AndroidからiPhoneに変えてみたメリットとデメリット 使いやすいのは

2017年11月19日

アイフォンの写真

ついに私もiPhoneデビューしました!

スマートフォンが出始めのころ、初代Galaxyからはじまりず~とAndroidだったのですが、
「なんかiPhoneも使ってみたいな~」なんて単純な思い付きから。

壊れたとかではなく、贅沢言わなければまだまだ使えたのですが本当に何となくです。

 

しいて言えば、古い機種だったので新しくリリースされるゲームに追い付かなくなってきていた。ぐらいです。

特にアイフォンはスペックが高いのでゲームがサクサク動くと有名ですからね。

カメラ機能とかは引き延ばしたりするわけではないので十分満足だったんですけどね。

 

そこで実際AndroidからiPhoneに変えてみた感想やらを色々書き込んでいこうかなと。

 

よくある「AndroidとiPhoneの違い~」みたいなものではなく具体的なことを書きたいと思います。

AndroidかiPhoneどちらか悩んでいる人の少しでも参考になれば幸いです。

それぞれよかったことをメリット。悪かったところをデメリットとして紹介します。

スポンサーリンク

AndroidからiPhoneへ変えてみて

よかったところ(メリット)

マナーモードが使いやすい

使う機種にもよるかもしれませんが、iPhoneのマナーボタンはとても使いやすいです。

マナーと音出しの切り替えが楽。

横のボタンをスライドするだけで簡単に切り替えられます。

私の使っていたGalaxyの場合ホーム画面からスライドでメニューを呼び出し、切り替えるというのが基本的なやり方だったので、画面を立ち上げずに切り替えられ、今の状態がマナーモードなのか目で見て分かるのは便利です。

 

マナーモードとの切り替えは頻繁に使う機能なのでこれはありがたいですね。

 

処理速度が早い

ここはさすがiPhoneといった感じですね。

凄まじくボタンを押した後の動作が早い。

AndroidもiPhoneもちょっと触った動作はどちらもサクサクなのですが、使っていたAndroidの機種は細かいところでカクカクしていました。

慣れていたので気が付かなった…というか意識していませんでしたが、ヌルヌル動く動作を体感すると凄いですねコレは。

動作が快適ということは行動を処理する能力が優秀だということ。

iPhoneからAndroidに変えるとカクカクを感じる。という人の気持ちがわかりました。

 

AssistiveTouchは便利

iPhoneに変えてからはじめて使ったAssistiveTouch機能。

初めて知ったときは「横文字か…関係ないな…」とか思っていたけどなかなかこれがどうして便利!

ホーム画面やその他いつでもどこでも画面に薄い○のマークが表示されます。

この薄い○こそAssistiveTouch(アシスティブタッチ)。

この○ボタンを押すことで画面の何処からでも設定してある動作を行うことができます。

 

特に便利なのが「ホーム」に戻るボタンと「スクリーンショット」機能。

iPhoneはAndroidと比べて「戻る」ボタンがありません。

 

ちょっといじったけど「あ、ホームに戻りたい」という時今までなら戻るボタンタッチでよかったのですがiPhoneはホームボタンをいちいち押さないといけないのが何となく手間。

指の位置だったり物理ボタンだったりするから…

 

しかしAssistiveTouchなら画面上にホームに戻るボタンを一瞬で呼び出し戻ることができます。

「ホームボタン押せばいいじゃん」ってことんなんですけど、コッチの方がずっと楽ですね。

 

それにスクリーンショット。これはAndroidよりずっと楽。

アンドロイドは普通スクリーンショットは電源ボタン+ホームボタン長押しで、iPhoneの機種によっては同じ動作なんだけど、これが結構ミスってしまって面倒。

 

スクショをしようと思ったら画面真っ暗。なんて失敗も。

ボタン一つでスクリーンショットが取れるのはかなり便利ですね。

 

ゲームがヌルヌル動く

iPhoneは日本国内でとてもユーザー数の多い端末です。

そのためソーシャルゲームを作る会社もiPhoneで快適に動くようにまず最適化させて作ります。

それにiPhoneの処理能力はすさまじく優秀なため、ゲームが超快適に動きます。

相当古い機種(5や5Cなど)は3Dゲームが難しいと思いますが、6以降ならストレスは少なく遊べると思いますよ。

 

動きの自然さが段違いで、ゲームをしていて全くストレスを感じません。

ゲームが主体になる人には間違いなくiPhoneはオススメです。

 

