接聞いてみました。

 

 

私「ダッシュボタンは処分する時どうすればいいんですか?返送するんでしょうか?」

という質問に対して

Amazon公式カスタマーさん

「Dash Buttonが不要になった場合は、商品のお取り扱い上の理由で、ご返送いただく必要はございません。

そのため、その場合はお客様ご自身で破棄していただきますようお願いいたします。

ただし、Dash Buttonがアカウントに登録されている場合は、Dash Buttonによる注文が行われないように、無効化処理を行ってください。Dash Buttonを無効化する方法は、以下のとおりです。

1. スマートフォンでAmazonショッピングアプリを起動します。
2. メニュー(3本の横線)アイコンをタップし、次に「アカウントサービス」をタップします。
3.「Dash 端末」で、「端末の管理」を選択します。
4. Dash Buttonに現在関連付けられている商品を選択します。
5.「このDash Buttonを無効にする」をタップします。
6. 無効化したDash Buttonを押します。」

 

このように返信いただきました。丁寧にありがとうございます。

 

そのまま捨ててしまって問題ないが、念のためダッシュボタンを無効化してから捨てた方がいいようですね。

LED入っているし燃えないゴミですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はAmazon Dash Buttonを実際に使ってみたので、設定の方法や感想などを踏まえて書かせていただきました。

 

個人で使うのも便利だと思いますが、個人的には介護施設や飲食業など、社会の場でも活躍することができるような便利さじゃないかな~と思いました。

 

ダッシュボタンの接続にはWiFiが必要ですが、「FREE SPOT」という完全無料のWiFiの使える範囲も広がっていますし、お家にWiFiを飛ばしている家も多くあると思います。

気が付いたときに、忘れないうちに「ポン」

斬新だけど本当に便利なサービスだと感じました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です