Amazonではデビットカードも使える 簡単に分かるデビットカードの使い方

デビットカードの写真

Amazonプライムに会員登録をしたい!
学生の特権Amazonスチューデント会員になりたい!

だけどクレッジトカードがないから作れないや…

と諦めていませんか?

 

確かにアマゾンでの有料会員登録はクレジットカードが必要です。

しかし色々な理由によってクレジットカードが作れない人もいます。

 

そんな人たちでも便利なAmazonのプライム会員やスチューデント会員に登録する方法があります。

それが『デビットカード』

クレジットカードとは支払方法が大きくことなり、審査もクレジットカードより簡単。

学生でも作ることができる便利なカード。

今回はそんなデビットカードを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

便利なデビットカード

青いデビットカードの写真

 

デビットカードってなに?

利用したことがある方なら分かるかもしれませんが、「聞いたことがあるけどいまいちどんなものか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこでまずデビットカードが一体どんなものなのか分かりやすく紹介します。

 

デビットカードを分かりやすく言うなら
『Suicaや交通系のカードが色々な場所で使えるようになったもの』です。

「Suicaが良く分からない…」という人は、
『自分の口座に入れてあるお金をカード経由で使えるもの』と考えてください。

 

『支払いの信用をしてクレジットカード会社がお金を立て替えてくれる』のがクレジットカードです。

お金の支払いの信用ができない人はクレジットカードが作れないので審査が厳しくなります。

 

しかしSuicaなどをはじめとする交通系カードは、前もって自分でお金をカードにチャージ(入れて)しておく必要がありますよね?

お金を入れなければ残高が0円なので当然使えない。

しかしお金を前もって入れて置くことで便利に使える。これが交通系カードでデビットカードも全く同じ仕組みで使うことのできるカードです。

 

”お金を誰かに立て替えてもらう”という必要がないので、特に信用がなくても誰でも作ることができるのです。

デビットカードのメリット

デビットカードの写真

 

色々な契約ができる

デビットカードのメリットはクレジットカードでの契約が必要なものでもデビットカードで契約できるようになる。(携帯料金などはできないものもある)ということです。

 

今まで「あ~クレジットカードが必要なのか~」と諦めてしまっていた契約も、デビットカードに対応していれば出来るようになります。

 

使いすぎることがない

クレジットカードはいわゆる「お金の建て替え」です。

お金が今現在手元になくても、引き落としの日までに用意すれば使うことができるので、場合によっては予算以上に使いすぎてしまうこともあります。

しかし、デビットカードは口座に入っているお金以上に使うことは出来ません。

当たり前のようにお金がなければ使うことができないので、間違っても「使いすぎた」ということがないので安心です。

 

海外ではデビットカード方が主流

日本ではデビットカードよりクレジットカードを使っている人が多いですが、海外ではむしろデビットカードが主流。

子供に持たせてもクレジットカードのように使いすぎてしまうということがないので、安心して持たせることができ、「初めはデビットカードから」という考え方の人が多いのです。

スポンサーリンク

デビットカードを作ることのできる条件

デビットカードの多くは15歳以上から作れてしまうものが多く、高校生ならほとんどのデビットカードを作ることができます。

中学生や高校生はAmazonでの有料登録ができないので、両親にお願いして登録してもらう必要があります。

大学生で「Amazonでスチューデント会員に登録したい!だけどクレジットカードは抵抗があるな…」という方はデビットカードを登録しましょう。

 

「社会勉強のために」とクレジットカードを作るのも悪くないと思いますけどね。

 

デビットカードの年会費

気になるのは、契約料金や年会費。

一昔前前まではデビットカードの年会費が1000円~3000円かかるのが当たり前だったのですが、
最近では初年度も2年目以降も年会費無料というデビットカードもあります。(まだまだ少ないですが)

おおよその目安としては、初年度が0円~500円。2年目以降が500~1000円。というデビットカードが多いようです。

カードの種類 初年度年会費 2年度目以降の年会費
JNB Visaデビットカード 0円 0円
イオンデビットカード 0円 0円
楽天銀行デビットカード(JCB) 0円 0円
住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード 0円 0円
りそなVisaデビットカード(オリジナル) 0円 500円
三菱東京UFJ-VISAデビット 0円 1000円

知名度の高いデビットカードをいくつか。

大手は初年度も2年目以降も年会費が無料というところが多いですね。

UFJは2年目以降年会費1000円かかりますが、キャッキュバック還元率が0.2%なので、使用頻度が高ければお得になることもあるかもしれませんね。

 

デビットカードの使い方

デビットカードを手に持っている写真

デビットカードの使い方は本当に簡単。

デビットカード契約時に口座を一緒に開設し、(持っていれば必要ない)口座の中にお金を入金し、入っているお金の範囲内で買い物、契約ができる。

という使い方です。

 

デビットカードの作り方

デビッドカードを新規で契約する場合は同時に口座開設も行います。

新しく作る口座に入金し、支払いもその口座から行われます。

 

例えばJNB(ジャパンネットバンク) Visaデビットカードを例にすると

JNBデビットカード公式ページにアクセスし、「口座開設」を選択。

すると、「ネットキャッシング(借り入れ機能)を付けますか?」という選択が出るので、キャッシングに抵抗があるなら「普通口座開設」を選択して必要事項(名前や住所など)を書き込み、登録を押して終了です。

かなり簡単ですね。審査もクレジットカードのように厳しくありません。

デビットカードを作る時は本人確認書類(運転免許書)が必要になるのであらかじめ用意しておくとスムーズです。

 

まとめ

今回は、クレジットカードが作れない場合のAmazonでプライム会員、スチューデント会員登録に必要なデビットカードの仕組みや作り方について紹介させていただきました。

 

入金の手間が必要のないクレジットカードの方がもちろん楽です。

しかしクレジットカードを作れない、審査が通らないといった場合はデビットカードが必要になります。

他にも「クレジットカードは作りたくない」という方にもデビットカードが向いています。

 

見た目はクレジットカードのようなものですが、デビットカードは銀行や郵便局のキャッシュカードのようなもの。

キャッシュカードに抵抗がある。という人は少ないですよね。

 

審査も簡単で通りやすいデビットカードは便利ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です