ケースの種類が多い

私がandroid時代に使っていたGalaxyはアンドロイドの中でもトップクラスに人気の機種。

しかしそれにも関わらずちょっとオシャレなケースを買おうとするとネットを探さないと見つからないぐらいケースが少ないのです。

しかしアイフォンはとてつもなくケースの種類が豊富。

機能性に優れたものやオシャレなものやかわいいものなどなど。

ケース選びに困ることはほとんどないでしょう。

ケースの選択肢の豊富さも女性に人気な理由かもしれませんね。

androidももっとケースの種類増やせば女性の人気が高くなるのに。

スポンサーリンク

よくなかったところ(デメリット)

「戻る」ボタンがない

戻るボタンはよく言われる違いですね。

 

Androidでは、「←」のようないわゆる「戻る」ボタンがあったんです。バックボタンとも言いますが、一回押すことで直前の動作、画面まで戻ることができます。

 

ホームボタンの右側に合ったのですがiPhoneはコレがない。

大体左上に直前の行動にもどるためのボタンが表示されているのですが、時々なかったりすると

「あれ!画面変えられなくなった!閉じ込められた!」

というよくわからない感覚に襲われます(笑)

 

慣れなんでしょうけど「戻る」ボタンは正直iPhoneに合っても便利だったよなぁと。

ボタンが一つだけでとてもスタイリッシュなんですけどね。

 

 

ブラウザの種類によってバックボタンが違ったり、操作しているメニューによって画面上のバックボタンが違うのがなんとも不便。

 

キーボード

Androidの時はデフォルトで「Google日本語入力」というなかなか優秀なキーボードアプリが入っていました。

iPhoneの場合も購入時にはじめからキーボードがセットされていますが、正直使いにくい…

慣れないせいもあると思いますけどね。

フリック式で入力する人はあまり変わらないかもしれませんが、パソコンのキーボードの打ち方で文字を入力する人はiPhoneのデフォルトは少し使いにくいかも…

 

ひらがなや英数字をかなり行き来することになるのでちょっと手間。

しかも日本語のローマ字入力が、地球儀(?)のようなマークを押してからすぐにスペースを押さなければいけないなど慣れが必要です。

 

なので結局Andridoでも使っていた『Smeji』と使うことにしました。

キーボード画面はほぼ毎日使うものなのでストレスの少ない物がイイですからね。

 

追記:GalaxyでSimejiを使うと文字と文字の間に隙間が空かずに広く使えていたのですが、iPhoneは隙間が空いてしまう…

同じSimejiでも少し使いにくいですねiPhoneは

 

ホームの通知が見にくい

Androidの場合ホーム画面の上に

 

この写真のようなメニューが表示されます。

ホーム画面を開いただけで、Gmailが届いているな。アマゾンから通知が来ているな。Lineが届いているな。というのが簡単に把握できるのですが、iPhoneにはそれがない…

アプリの上にどれくらいの数の通知が来ているのか。という表示をすることができるのですが、いちいちアプリボタンを確認しなければいけません。

Andloid時代は気が付かなかったけど便利だったんだな…

 

Gmailとの相性がよくない

私は仕事の関係、そしてプライぺートでもGmailを使います。

というのも格安SIMでスマートフォンを使っていてキャリアメールがないので必須。

 

Android時代は、Gmailのアプリを入れて当たり前のように使っていましたが、
iPhoneに変えてビックリ。

iPhoneのデフォルトとGmailの相性があまりよくない!!

 

iPhoneに最初から入っている「メッセージ」や「メール」アプリでGmailを通知させることもできます。

しかし、リアルタイムではなく、15分など時間を空けてからメールが届くのです。

どうやら他のメールアプリはリアルタイムで届く「プッシュ」というパターンを選べるようですがGmailは出来ないようです。

 

それならGmail公式アプリならどうだ!と入れてみましたが、確かにリアルタイムで通知してくれるようになったのですが、ウィジェットに出てこない!!

 

しかたないので、『Microsoft Outlook』というアプリでGmailを管理しています。

とても使い易いアプリなので文句はないのですが…なんとなく公式Gmailアプリで使いたかった…

 

LEDランプがない

Androidの機種にもよりますが、スマートフォンに通知がある場合LEDランプが小さく点滅して、何か連絡がないか少し離れていても確認できました。

例えばLINEが届いていている場合、黄緑色のLEDライトが「ピカッピカッ」と一定間隔で点滅するので、暗い部屋でもホーム画面がスリープで真っ暗でもメッセージがあるのかないのかが分かったのです。

 

しかしiPhoneにはこれがない!

