GMOとくとくBBで確実にキャッシュバックを受け取る方法

スポンサーリンク

WiMAX契約で人気のGMOとくとくBB。

高額のキャッシュバックが得られることで人気なのですが1点でけ難点が…

 

キャッシュバックの方法がやや面倒!!

 

しかし、今回私GMOとくとくBBのキャッシュバックに成功しましたので、

確実に受け取る方法として自分が行ったこと。

そしてキャッシュバックの具体的な方法を紹介します。

 

とくとくBBのキャッシュバックを絶対に受け取るぞ!!

WiMAXプロバイダはたくさんあるけど

WiMAXを契約するプロバイダはたくさんあります。

  • JPWiMAX
  • BroadWiMAX
  • Sonet
  • UQWIMAX

などなど。

そしてその一つに「とくとくBB」があります。

 

とくとくBB最大の特徴は、業界最高のキャッシュバック金額です。

 

WiMAXプロバイダの中には「キャッシュバックなし」も珍しくなく、

その代わりに端末本体代金がタダ、や違約金負担などのサービスがありますが、

「本体代金無料+高額キャッシュバック」はとくとくBBならではなのです。

 

とくとくBBはキャッシュバックが受け取りにくい?

お札を失う人

 

利用者の中には「キャッシュバックを受け取れなかった」という方もいるようです。

 

「高額が戻ってくるのにもったいない!」と思われる方も多いはず。

 

実際私も契約するまではそう思っていましたが、あやうく「キャッシュバックが受け取れないかも?」
という状態になりました。

 

とくとくBBのキャッシュバックを受け取れないたった一つの理由。

それは

 

あ!!忘れてた!!

 

です。

多くの方がキャッシュバックのことを忘れてしまっていて受け取り損ねているのです。

 

とくとくBBのキャッシュバックを受け取れる手順と期間

とくとくBBのキャッシュバックを受け取るには手順があります。

 

  1. 契約後、はじめての請求から11カ月後にキャッシュバックに関するメールが送られてくる
  2. Gmailなど個人的に使っているメールアドレスではなく、「BBnavi」というとくとくBB独自のメールボックスに送られてくる
  3. 放っておいても通知はこないので、利用者側から確認が必要
  4. メールが来てから翌月の末日までにキャッシュバックを振り込む銀行口座を登録

 

という手順が必要になります。

 

「放っておけばGMOから連絡が来る?」というものではないので注意が必要です。

 

1年経つとすっかり忘れてしまうことも

私はキャッシュバックをなんとしても受け取るために工夫をしました。(後で紹介します)

 

契約当初は、「高額なんだし忘れすはずがない!!」と思っていましたが実際1年もたつと
WiMAXの本体が部屋になじんであるのが当たり前に。

 

そしてそのまま「忘れてた!」が起きやすいなと感じました。

 

とくとくBBがWiMAXプロバイダの中でも安いと言われるのは、キャッシュバックを含めた「実質」です。

 

キャッシュバックを受け取らないと「むしろ他のプロバイダんほうが安い」ということが起きてしまうのでなんとして受け取りましょう!!!

 

 

キャッシュバックを絶対に受け取る方法

では実際に私が行ったとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法を紹介します。

 

まずはキャッシュバックのメールが何月に来るのか確認

キャッシュバックに関するメールは、端末発送月(課金が開始される月)から11か月後に送られてきます。

 

「いつかわからない」という方のために分かりやすい表を用意しました。

 

まずは「BBnavi」にログインをします。

 

ログイン方法は、契約時に送られてくる「登録証」に書かれている「会員ID」と「パスワード」を入力することでログインできます。

 

とくとくBB登録証IDパスワード部分

コチラがとくとくBB登録証。

大切なので保管しておきましょうね!!

 

写真の水色の部分に「会員ID」と「パスワード」が書かれています。

 

BBnaviはコチラからログインできます。

https://ssl.gmobb.jp/navi/login.cgi

 

bbnaviログイン画面

BBnaviに入るとこのように会員IDとパスワードを求められるので入力します。

bbnavi明細確認

次に「BBウォレット・ご請求明細の確認」を押します。

bbnavi明細確認ボタン

するとボタンが表示されるので、「ご請求明細(内訳)」を押します。

bbnavi明細の確認画面

 

するとこの画像のように、ご請求履歴が表示されるので、「初めに請求が始まった月」を確認します。

私の場合は、5月からのスタートですが、実際に金額が請求されはじめたのが6月です。

 

この場合は「6月から11カ月目」にキャッシュバックのメールが届くことになります。

課金開始月 キャッシュバック手続きを行う月
1月 11月
2月 12月
3月 1月
4月 2月
5月 3月
6月 4月
7月 5月
8月 6月
9月 7月
10月 8月
11月 9月
12月 10月

 

このようになります。

 

「6月に課金が始まった私は、4月中に振り込み先の銀行口座登録の手続きを行えばキャッシュバックを受けられる」

ということになりますが、実際キャッシュバック手続きに関するメールが届いたのは3月末です。

 

振り込み先口座登録の手続きが必要になりますが、私の場合は4月を過ぎてしまうとキャッシュバックを受けることができません。

 