他の人に通知が来ているのを知られたくないときや、寝ている時にちょっと光っているのが気になるという方はLEDライとの点滅は必要ないと思いますが、
知られたくないのなんて浮気している人が通知を隠したいときだけですし、ライトが嫌なら裏返せばいいだけ。

う~ん…LEDの通知は欲しかったな…

 

 

100円均一の充電ケーブルが少ない!&急速充電できない

今までAndroidを使っていた時の充電ケーブルはすべて100円均一のものを使っていました。

電気店に行くと充電用のケーブルは売っているのですが、どれも1000円ぐらいして高い!

しかもAndroid用の充電ケーブルはすぐ緩くなってしまって接続が悪くなるので、どうせ直ぐ変えるんだし、急速充電用ケーブルも売っているので100円均一で買っていました。

 

しかし…iPhone用の充電ケーブルがなかなか100円均一に売っていない!

しかも売っていたとしても急速充電にで使ってはいけないのでAndroid時代の充電機が使えない!

Androidの接続のほうが世界規格なので当然といえば当然なのかもしれませんが…

これはかなり不便…

それにiPhoneは基本的に純正以外の充電ケーブルで充電しようとすると
「このアプリケーションは使用できません」など何らかの通知がでて充電できないこともあります。

なんだか縛りが多いなiPhoneは…

 

ゲーム中強制的にスリープになる

これ本当に何とかならないかな…

androidの機種にもよると思いますが、私の使っていたGalaxyの場合、ゲームなどなにか起動している状態だと、電池節約モードだとしても最後の最後まで充電を振り絞って活動してくれました。

しかしiPhoneは節約モードの状態だと30秒間操作しないとどんな状態であれ強制的にスリープになります。

これがかなり迷惑。

アクション系のゲームであれば30秒間操作しないということはなかなかないと思いますが、
シャドウバースのようなカード熟考型ゲームだと30秒操作しない瞬間とか普通にあるんです。

ゲームしているときに突然回線切れ。

まぁ省電力モードにしなければ良い話なんですが、それだと充電があっという間になくなる…

iPhoneユーザーはこのことなんとも思わないのかな?

 

アプリ起動時はスリープしないようにしたほうが絶対いいと思うけど。

ちなみにこの設定を変える手段は今のところiPhoneにはないようです。

 

ホーム画面にずっと通知が表示される

私が使っていたGalaxyは、なんらかの通知が届くと内容によってはホーム画面が表示されてしばらくすると消えます。

 

Galaxyの場合が30秒から1分ほどで通知が消えて再度スリープの状態になります。

しかしiPhoneは「通知を表示する」と設定しておくとこの表示がず~~~っと出ています。

 

例えば寝ている夜中にメッセージが届いたら、この「メッセージがあります」という表示は朝自分が気が付くまで出ています。

ハッキリいって電池の無駄ですよね。

「バナー」という通知が一瞬表示されるモードにしておけば一定時間で消すことができます。

 

LINEのバイブがどれも一緒

Androidを使ったことがある人には分かると思いますが、マナーモードでLINEでメッセージが届いたとき
「ブーン ブ ブーン」とリズムを刻んで振動します。

これはLINE特有のバイブレーション。

なのでマナーモードでポケットに入れて置いた状態でも、LINEが届いたのかそれとも他の通知なのかバイブで判断できるのです。

しかしiPhoneにはこれがない!!

なんらかの通知が届いたときのバイブレーションパターンを自由に作ったりできるようですが、
LINE特有のバイブレーションパターンを設定できないのです。

 

マナーモードでiPhoneが鳴るたびに何の通知か確認するにはイチイチホーム画面を開いて確認しないといけないのは不便…

 

 

まとめ

現段階での評価ですが、ソーシャルゲームをしている最中は本当にiPhoneにしてよかったなと思います。

知り合いのそこまで古くないAndroidと比べても本当に感じます。

 

しかし、普段の生活、普段使いではAndloidのほうが細かいところでユーザー目線に作られているなと感じます。

 

日本ではiPhoneの所有率は7割と以上に高いですが、世界ではGalaxyが3割 iPhoneが1割と全然少ない。

何を優先させるかにもよりますが、デザインやブランドを重要視しなければAndloidがもっと評価されてもいいと思いますけどね。

スポンサーリンク