注意が必要です。

みなさまもそれぞれ何月に手続きを行う必要があるかメモしておきましょう。

 

スケジュールをセットする

キャッシュバックのためのメールが届く月が分かったら、絶対に忘れないようにまずはスマートフォンや携帯電話のスケジュールでアラームをセットしましょう。

 

私の場合は3月の末と4月の1日の夜にそれぞれ「とくとくBBキャッシュバック!!」というタイトルのスケジュールをセットしました。

 

1回だと忘れる可能性もあるので、日にちを分けて2~3回セットすると安心できます。

 

壁掛けのカレンダーに書き込むのもいいですが、1年もたってしまうとカレンダーを変えることになります。

常に手元に置くスマートフォンなどがおススメです。

 

端末にメモを貼る

WiMAXの端末はみなさん電波のいいとこや見通しのいいところに置くかと思います。

なにかと本体を見る機会も多いので、端末本体に直接メモを貼ってしまいましょう。

 

見栄えが悪くなるかもしれませんが、大金を失うことに比べたらカワイイものです。

 

本体に直接書くのは汚くなりますし、ポストイットでは粘着が弱くなってはがれます。

 

おススメなのが、セロテープの粘着面に切ったメモ用意を貼り、そのまま本体にセロテープを貼ってしまう方法。

透明なのでメモも見えますしはがれません。

 

キャッシュバックを受けたら剥がしてしまえば端末もキレイです。

 

絶対に忘れているという前提で予防線を張る

キャッシュバックまでに約1年。

まず間違いなく「忘れている」と考えておきましょう。

 

そのうえで行動できることがあればできる限りのことをしましょう。

  • 家族や奥さんに伝えておく
  • キッチンなどにメモを張っておく
  • 手帳に書き込む
  • パソコンにアラーム

他にもできることはありますが、メモやアラームの力は偉大です。

後悔しないためにもできるかぎり対策しましょう。

 

キャッシュバックメールが届いてからの手続き方法

では最終段階の、とくとくBBキャッシュバックのためのメールが届いてからの手続き方法を紹介します。

 

私の場合は4月が手続きをする月だったのですが、3月29日にはメールが届いていました。

 

 

まずはBBnaviにログインします。

bbnaviメール画面

BBnaviのメニューの下のほうにある「WEBメール」をクリック。

Ver1とVer2がありますが、Ver1から私は入りました。(ver2だとログインできなかったんですよね…なんでだろ)

 

すると

メールログイン画面

この画面のようにログインのための「メールアドレス」と「パスワード」を求められます。

 

ここ入力するのは、WiMAX登録時のメールアドレスではありません。

 

登録証に書かれている

とくとくBB登録証

この写真の黄色と赤い部分に書かれている「基本メールアドレス」と「メールパスワード」を入力します。

 

とくとくBB契約時にお客様側で決めるアドレスで、「gmai.com」など見慣れたものではなく「hokuriku.me」など少し変わったアドレスなので間違えないでください。

 

bbnaviメールボックス

するとこのようにとくとくBBのメールボックスに入れます。

 

写真の中央当たりの「GMOとくとくBBからのお知らせ キャッシュバック特典について」というのがキャッシュバックに関するメールです。

 

bbnaviメール内容

メールの内容は、キャッシュバックを受け取るための講座情報の入力フォームの案内や注意事項などです。

 

お申し込み期限なども書かれているのでチェックしましょう。

 

「あとでやればいいか」と思っていると忘れるので、チャチャっとやってしまいましょう!!

時間は全然かかりません!

 

 

キャッシュバックフォーム

キャッシュバックのための入力フォームを選択すると、再度会員IDとパスワードを求められるので入力。

 

「ゆうちょ銀行かそれ以外か」で選択すると

振り込み先入力画面

この画像のように、入力画面になります。

 

私は住信のネット銀行なので、入力し、講座情報も書き込んでいきます。

 

一点わかりにくいものに、「預金者名」というのを求められますが、銀行口座を作った時の名義人の名前を入力します。

 

振り込み受付完了

講座の登録が終わると、画像のように「お申し込み受付完了」「ご登録いただいた口座へは翌月最終営業日にお振り込みいたします」と出るので、待ちましょう。

 

確認メール

メールボックスに戻ると「 GMO とくとく BBキャッシュバック特典銀行振込受付のお知らせ」という確認メールが届きます。

 

これでキャッシュバックの受付完了です。

 

まとめ

とくとくBBのキャッシュバックは、キャッシュバック受付のメールが届くまでに11カ月とかなり長いです。

しかし、キャッシュバックを受けられれば業界最安値と言われるほどお得なWiMAXプロバイダです。

 

 

「キャッシュバックを受けれらなかった」という人の大半が「忘れていた」です。

 

まずは契約直後の記憶が新鮮な状態でできる限りの対策を取りましょう。

 

私の場合は「スマートフォンのスケジュールアラーム」と「本体にメモを貼る」というのが効果的でした。

 

契約当初は「絶対に忘れない!」と思っても1年経てば忘れるものです。

 

「必ず忘れる」というのを前提に対策することで、キャッシュバックを受けることができますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)